春です

染井吉野が開花したようです。

1週間後の4月はじめが見ごろでしょうか。

ミラベルの蕾も膨らみ、染井吉野に遅れること1週間で開花する予定です。


s-P1020568.jpg



問題は受粉樹

年によってはプルーンの開花と揃うのですが

今年もサンプルーンの開花はミラベルより遅れそうです


s-P1020572_2016032610493568d.jpg




これがレーヌクロード

s-P1020565.jpg


こっちのほうが開花時期が揃いそうです

今年は、ミラベル×レーヌクロードで交配し実生苗を作ろうかな?


小粒だけど甘く香りが強いミラベルと果実がひと回り大きく酸味があり

パンチの効いたレーヌクロード。

Reine de Mirabelle が生まれることを願いつつ・・・




スポンサーサイト
[ 2016/03/26 11:00 ] ミラベル | TB(0) | CM(8)

そろそろ開花

ミラベル(品種不明)がそろそろ開花しそうです。

ミラベルは自家結実するのか、それとも花粉が必要なのか?

その場合、どの花粉がベストなのか試してみようと思っています。



s-P10202671.jpg




ユーラシア系スモモには ドメスチカスモモ、インシチチアスモモ、ミロバランスモモ、スピーノサスモモ

があるようです。

ドメスチカスモモ、インシチチアスモモは6倍体のようで、ミラベルはインシチチアスモモの

仲間だそうです。



そこで今回はドメスチカスモモを受粉樹に使おうと思っています。

ドメスチカスモモは5つに分類されるようで、

プルーングループ

レイヌクロードグループ

イエローエッググループ

インペラトリスグループ

ロンバートグループ

があるそうです。


プルーングループからはサンプルーン

レイヌクロードグループからはレイヌクロード(品種不明)

イエローエッググループからはYellow egg

インペラトリスグループからはTragetly

の花粉を使用しようと計画していますが開花時期はどうなんでしょう?



レイヌクロード(品種不明)

s-P10202781.jpg

ミラベルより少し早く開花しました。





イエローエッグ

s-P10202771.jpg



開花が揃いそうな感じですが、まだ2年生ポット苗ですから花が足りません。






サンプルーン

s-P10202751.jpg

ミラベルより少し開花が遅れそうです。





Tragetly は昨年の秋 狂い咲きをし今年の春は花芽無し


よって今年の受粉はレイヌクロードで試してみます。







[ 2015/04/04 12:30 ] ミラベル | TB(0) | CM(10)

フランスの妖精 ミラベル 2014

昨年は1粒しか食味が出来ず悲しい思いを引きずったミラベル

今年は受粉を怠ったせいなのか着果は4粒

7月23日より8月2日までの間、1粒づつ収穫し収穫適期を探ってみました。

1粒目、アタゴの屈折糖度計で計れない

数日の間隔をあけ2粒目3粒目と計ったのですが計れないんです。

25年程度使用していますから、ついに壊れたか

そして先日、最後の4粒目をバイオチェリーと比較してみました。

ミラベルの直径は32mm程度、バイオチェリーは35mm程度でしょうか。

糖度計で計ると、バイオチェリーは19.5度、そしてミラベルはやっぱり計れない・・・

私の糖度計は32度まで計れるのですが  スケールオーバーってことですか・・・





右がバイオチェリー、左がミラベル

s-P1030038_20140804221257501.jpg




s-P1030040.jpg



しかしこのミラベル、確かに甘くて適度な酸味があり非常に爽やかな食味なのですが

30度を越える糖度とは・・・・納得できない



そこでミラベル友の会メンバーに無理なお願いをし、完熟果と完熟前の2粒を

戴いてきました。




s-P1030041.jpg



s-P1030043.jpg


完熟果はやっぱりスケールオーバー、未熟果は硬くてまるで梅を食べてるような食感で

僅かに苦味もあり酸っぱい、 でも糖度は18度もありました




う~ん、やっぱり完熟果は32度を越えるんですか・・・

でもイチジクの30度のように甘くは無いんだけど・・・・



ミラベルを試食し、何故かマンゴスチンを思い出しました。

そう、あの果物の女王です。

マンゴスチンも糖度が高く適度な酸味があり爽やかな食味の果物。

来年はマンゴスチンとの食比べをしてみようか・・・?

ミラベルに、もう少し酸味がありジューシーだったら「果物の女王」の座を狙えたかも

いやっ!

「果物の女王の孫」程度は狙えたかも





[ 2014/08/04 22:54 ] ミラベル | TB(0) | CM(18)

フランスの妖精 ミラベル

今年の春、ミラベルに待望の花が咲きました。

プルーンにそっくりの花で、7粒 着果しました

しかし喜びもつかの間、4粒が春の風で落果してしまいました

残るは3粒、何としてでも死守しなければ・・・と毎日観察していたのですが・・・

7月になり果実が膨らんできた ある日の朝、コガネムシが2粒食べてしまいました



許せん 絶対許せん



何とかして最後の1粒を守らねば、と思いBikooの袋を被せ 待つこと1ヶ月




s-P1010693.jpg


黄色く色づいてきましたわ


でも、問題は収穫時期、1粒しかありませんから収穫時期を間違えるわけにはなりませぬ

そこで1週間前に袋の一部に切り込みを入れ、毎日匂いをチェック

そして数日前からあま~い香りが・・

この香り、表現するのが難しいのですが、桃の香り・・? 

