スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

閏5月

今日で7月も終わりですが山陰地方はまだ梅雨明け宣言なしです。

今年は旧暦では閏5月があり夏が4ヶ月あるので猛暑となると予想してましたが

完全にハズレうーん下手な予想なんてするもんじゃないわうーん

今日、桃仙人がやってきて、「今年の桃は糖度が低く美味しくない」と言ってました。

そういえば1993年の夏も今年とそっくりで連日雨が降り最高気温は26度前後で

桃が美味しくなかった年でした。

1993年は米も凶作となり全国の作況指数74と驚くべき数値を

記録しアメリカ、中国、タイ等から米が緊急輸入された年でした。

ちなみに、1992年(2008年も)は空梅雨で、1993年(2009年も)は冷夏、

そして1994年の夏は連日35度~36度にもなる猛暑でした。

いやいや、2010年の予想じゃありませんよ、もう予想はいたしません汗汗

まぁでも 93年のような凶作にならないようにと祈りましょ。

日本人のためにじゃなく、米を輸出してくれる国の人々のためにね・・・

地球上の食料は余ってるわけじゃないし、米を輸出してくれた国々は

日本の凶作を想定して米を栽培してたわけじゃないんだから

きっと誰かにシワ寄せがあったはず・・・

なのにあの時は、輸入したタイ米はパサパサして日本人の口に合わないといって

家畜の飼料にしてた記憶が・・・涙

スポンサーサイト
[ 2009/07/31 22:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

夏休み

車を運転しながらNHK恒例の「夏休み科学電話相談」を聞きました。

そう、また昆虫の話題です汗汗

バッタやカマキリは古い時代の昆虫で卵から産まれた時点で成虫と
同じ体形をしてるそうです。
そして蝶などのサナギを作る昆虫は比較的新しい時代の昆虫で
あおむし→さなぎ→蝶へと成長するんですが、なんとさなぎの段階で
体をドロドロに溶かし新しい形に産まれ変わるんだと・・・・絵文字名を入力してください


さなぎの中で足や羽がはえてくるんだと思ってましたが一度溶けて変身するのかぁ・・うーん

やはり自然界は人間にはマネのできない驚異の世界ですね・・

そうだ絵文字名を入力してくださいさなぎのようなマシンを誰か開発してくれないかなぁ

例えばこんな感じです

さなぎマシンのカプセルに入り

種別設定ボタンで人間をオン汗汗

年齢設定ボタンで20歳にセット汗汗

容姿設定ボタンでキムタクにセット汗汗

IQ設定ボタンで160にセットうしし

これで待つこと2週間、体が溶けて新しい人間へ生まれ変ります。

キャッチコピーは「ワンコインで貴方も産まれ変われます」

爆発的なヒット商品になると思うんだが・・・

科学者の皆さん、どうか早めに商品化してくださいな・・私に残された時間は僅かなんだから困
[ 2009/07/29 18:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

col de dame

南フランスのイチジク専門会社、Baud社の社長に教えていただいた

世界一甘いと思われるイチジクは4品種。

RONDE DE BORDEAUX (ロンドボルドー)

Sucrette

FigueDeMarseille

Col de dame

間違いがあるかもしれませんが、今回はCol De Dameについて少し書いてみます。

この品種はスペイン原産の品種で果皮色が黄緑、褐色、黒色と3種類あり

色により、

col de dame blanc(lady white) . col de dame gris(lady grey), col de dame noie(lady black)

と呼ばれています。

果重は60gと4品種の中では一番大きく、果皮は硬く輸送に耐え、果肉は水分が多く

ワインレッド、そして非常に甘いイチジクです。

樹勢はヌアールドカロンやロードスのように強くはないのですが、樹勢を強く維持しますと

カロンのように着果が悪くなるような気がします。

ポットで栽培しますと沢山の果実を付けますからポット栽培向きの品種なのかも知れません。

秋果専用種ですが他の品種より果実の着果が遅いような気がしますから

秋の長い暖かい地方向きの品種なのかも知れません。

じつは昨年の秋、完熟のlady whiteを収穫し糖度を計りました。

私の使用している糖度計はアタゴの屈折型糖度計( Brix 0~32% ) なのですが

なんと、スケールいっぱいの32%と驚きの糖度でした。

私が「世界一甘い品種はサルタン」に疑問を感じたのは この品種を収穫してからなんです。



s-P1000277.jpg

7月12日現在のlady whiteです。


この春に少し挿木をしましたので 激甘Lady Whiteを体感してみたい方が居られましたら

苗木をプレゼントいたします。

10月頃になると思いますので枯らさずに育ちましたら改めてお知らせいたします。


苗木のプレザントは終了いたしました

[ 2009/07/26 23:00 ] 新品種 | TB(0) | CM(9)

