スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゴールデンウィーク

連休初日ですが、仙人にゴールデンウィークなどありません

休日にやらなきゃならない事が沢山あるんです。

今日は、畑を耕しワラを敷き詰めたら1日が終わってしまいました

なぜ敷き詰めたかといえば、草取りが嫌いで・・・除草剤をまくのも面倒だし・・・

敷きワラマルチで草を抑えようと思っています。

そしてもうひとつの理由は、先日撒いた堆肥が雨により跳ね返るのを防ぐためです。

葉に堆肥が付着すると病気の元かな?・・・と思ったからです。

でも、この作業も意外と疲れるから今年限りにしようかなぁ・・・

SH340572.jpg


スポンサーサイト
[ 2010/04/30 00:20 ] イチジク | TB(0) | CM(6)

雑草の宝庫

暖かくなり畑は雑草の宝庫です。

名前は知らないけど、この雑草可憐でしょ・・・


s-P1010601.jpg


これはカラスノエンドウだっけ?


s-P1010602.jpg



でも畑で育てているのは雑草ではありません


昨年は夏の長雨で糖度が上がらなかったコナドリア

コナドリアはコンディット博士が始めて作ったハイブリッド品種で甘い夏果が収穫できる

予定なのですが、さて今年も長雨との予想だが・・・どうなるか?

現在のところ順調に育っています。


s-P1010604.jpg
[ 2010/04/28 23:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

ご無沙汰

最近、ご無沙汰気味のイチジク君


昨年、畑のシュクレベールは夏果も秋果も全て落果してしまったので

今年はポットで再チャレンジです

現在の夏果の状態ですが・・・きっと落果します。



s-P1010596.jpg



今日は久々の快晴で

草に埋もれた畑へトラクターで出かけました。

そして、草むらの中で見つけました! 自然の美


s-P1010597.jpg
[ 2010/04/25 17:49 ] イチジクのポット栽培 | TB(0) | CM(8)

せとか

八朔より甘い柑橘がもう一本欲しい!

との家族の要望で「せとか」を購入しました。

ホームセンターでポット苗を購入したのですが、ポットから引き抜いてビックリ

根が少な過ぎる

やっぱりポット苗は購入前にポットから引き抜いて根量をチェックすべきだよ・・・

と悪魔のささやき

家族は皆、隣に植わってる八朔のように簡単に収穫できると思っているようだが・・・

果樹の世界、美味しい果樹ほど栽培が難しいんだから




s-P1010594.jpg


[ 2010/04/24 12:38 ] その他果樹 | TB(0) | CM(4)

幸福錦

幸福錦は中国原産の桜桃だそうですが、他の品種と比較すると花の量が少ない。

クラスターの出来にくい品種なんだろうか・・・

でも、早生種にしては果実も大粒だし暖地でも綺麗に着色するし

個人的な好みですが果皮が柔らかく酸味も少なく糖度も控えめなアッサリタイプ。


でも・・・今年は最悪な事態です

開花期が連日の雨と低温で、ほとんど着果してない感じ・・・

趣味の栽培ですから、あぁ~残念!程度でおわりますが

プロ農家にとっては今年は大変なんだろうなぁ・・・と思いました。


s-P1010592.jpg





[ 2010/04/24 12:01 ] さくらんぼ | TB(0) | CM(4)

