スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イチジクの枝

昨年の11月頃だったでしょうか。
いろいろな品種のイチジクを栽培されてるオジサンが来られました。
「何か珍しい品種はありませんか?」
と言われるので、畑から1本の枝を取り差し上げました。

でも、季節が11月だから どうかなぁ。。。。上手く挿し木できるんかなぁ?
なんて思ってました。

そして先月のこと
またオジサンが来られたので

「昨年末の挿し木は上手くできましたか?」とたずねると。

元気に育ってますよ。とのこと。

「じつは今年の夏、その品種を枯らしてしまったので、冬になったら枝を頂けませんか?」


そして数週間後

わざわざ岡山から、枝ではなく苗木を持って来てくださいました




s-P1030182.jpg


10号鉢で高さは1m程度、徒長もせず葉は病害も無く驚くほど綺麗な苗です。
相当手間隙をかけなきゃ こんなに綺麗な苗は作れないですね。
脱帽です






 
スポンサーサイト
[ 2017/10/09 17:55 ] イチジク | TB(0) | CM(3)

桃仙人

今日は久々に桃仙人と果物談義を。

彼は桃栽培が上手です。

ハウスでは熱帯果樹も栽培してる。

そして我が家のイチジク畑で10年近くイチジク狩をやってます。


桃仙人   イチジクが次々枯れ始めてるなぁ

仙人   すべての木にカミキリが入ったから この冬伐採するから

桃仙人   じゃぁ、伐採前にひと枝頂戴、果皮が緑色でちょっと扁平なイチジクの枝を
       あの品種が一番好きだ

仙人    ええっ? LSU Gold のことか?

桃仙人   果肉はワインレッドの品種

仙人   ええっ・・・?
      そうかブリジャソッドグリースかいな 



PA190002.jpg



たしかにドーフィンと比べれば ちょっと扁平果


毎年 数十品種のイチジクを食べ比べ、選んだ品種がブリジャソッドでしたか

彼にイチジク仙人の称号を与えよう




[ 2017/09/12 23:35 ] イチジク | TB(0) | CM(4)

お盆休みも終わり

今年の西日本は猛暑で

ちょっと疲れてしまいました。

たしかにイチジクには良い天候なのかの知れませんが、人間にはきついです。

畑に出かける体力は残っておらずイチジク畑はジャングル状態です。




s-P1030143.jpg

この品種はコンディット博士により品種改良されたイチジクです。
EXCEL(エクセル)といいます。
果肉は琥珀色でしっかりと目が閉じているため降雨により腐敗しにくいタイプで
作りやすい品種ですね。
激甘タイプではありませんが、滑らかで風味があるイチジクです。
果重もそれなりに大きく60グラム程度でしょうか。





[ 2017/08/23 22:10 ] イチジク | TB(0) | CM(3)

幼果



ぼちぼちとイチジクの幼果が付き始めました。



s-P1030039.jpg


熟すまでに約2ヶ月半要しますから、秋果の収穫は8月下旬頃かな。









[ 2017/06/08 22:24 ] イチジク | TB(0) | CM(8)

あれ?

久しぶりに畑に出かけました。

イチジクの夏果も大きくなってます。

これは、Pingo del melという品種なのですが やけに着果が多い。


s-DSC_0141.jpg


夏秋兼用種だと思うのですが、夏果専用種のキングやコナドリアに負けないくらい着果してます。

もしかして、この品種って夏果専用種か?



[ 2017/05/18 22:09 ] イチジク | TB(0) | CM(6)

質問にお答えします

久しぶりにブログを更新しましたら色々とご質問をいただきましたので

間違っているかもですがお答えします。

まず、長野のオッサンさんからの質問ですが、

「figue de Marseill」と「ホワイトマルセイユ」は違う品種か?



この写真がfigue de Marseillです

s-P1040890.jpg


そしてこれが ホワイトマルセイユ

s-P1030362.jpg


写真でははっきりしないかも知れませんがfigue de Marseillのほうが楕円形で熟すと水分が

多いように思います。

ホワイトマルセイユは樹勢が強く葉の周囲にギザギザがありますから葉を見て

識別できる品種ですね。






ポールさんからの質問

「どの品種が一番美味しいですか?」

これは難しい質問です。
糖度でしたら数値化できますが美味しさは人それぞれの好みがありますからねぇ・・・

それに日本では収穫時期がちょうど秋の長雨時期ですから、長雨が続く年は

美味しくないですよね。

これが同一品種か?ってくらい食味が変わってしまいます。


以前、イチジク300品種を保有するフランスの苗木屋さんに

一番甘い品種は?と質問したことがあります。

答えは

レディー3姉妹、ロンドボルドー、figue de Marseill、Sucrette の6品種でした。



LSU等のハイブリッド品種を沢山保有するルイジアナの苗木屋さんに

一番美味しい品種は?と質問したこともあります。

答えは

LSU Hollier

LSU Gold

Hunt

の3品種だそうです。




フランスにせよルイジアナにせよ収穫期の降雨が少ない地域ですから

日本国内で栽培する場合、やっぱり雨よけ施設が欲しいですよねぇ・・・



[ 2016/02/23 23:16 ] イチジク | TB(0) | CM(12)