とうとうやって来た

子供の頃は捕まえて遊んだ記憶がありますが

よく見ると性格悪そうな顔をしてるわ???

カミキリ虫はイチジクの幹を剥がし卵を産みつけます。

その幼虫が幹の中を食い荒らしイチジクの木を穴だらけにしてしまうんです。

イチジクにとっては天敵ですね。


s-P1000312.jpg


[ 2009/07/24 18:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

皆既日食

朝、目覚めたら昨日の雨模様から一転晴れてますうしし

ところが9時30分頃、ふと外を見るとなんか太陽の光が見えない困

いやな予感がし、空を見上げると・・・・おいおい、いつの間にかどんよりとした雲に覆われてる困

でもまぁ、まだ日食までには時間があるから大丈夫だろうと思っていたのですが

雲はだんだんと厚くなるばかり・・・なんてことだ・・・うーん

かぐや姫は私を見捨てたのか・・・泣き顔


先ほどNHKの皆既日食特集で太平洋上からの皆既日食の映像を映してましたが
いやぁ~船上から見た皆既日食は水平線が360度夕焼けに染まるんですねぇ・・・
突然真っ青な空と海の色がかわり星まで見えるとは・・・宇宙が作り出した
偶然の一瞬ですかね。
よし、今度は皆既日食ツアーに出かけるぞ絵文字名を入力してください
いやっ、出かけたい汗汗


この写真は先ほど東京の先生より送られてきた日食の画像です。
ほんのわずかな時間の出来事で、雲がかかってるため日食グラスを
使用しなくても裸眼で見えたそうです。

DVC00055.jpg

[ 2009/07/22 22:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

畑は未知の世界

ほぼ無農薬放任栽培の畑にはいろんな昆虫達がいて
もう未知の世界絵文字名を入力してください
毛虫だけは見つけたらキンチョールでやっつけるのですが(キンチョールは万能薬)
そろそろイチジクの天敵、かみきり虫が産卵にやってきます絵文字名を入力してください

これはコナドリアをグチャグチャにしてくれたクワガタムシ

s-P1000307.jpg



クワガタは普段見かける昆虫ですから問題ないのですが・・・

この先の画像は心臓によくありませんから、体調に不安のある方は閲覧をお控えください困




こんな巣がイチジクの枝にくっついてました絵文字名を入力してください

土でできた巣のようで時々山で見かける巣なのですが・・イチジクの枝に正体不明な巣を
作られるのは チョット困るうーん
s-P1000303.jpg
真ん中の丸い穴から何かが出てくるんでしょうか・・・・

ちょっと裏側を覗いてみましょうか?
私も中を見るのは初めての経験ですが困


s-P1000304.jpg


なんじゃいな困
この緑色の虫は・・・
一匹だけブルーで形の違う虫も住んでいる・・・困
女王毛虫か・・・困

ご存知な方のコメントを待ちましょ汗汗



[ 2009/07/20 19:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

ビオレッタ夏果

春には30個以上の夏果が付いていたのですが

次々と落果してしまい結局収穫できたビオレッタの夏果は1個のみうーん

今年はスプリンクラーでの散水を控えてるから水分不足か?