ちょっと違う・・・

あえて表現するなら 若いお姉さんとすれ違った時の香りでしょうか・・・





s-P1010695_2013081500184960f.jpg


果実の大きさはサクランボよりワンサイズ大きく直径35mm程度

果肉は黄色で離核のようです。




s-P1010721.jpg





ミラベルを食べられた方々のブログを拝見しますと。

「旬の期間が短くマルシェで人気の果物ですぐに売り切れてしまう」とか

「生食でもジャムにしても美味しく食べ始めたら止まらない果物」とか

「上品で大人の味・・・なぜ日本では売ってないのだろう・・」だとか 皆さんがミラベルを誉めまくってます。


本当かいな・・・ と疑ってしまうのが仙人の性格です。




フランスの果物事情は知りませんが、日本は果物の宝庫!

日本で栽培されてないってことは美味しくないからでしょ?と想像してしまいます。






では、食べ比べてみましょうか 


まずは日本を代表し、日本スモモ 熊本産の太陽です


糖度控えめで13.5度ですがみずみずしく美味しいプラムです。


s-P1010724_20130816173944506.jpg




続いて、西洋スモモのプルーンです。

ミラベルは西洋スモモの仲間ですからプルーンと比較するのが良いのかも知れません。

果物の産地 長野産の完熟プルーンです。

ここまで熟しますとゼリーのようで本当に美味しいですよね。糖度は17度でした。




s-P1010722.jpg




さて、フランスの果物ミラベルはどうでしょう。

一口食べると・・・

あれっ! 甘いわ!

酸味と香りが僅かに残り どう表現すればいいのか・・・

爽やかなクセのない風味、1粒しか収穫できませんでしたが、確かに食べ始めたら止まらない!

という表現は正しいかも。

プラムやプルーンとは食感も風味も違う果物ですね。


糖度は27度! ええっ? そんなバカな

フランス産スモモに完敗です


[ 2013/08/15 00:24 ] ミラベル | TB(0) | CM(28)

ミラベル開花

2年前に接木をしたミラベルが開花しました。(正確にはミラベルと思われる果樹)

プラムの開花から遅れること3週間、受粉用にプラムは使えませんね。

サンプルーンはミラベルより開花が少しだけ遅れそうですが何とか受粉できれば

と思っています



s-P1050581.jpg




日本すももをプラムと呼び、西洋すももをプルーンと呼ぶ、とどこかの苗木屋さんが

書かれていましたが、正確には


西洋すもも(ユーラシア系)は4つに分類され


ドメスチカスモモ(6倍体)

インシチチアスモモ(6倍体)

ミロバランスモモ(2倍体)

スピーノサスモモ(4倍体)


があるそうです。

ドメスチカスモモはさらに分類され


プルーングループ

レイヌクロードグループ

イエローエッググループ

インペラトリスグループ

ロンバートグループ

があるそうです。



インシチチアスモモも分類され

ダムソンスモモ

ビュレーセススモモ

ミラベルスモモ

サンジュリアンスモモ

の4つに分類されるようです。




西洋スモモ=プルーンではなく、西洋スモモのグループの中にプルーンがある。

と考えたほうが良いようです。






[ 2013/04/09 22:28 ] ミラベル | TB(0) | CM(6)

ミラベルの接木

この春、ミラベルをプラムの実生苗に接木しました。

昨年植えつけた実生苗を掘り上げず 居接ぎをしたのですが

さすがに居接ぎは接木後の成長が素晴らしい。

細身の台木なので心配しましたが発芽後、1ヶ月で40センチも伸びました



s-P1040377.jpg



喜びもつかの間・・・・


突然・・・・


枯れました


s-P1040462.jpg


掘り上げてみると、根がありませんでした。

そして根の周りはトンネルがいっぱい。

野ネズミだとおもわれます。



タイ肥や有機質肥料を与えるとミミズなどが殖え そのミミズを目当てに

モグラがやって来る  

そのトンネルを通って野ネズミが根をカジリにやってくるってことでしょうか


タイ肥や油粕や鶏糞などの有機質肥料を使うべきか?

それとも化成肥料を使うべきか?今でも悩みます


[ 2012/06/24 23:07 ] ミラベル | TB(1) | CM(15)

黄色への執着

近年、ふと思ったのですが、どうも私は黄色い果実に執着してるようです。

思い起こせば、若かりし頃 最初に植えた果物がプラムの月光。

そして、林檎の王林 いずれも黄色い品種の果実でした。

プラムも林檎も収穫まで至らずあえなく撤退

その後、心機一転改めて植えたのは黄桃でした。

サンゴールド、ゴールデンピーチ、西尾ゴールド、河本黄清水、倉方黄桃、ちよまる等々

そして現在、桜桃の月山錦を植え付け早や10余年。

いまだ収穫出来ません





一昨年の2月だったでしょうか。

プラムの秋姫とミラベルという果実の穂木を頂きました。

頂いた時は秋姫という品種も知らず、ミラベルがフランスで人気の果実とも知りませんでした。

穂木が届いた当日、早速接木をしようと庭に出たのですが その日は吹雪で

とても接木日和とはいえない状態でしたので、長さ15cm程度、太さ3~4ミリ程度の

細い穂木を庭の片隅に置いたまま退去。

そして翌日改めて接木をしようと・・・・

あれっ、昨日の強風で枝が転がり どっちが秋姫でどっちがミラベルなのか

わからなくなってしまった


でも運良く、両方とも接木が成功したので果実を収穫すれば特定できるでしょ

と思っていたのですが昨年一方の枝が枯れてしまいました

そして残った枝はこれです。


s-P1040346.jpg




秋姫は太陽のように細長い葉っぱ、でもこの葉はどちらかといえばプルーンに似てるから

生き残ったのはミラベルだと思います。


このミラベルという果実、さくらんぼ程度の大きさで色は黄色なんですよ

懲りずに収穫を目指します









[ 2012/05/01 18:09 ] ミラベル | TB(0) | CM(16)