献上品

昔、熱帯果樹仙人様に質問したことがあります。

「熱帯果樹の中で一番美味しいと思う果物はなに?」

熱帯果樹仙人「私はホワイトサポテが一番好きです」

ふ~ん、そんなもんかいな・・・なんじゃろぉホワイトサポテって・・・

そんな果物田舎のスーパーには売ってないわ

と思っていましたが・・・今日マナオ様より献上品が届きました



s-P1010586.jpg


ホワイトサポテ、品種名はゴールデングローブです

土は独自ブレンドの無菌用土を使用され、

「雑草付きか?」と思いましたら・・・これは緑肥でございますな。

接木部もスッパッと綺麗にカットされてて 外科医のメス裁きの腕には関心いたしました。



そして、オマケにイチジクの苗木も付いていました。


s-P1010589.jpg


やはり独自ブレンドの無菌用土が使用され、緑肥付きでございます

オイラ君は枝を見れば、なりふり構わずメスを振り回したくなる暴れん坊外科医と想像していましたが

無菌用土の配合、緑肥の使用、完璧な接木、と繊細な名医なのかも知れません

収穫の報告が出来るよう大切に育てたいと思います。

オイラ君ありがとうございました。









[ 2010/04/21 22:30 ] その他果樹 | TB(0) | CM(0)

黄玉2本目

ポット栽培用に黄玉をもう1本購入しました。

早く収穫しどんな果実なのか確認しようと思います。

来年は無理だろうけど再来年あたりに収穫を・・・でもあまり小さなポットだと

水やりが面倒だし・・・25ℓポットに植えるけることにしました

コメントいただきましたように、暖地での着果率は?収穫時期は?果皮は軟らかい

ようですがどの程度?気になることがありますので先発部隊としてポットで収穫し

その後、路地栽培の仕立てを考えようと思います。

桜桃界から忘れ去られた品種ですから それなりの欠点があるのでしょうが

色が欠点をカバーしてくれるでしょう


そういえば昔、台湾のスーパーで白い桜桃を見つけ試食してみた。

糖度は低く感じたのですが、その果実を見た瞬間ヒラメイタ

育種を知らない素人が・・一般的な赤い品種に白い桜桃を掛け合わせれば何色を想像します?

そうです、ピンク色

畑一面がピンク色に染まる景色を想像しオロナミンCの容器に種を入れ持ち帰ったのだが・・・

種が入ってることを知らない家族が捨ててしまいました





s-P1010585.jpg




黄色いさくらんぼ

今日は早速 家の隣の畑に黄色いさくらんぼを植え付けました。

露地栽培ですから最短でも収穫可能になるまで6年の我慢が必要です

奥さん曰く「本当に黄色いさくらんぼなの?花は咲くけど実が成らないんじゃ?」

 素人め!!私流の見分け方を伝授しました。


s-P1010581_20100417211712.jpg



これが、赤い果実を付ける一般的な桜桃の葉です。

葉とジクの付け根部分に赤い直径1ミリ程度の豆粒のよううなものが2つ付着してる

のが見えるでしょうか?

この粒が赤い桜桃は赤い実を付けます 

といいますか、普通の桜桃は全て赤色なんです。



そして次の画像が「黄玉」の葉ですが



s-P1010576.jpg





同じく、葉とジクの付け根部分をご覧下さい。

小さな黄色い豆粒が2つ付いているでしょ。

だからこの桜桃は黄色い果実を付ける予定でございます


s-P1010583.jpg


どんな樹形にするか考えていませんが、植え付け場所は日本一の果実様の意見を参考にし

月山錦の隣にしました。



きっと、月山君はこう考えているんだと思います。

「赤いさくらんぼなら簡単に果実を付けるだろうが、僕は黄色いさくらんぼ、

君のような素人には成らせられないぞ!」


そうです、月山錦の隣に植えたのは、月山君に「桜桃は果実を付けなきゃ淘汰されるぞ!」

と意識させるためです

時々、ノコギリをちらつかせ



[ 2010/04/17 21:10 ] さくらんぼ | TB(0) | CM(10)

背水の陣?

自分にとっては難易度が高い事を実現させる時は他人に公言してしまうこと。

「さくらんぼ、来年には食べられるから!」

恥をかきたくないから真面目に栽培するでしょ

この方法で曲りなりにも桜桃が栽培出来るようになりました。





でも・・・黄色いさくらんぼ「月山錦は実が付かない・・・そこで・・・

「黄色いさくらんぼ、近々食べれるから

と公言し・・・ もう10年

しかし、年々収量は落ち昨年は1本の木に一粒でした

私に考えられる方法は残り2つ。

でもあまり自信は無い  そろそろ撤退を考える時期か?とも思ったりする。




しかし・・・

昨日、近所のホームセンターで

黄色いさくらんぼ「黄玉」という品種を見つけてしまいました


SH340569.jpg


こんな古い品種が今でも販売されているとは知らず・・・衝動買い!