それとも樹勢が強すぎるのか?

s-P1000291.jpg


果重は80g、糖度17度でした。
今日収穫したバナーネの糖度も17度だったので食べ比べてみましたが
バナーネのようなザラザラ感はなく果肉は滑らかでジューシーでした。
バナーネは果肉(小花)が大きくて硬いのでザラザラ感を感じるのかもね。


s-P1000294.jpg
[ 2009/07/15 22:59 ] イチジク | TB(0) | CM(0)

ロードス夏果

これはギリシャ産、ロードスの夏果ですがロードスに限らず夏果はどうも変形した
果実が多いようだな。

ギリシャといえば先日 ギリシャの大学で6年間勉学されてた女性の話を聞く機会がありました。

ギリシャには野生のイチジクの木が沢山あり誰でも自由に採って食べることができるとか絵文字名を入力してください

日本のイチジクとは食味が全く違い緑色で非常に美味だそうです。

ええっ?ロードスは褐色だから・・・ギリシャの主力品種じゃなかったのかいな絵文字名を入力してください


s-P1000273.jpg


[ 2009/07/14 23:16 ] イチジク | TB(0) | CM(2)

コナドリアVSポルトゲス

写真左側が夏果専用種コナドリア、右側が夏秋兼用種ポルトゲスの夏果です。

ポルトゲスの果重は約50グラム、糖度は18度と夏果にしては意外と高く秋果と変わらないくらい。

秋果と同じでジューシーな感じの夏果ですが食味ではコナドリアに負けますね。

s-P1000282.jpg


そしてもう一度バナーネの夏果を収穫。
糖度は17度でした。
しかし繊維質の果肉というか どうも私はこの食感は食べられないなうーん
夏秋兼用種の夏果をあえて収穫するために栽培する必要はないような気がします。
すべての夏果じゃなくバナーネの場合の話ですよ。

s-P1000288.jpg

[ 2009/07/12 21:47 ] イチジク | TB(0) | CM(0)

7月12日

南南西の風、気温32度

近所の景色は緑のジュウタンのようになりました。

風に吹かれる緑は心地よい風景なのですが さすがに今日は暑くて・・・

早く秋になれ汗汗


s-P1000279.jpg
[ 2009/07/12 21:30 ] 近所の風景 | TB(0) | CM(0)

皆既日食

7月22日は奄美大島で皆既日食が、そして日本全土で部分日食が観察できるそうです。

そして次回日本で見れる皆既日食は2035年だそうです。

もう死んでるわ困

むか~しむかし、1981年の夏だと思うのですが(記憶が定かではありません)

木陰を通り抜ける時、アスファルトに写った木の葉の影を見て驚いた記憶があります。

なっ絵文字名を入力してくださいなんと葉っぱの影が全部虫食い状態ビックリ クエスチョン 1   
 
葉っぱの影が三日月のように欠けてるんです。

その時は意味も知らず不思議な光景だと思ったのですが、夜のニュースで部分日食だと知りました。

友達に「日食の時は影が欠けるぞ」と話たら・・・・

「そんなバカげたことがあるか!それが本当なら太陽が雲に半分隠れた時も影が欠けるだろ!」

ううっ困  

あれから待つこと28年。さて影は欠けるだろうかうーん

太陽を直接見るには日食用のサングラスが必要なようなので面倒!

皆さんもチャンスがあれば、いやっ、チャンスを作って是非とも木陰で影をご覧下さい。

手軽に日食を体験できると思います。

人間の影は?建物の影は?イチジク(バナーネ)の葉なんて人類では想像もできないほど

意外な形に写るかもね汗汗

[ 2009/07/10 18:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

コナドリア

夏果専用種コナドリアを収穫してみました。

先日のキングとバナーネが想像以上に美味しくなかったので期待はしてなかったのですが・・・

果重55グラム、果皮は硬く完熟状態ではありませんでしたが糖度22度。 

肉質は滑らかで あっさりと美味しいですね。なんと表現したらいいんだろ?

舌触りが良くてイチジクの風味もあり秋果に負けてませんね。

さすがコンディット博士の作り出したハイブリッドイチジク第1号ですね。

たしか母White Adoriatic 父Caprifig だったかな?間違ってるかも汗汗


s-P1000269.jpg


[ 2009/07/09 22:57 ] イチジク | TB(0) | CM(0)

キング VS バナーネ

ポット栽培のキングと畑のバナーネ(夏果)を収穫してみました。

バナーネの夏果は食べてしまってから重さを量らなかったのに気づいたうーん
まぁデカイのに間違いはないうしし

s-P1000246.jpg


さて食味は?
はっきり言ってどちらも美味しくなかったnaki

キングは完熟状態で果肉の中心部は蜜の海だったので期待したのですが糖度15度。
昨年より低いうーん小さなポットで栽培しからだろうか?

