挿し木

果樹繁殖法(養賢堂発行)には

イチジクの挿し木は休眠中のいつでも行うことができるが、
最も良い結果が得られるのは、暖地では2月下旬から3月中旬と書いてあります。

挿し穂は穂木先端の未熟な部分を除き長さ15cm~20cmぐらいとし
2~4節つける。

挿し木場所は肥沃で排水がよく適当に水湿を保持し砂質壌土がよい。

だとさうーん

まぁ、でもイチジクの場合はそんなに深く考えなくても大丈夫汗汗

時期は少し早いけど、パスティリエを挿し木してみましょ。
たしかに枝の先端部分は早くに発芽するためか枯れる確率が高いので
先端部分は除いたほうがいいのでしょうが、今回のパスティリエは枝が15cmしか
伸びてませんのでうーん仕方ない、先端を使いましょ。

CA370327.jpg



ネコブセンチュウの感染が怖いのでポットでの栽培とします。

赤玉土(小粒)、腐葉土のブレンドは10対1としました。(中途半端)汗汗
普通は7対3でブレンドするのですが、どうも先端部分の挿し木は
発根より発芽が早いためか3枚くらい葉が開いた頃に突然萎れてしまうんです。

私の想像ですが
カリ成分が水分の吸い上げを阻害するんじゃないか?なんて勝手に思い
今回は肥料成分が含まれた腐葉土を控えてみました。
さてさて、無事育ちますように・・・・


CA370328_20090129231734.jpg


スポンサーサイト
[ 2009/01/29 23:23 ] 挿し木 | TB(0) | CM(0)

隔離栽培中のパスティリエ

昨年の春先にネコブセンチュウに感染したパスティリエの
根を全て切り詰め、棒状にし1年間隔離栽培しました。

地上部は1年で15センチ程度しか伸びてないので
堀上げて根を確認してみました。

根は元気に伸びててネコブセンチュウの感染は ほんの僅かにみられる程度。
なんでこれで枝が伸びないんだろう絵文字名を入力してください

挿し木でクローンを残すかなうーん


CA370326.jpg
[ 2009/01/28 20:17 ] イチジク | TB(0) | CM(0)

空想

一般的にスミルナ種はカプリ種の花粉が必要なため日本では栽培が不可能と
以前書きましたよね。
スミルナ種は普通種と違い単為結実しないので雄花を持つカプリ種の花粉が
必要なんだけど日本にはその花粉を運ぶ蜂が居ない。

この先は記憶が定かではないので間違っていたらゴメンだけど・・・
近年、ヨーロッパではスミルナ種の栽培にカプリ種の花粉を使わず
植物ホルモン剤を使用する?とどこかで読んだ記憶がある。

私の想像ですが、雌花しか持たないスミルナ種にホルモン剤を散布することにより
退化した雄花を蘇らせてるんじゃないか?

夏果専用種(サンペドロ種)である、例えばキング、コナドリア、ビオレードーフィン等の
第1期果(夏果)は普通種と同じ単為結実の特性を持ち、第2期果(秋果)は
スミルナ種と同じ受粉が必要な特性を持つ為、落果してしまう。

もしそうだとすれば、スミルナ種と同じ特性を持つため落果してしまう秋果に
ホルモン剤を散布すれば着果しないか汗汗

イチジクの場合、一般的に秋果は夏果より甘いと思います。
素人的に考えれば、秋果ひとつひとつには一枚の葉が付いてるんだから
光合成の恩恵を受ける為かな?

バナーネの夏果は約16度、秋果は約23度、その差7度。
夏果専用種のキング、夏果は18度、秋果なら25度?汗汗
夏果専用種コナドリア、夏果は27度、秋果なら34度?汗汗
至上最高糖度はコナドリアの秋果よ汗汗

あ~ぁ、バカげた空想だな・・・・イチジク病かもうーん










[ 2009/01/22 22:07 ] イチジク | TB(0) | CM(0)

クローン牛

ウグイスが生き返るのを見て思い出しました。

先日、テレビのニュースで

岐阜県特産「飛騨牛」の元祖とされる牛と同じ遺伝子を持つクローン牛を、死後13年間冷凍されていた精巣を使って誕生させることに、研究チームが成功したそうです。

マンモスを蘇らせる夢が可能になるかも・・と言ってましたが、きっと将来は人間でしょうね。

以前、人口生命研究者のトーマスレイが言ってました。

不死を確立する方法はあります。
オーストドックスな方法は自分の子供を残すこと。
もうひとつの方法は、自分が作りだしたアイディアを残すこと。
私は、熱帯雨林の保護活動で木を植えていますから、次世代に遺産を残しています。
自分の肉体を箱の中に入れて冷凍保存するよりも、自然の生態系の中に埋葬されたい
と思っています。
そうすれば生態系に順化していくことが出来るからです。
私の意識は存在を終えるとしても、肉体は大きな生命システムの中に帰っていく。
それが私の考える「不死」というものです。
私の体は生命システムの一部となり、子供達が私の遺伝子を保ち
私のアイディアは文化の中に残っていくのです。


う~ん!
私もこの考えに同感ですわ。

「私の体は生命システムの一部となる」

どこかの自治体がやってましたね。火葬場の灰の中から希少金属を取り出して販売してると・・・

私は携帯電話に生まれ変わりたくないぞ汗汗



[ 2009/01/19 20:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

驚いた!