来訪者



秋も深まりストロベリーグァバも収穫終盤です。


s-P1030184.jpg


始めて収穫する果実です。

糖度は12%と高くはないのですが酸味があり濃厚な食味の果物でした。

問題は種ですな、種無し品種ができれば食べやすい果物なのですが。



先日のこと、

隣町の農家のオジサンから電話があり

近所の農家さんがイチジクを新たに栽培したいので相談にのってくれ! とのこと。

「とんでもありません プロ農家さんの相談になんてのれません!」と断ったのですが・・


夕方、軽トラが我が家にやって来た

助手席から降りてきた方は首からポシェットをぶら下げた80歳前後のお婆さん。

まさか・・・この方が新たに栽培を・・・と驚いたのですが、黙って話を聞くことに


お婆さん 「これからはドーフィンじゃぁダメだと思い新しい品種を聞きに来ました」

仙人   「どうしてドーフィンじゃぁダメなんでしょうか?JAに出荷されるのでは?」

お婆さん 「いいえ、道の駅等の直売所での販売を計画しています」

仙人   「路地栽培ですか?それとも雨よけハウス栽培ですか?どの程度の本数を?」

お婆さん 「間口5.5m 長さ50のビニールハウスが何棟かあります」

(あはぁっ! お婆さん本気かいな!)


直売所はドーフィンしか並んでいないので、小粒でもいいから一度食べたらリピーターが

付くような品種で果皮は緑色じゃなく栽培の簡単な品種を希望するとのこと。



迷った末に お勧めした品種は・・・

早取りしても味が濃厚で豊産な「ロードス」と熟しても目が閉じていて甘さピカイチの

「シャーアンバー」を推奨しました。

間違ってるかも・・・・   品種選択を間違えた場合、やり直しにきかない年頃だからなぁ~




[ 2014/10/12 20:52 ] イチジク | TB(0) | CM(14)

雨 雨 雨

今年の夏は異常でしょうか、各地で雨による災害が続出しています。

当地も連日の雨模様で農作物に被害が出てるようです。

イチジクは・・・

雨による裂果で・・・ 畑はコガネムシとハチが割れたイチジクに群がりパラダイス状態です。

そんな中でも、目が閉じて雨に強い品種があります。



s-P1030058.jpg


左がセレスト

右がO'Rourke


セレスト

閉じた目をもち非常に甘く耐寒性のある小さなイチジクです。

以前、地中海に浮かぶマルタ島出身の方から聞いたのですが

マルタ島ではイチジクと言えばセレスト(別名マルタ)、それ以外の品種は

見かけたことが無い。と言われてました。

日本でいうドーフィンみたいなもんですね。



O'Rourke

この品種はLSUよりリリースされたセレストのハイブリッド品種です。

確か、セレスト×Capri fig

CHAMPAGNE(シャンパン)と同じ掛け合わせですが、シャンパンのようなサラッと系ではなく

セレストに似たネットリ系で閉じた目を持ち甘い品種です。










[ 2014/08/24 11:27 ] イチジク | TB(0) | CM(12)

降り続いた雨

昨日まで5日間も雨が降り続きました。

昨日の雨は土砂降りで1日の降水量が150mmでした

今日は久しぶりに晴れたので、ちょっと畑に立ち寄ると・・・

案の定、イチジクはグチャグチャで壊滅的な状態、

ショウジョウバエとコガネムシとスズメバチのパラダイスになってました


あまりにも醜い姿でしたので写真は撮りませんでしたが、ほぼ全品種腐敗もしくは

大きく口を開いてました。



昨日、雨に強い品種は?

との質問をいただきましたが これだけ雨が続きますと全てダメですね。

特に腐敗の酷い品種は、バナーネ、ポルトゲス、ブルンスウィック、Doree、ビオレッタ

リサ、ダルマティー、MeryLane、ブランシュダルジャンテイユ、ChinaWhite等々、

数えきれません。

果皮が柔らかい品種は腐敗し、果皮の硬い品種は大きく口を開いてる

って感じですね。


ちなみに大きく口を開き裂果してた品種は、

ドーフィン、カロン、ノアールシュクレ、カリフォルニアブラック、ミステリーナイン等々でした。



腐敗せず裂果もしていない品種は無いのか?と畑を探すと・・・見つけました。

運良く腐敗しなかっただけかも知れませんが

ひとつは、Flanders(フランダース)という品種です。



s-P1010637.jpg


コンデット博士のハイブリッド品種です。

この品種、見た目はバナーネに似ていますが目が硬い品種だそうです。







そしてもうひとつが、O'rourkeという品種です。



s-P1010634.jpg


この品種はセレストのハイブリッドで果実は小さくセレスト同様のネットリ系極甘品種です。

熟期が早く8月中にほとんど収穫が終わりますから秋の長雨の被害にあう確率が低い品種かも

知れませんね。



[ 2013/09/05 16:47 ] イチジク | TB(0) | CM(40)

スズメバチ

降り続いた雨でイチジクが腐敗しコガネや蜂がやって来ます

果実をもぎ取ろうと手を伸ばしたら、果実の裏側にスズメバチが・・・なんてことが

よくあります。


危険なのでスズメバチ捕獲器を設置しました。



s-P1010799.jpg



ネットを参考にペットボトルによるトラップです。


グレープジュースと日本酒のミックスジュースが効果的とのこと。


グレープジュースといえば「ファンタ」

日本酒といえば「大関」ですが、スズメバチに飲ませるにはもったいないので

無名のジュースとお酒にしました




s-P1010805_201308281750005d1.jpg



さて、スズメバチ君はやって来るだろうか。




s-P1010807_20130828175246348.jpg


腐敗した果実を片付け、こんな感じで4箇所にトラップを仕掛けました。








[ 2013/08/28 17:57 ] イチジク | TB(0) | CM(10)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。