バナーネは秋果で感じたザラツキがひどく糖度は15.5度。
大きくて話題性はありますがあえて夏果を収穫するメリットは無いな。

まぁ、もう少し収穫してみましょうか・・・・

s-P1000252.jpg
[ 2009/07/07 23:44 ] イチジク | TB(0) | CM(0)

Doree

暑い一日でしたうーん

この品種は南フランスのイチジク専門会社Baud社がお勧めの28品種の中のひとつDoreeです。

ドレーと発音するのでしょうか。

栽培適地の広い夏秋兼用種だそうです。

葉の切れ込みが深く、幼果もブルンスウィックにそっくりですが

樹勢はブルンスウィックより弱いように思います。

また、樹姿はブルンスウィックのように直立性ではなく思いっきり開張性で

今にも地面に張り付いてしまいそうですうーん

豊産タイプのようですが節間が短く徒長しないので育てやすそうな感じ・・・

上手く収穫できましたら食味報告をいたします。


s-P1000241.jpg
[ 2009/07/06 23:14 ] 新品種 | TB(0) | CM(0)

バナーネの夏果

バナーネも夏果が大きくなってきましたが 着色しないから収穫適期がわからないうーん

s-P1000242.jpg



今日は時間ができたので午後からトラクターで畑へ行き耕運後

コブトリソウの種を蒔きました。

昨年より時期が遅いけど何とかなるでしょう。

繁った葉を眺め思うことが・・・・
品種により、この品種は樹勢が強いとか弱いとか言われてますが
同じ畑で同じ条件下で育てるとイチジクはどの品種も樹勢が強いわうーん
確かにドーフィンやブルンスウィック、シュガー、バナーネ、ドウロウは弱い部類に入るだろうけど
他の品種は皆同じ樹勢に見えてしまう。
いつも見慣れたドーフィンの樹勢を基準に早生日本種やロードスを見ると
たしかに強いんだけど、品種による樹勢の強さより栽培条件による変化のほうがおおきいかも・・・
[ 2009/07/05 23:47 ] イチジク | TB(0) | CM(0)

今年のカロン

昨年は、幼果を見つけたのが8月だった。
今年は1ヶ月以上早いから収穫できるかも・・・

この品種は樹勢を落ち着かせないと着果しないそうなので
今年は間引き剪定程度にしたのですが それでも樹勢が強いのかも知れない。
第1節には着果せず着果してるのは第2節から第4節あたり・・・うーん

昨年は晩秋に1果のみの収穫だったのでヌアールドカロン本来の味じゃないだろうと思い
糖度をチェックしませんでしたが同時に収穫したノアールシュクレより 間違いなく甘かった。

今年に期待しましょ汗汗


s-caronb.jpg
[ 2009/07/03 23:11 ] イチジク | TB(0) | CM(0)

雨あがり

3日間、降り続いた雨がやっと上がりました。

気がつけば10号ポットに植え付けたキングの果実が突然大きくなってるえぇ
こりゃ、ドーフィンより大きくなりそうだ。

桝井農場のカタログには、「キングは夏果専用種のため、収量が少なく営利栽培には向かず
庭先果樹向きです」と書いてありましたが、島根県では30戸の農家がキングを生産されてる
そうです。
一枝に10個程度着果するそうですから この程度の果重があれば営利栽培可能かも知れない。
鮮やかなグリーンで初夏の果物っぽいかも・・・

s-P1000228_20090702235748.jpg



先端まで果実を付けようと欲張り、昨年の秋 剪定をしなかったら
なんか変な仕立てになってしまいましたうーん
ヤシの実ではありません、キングですよ汗汗


s-P1000227_20090702235833.jpg



[ 2009/07/02 22:37 ] イチジクのポット栽培 | TB(0) | CM(4)

近所のドーフィン

これは近所のプロ農家が栽培されてる桝井ドーフィンです。

もう7月ですから果実はこの程度肥大してなきゃならんなぁ・・・

第1節から着果してますなぁ・・・参考になります。

s-P1000225.jpg

[ 2009/07/01 00:13 ] イチジク | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。