駐車場から車に乗り込みエンジンをかけようとした時

ゴツンという鈍い音がして空から小鳥が落ちてきた絵文字名を入力してください
な・なんでだえぇ

車から降りて よく見ればウグイスが死んでるおばけ

可哀想なことをしたかなと思い 何処かに埋めてやろうと車の助手席にのせ

車を走らせること数分。

絵文字名を入力してくださいとつぜん生き返り 車の中で飛び回り始めました。

田舎といえども こんな経験は初めてでした。

ウグイス嬢じゃありませんよ、ウグイス汗汗


SH340026.jpg







[ 2009/01/18 22:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

平成10年のカタログ

桝井農場が平成10年に発行されたカタログに、新品種として
ヌアールドカロンが紹介されてます。

「まるでケーキ、糖度30度」 だって。

この記事の中に、
イチジクは、なり口の方と果頂の方では糖度が随分違い
果頂部が一番美味しい。と書いてありました。

なり口? きっとシッポのほうだな汗汗

そうでしたか・・・・知らなかった。

私はいままで果実の中心部を測ってたけど今年からは果頂部を
測るようにしましょ。

SH340024.jpg


[ 2009/01/16 22:58 ] イチジク | TB(0) | CM(7)

積もりました

昨日の未明から降り始めた雪†XmasOrns†ロゴ#09/雪の結晶04-01(*゜▽゜)ノ
30cm積もりましたが水分を含んだ重たい雪で
もう、雪かきが大変うーん

CA370321.jpg


そうそう、 さくらんぼ(香夏錦)の蕾が膨らんできました。
春はまだ先ですがね

CA370322.jpg
[ 2009/01/11 21:53 ] さくらんぼ | TB(0) | CM(0)

イチジクの品種

桝井農場物語を読みますと
桝井農場は大正時代に沢山のイチジクの品種を日本に導入してるですねぇ

私も知ってる品種が沢山ありました。

ブラウンターキー、ロイヤルビンヤード

ビオレドーフィン、セレスト、ホワイトゼノア

サンペドロホワイト、カドタ、セントジョイン

オスポイントグロリフィグ、ホワイトマルセイユ

カップリフィグ、スミルナ、ホワイトアドリアチック

キャルフォルニアブラック、ブラウンズウィック

ブラックイスキア

合計16品種だそうです

その後、昭和から平成にかけて
キング、ビオレソリエス、ヌアールドカロン、バナーネ を導入されてます

私が食べてみたい品種は、サンペドロホワイトだな汗汗

果実の大きな夏果専用種で非常に美味しいとの噂

でも、通販で探しても見つからないうーん

絶滅危惧種かうーんだれか販売先を知りませんか
[ 2009/01/08 22:44 ] イチジク | TB(0) | CM(0)

2007年9月

もう、1年以上前ですが
桝井農場が廃業されたと聞き、山口県からの帰り道
立ち寄ってみました。

事務所は閉ざされていましたが、その周りには色々な品種のイチジクの
苗木が新植されてました。
新しく植えられた苗を見て、桝井氏のイチジクに対する思いを感じました。

いつでも復活は可能です。



新植された桝井ドーフィン
CA370051.jpg

無断で写真をアップしたら怒られるかなぁ?ゴメン汗汗
[ 2009/01/06 22:30 ] イチジク | TB(0) | CM(2)

世界で一番美味しいイチジクは?

昨年の秋、世界で一番甘い品種だと噂のサルタンを
試食し疑問を感じました。
通販のカタログには「糖度30度以上、水あめのような甘さ」
と書いてありますが・・・個人的には納得できませぬうしし

美味しさでは桝井農場のヌアールドカロンのほうが上なのか??

日本に導入されているイチジクの品種は60品種程度だと思うのですが・・・
まだまだ世界には美味しいイチジクが存在するハズbikkuri01

そこで、暇つぶしに美味しいと噂のイチジクを検索してみましたうしし

もちろん、私は試食してませんからウワサですよ。

品種名は Calimyrna だとさ! 本当かいな?と思い調べてみたら

な・なんと、スミルナ種なんだって絵文字名を入力してください

そうです、雌花だけを持ち単為結実しないので雄花を持つカプリ種の受粉が必要なイチジクですうーん

きっと日本には導入されてないだろうし受粉を手助けしてくれる蜂も居ない。

つまり、試食をしようと思えば現地に行くしかありませんなうーん

写真は小さいですが黄色いイチジクのようです


FT808-63_20090105221745.jpg




[ 2009/01/05 22:21 ] イチジク | TB(0) | CM(2)

松山市まで往復640キロ

日帰りで行ってきましたが老体にはキツイなうーん


朝、犬狭峠よりの大山が綺麗でした

P1040002_convert_20090105213854.jpg


昼、穏やかな瀬戸大橋です

P1040004_convert_20090105214139.jpg


夕方、松山道の石槌山サービスアリアです 
早く帰らなきゃ


P1040008_convert_20090105214418.jpg






[ 2009/01/05 21:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

初詣

近所の神社に出かけました。

元日の朝10時頃、家族全員でお参りしたのですが

今年は誰もいない絵文字名を入力してください

まぁ、神様ひとりじめで悪くないかもね汗汗

P1010003.jpg


[ 2009/01/02 23:10 ] 近所の風景 | TB(0) | CM(0)

2009新年

昨夜は冷たい雨が降っていたのですが

今朝、目覚めたら白銀の世界

いや、モノクロームの世界かな

田舎は雪に埋もれ静かな年の始まりです。



P1010001_convert_20090101115635.jpg


P1010005_20090101120256.jpg
[ 2009/01/01 12:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)