黄玉(キダマ)は確かアメリカで育種された品種で

佐藤錦の産みの親、佐藤栄助氏は大正初期、ナポレオンに黄玉を交配し

10年の歳月をかけ、佐藤錦を産み出しました。

果皮は硬いけど酸味の強いナポレオンを甘くしようと選んだ品種が「黄玉」ですから

きっと黄玉は甘いハズ


SH340568.jpg


確か10年前、黄色いさくらんぼ月山錦を生らすと公言した記憶はない・・

黄色いさくらんぼを生らすからと公言したハズ

今回はしょうがない・・・この言い訳でいこう

[ 2010/04/16 22:58 ] さくらんぼ | TB(0) | CM(18)

過保護栽培のイチジク

3月初旬に植え付け、机の上で育ててるイチジクは展葉が早すぎたので

3月中旬に先端をカットしたのですが・・・

枝は細く、非常に弱々しいのですが なんとか育っています。


s-P1010574.jpg



こちらは、同じく3月初旬に植え付け早期に展葉した状態のまま育てたイチジク。

先日、落葉してしまいました


s-P1010575.jpg


やっぱり過保護は止めて外で育てようか迷う


[ 2010/04/15 22:28 ] 挿し木 | TB(0) | CM(10)

おはつ台

連日の雨と低温で桜桃は最悪の事態ですが・・・

桃の台木から脇芽が出てきました。

桃の台木は種を植えて作ろうと思っていたのですが、

昨年の暮れに桃を植え替えた時、おはつ台の根の多さに驚き 急遽おはつ台を

使うことに計画変更です。

でも、おはつ台は挿し木で増やせるんだろうか?



s-P1010553.jpg



[ 2010/04/14 18:22 ] その他果樹 | TB(0) | CM(4)

プラムその後

2月末、杏子の枝に高接ぎをしたプラム(秋姫)が発芽しました。

高接ぎは成功したことがありませんので少々不安でしたが
今のところ順調です。

この先、気温が高くなりますから まだ安心できませんけどね



s-P1010567.jpg




これは、桃の枝に高接ぎをしたプラムですが、失敗ですね

台木との相性というより私の接ぎ木が下手だったからだと思います。




s-P1010571.jpg






微妙なのは、これ!

品種が違うから展葉が遅いのか?失敗なのか?

展葉が遅いほうが無難なような気もするのですが・・・・

くろきつかさ様のご意見をお聞きしたい気分です。


s-P1010569.jpg

[ 2010/04/12 18:09 ] その他果樹 | TB(0) | CM(6)

気温23度

暖かな一日でした。

大山も雪が溶け始め山肌が見えてきました。


s-P1010554.jpg


風も無く、穏やかな日和なのですが、桜桃の受粉樹は満開なのに香夏錦が咲きません

昨年防除をせず早期落葉したからなぁ・・・


s-P1010557.jpg


この側枝、グングン伸びて現在4m

半径が4mですから直径だと8mのスペースを必要とします。

以前は主幹型風にツリーのような樹形にしてたのですが、

6年くらい前だろうか・・隣の元梨農家のお爺さん曰く

「何で芯を止めない?」

??・・・芯?・・・そうか主幹の先端を切らなきゃグングン上に伸びるって

意味だな・・・と勝手に理解し先端を切断

それから、樹形が一転。側枝がグングン伸びだし近年気づいたのですが

梨の棚仕立てのような感じになってきました

でも、おかげで果実の着色が良くなり作業もやり易くなりました。





[ 2010/04/10 17:18 ] さくらんぼ | TB(0) | CM(8)

開花中

数年前、近所のオジサンが、我が家の殺風景な庭を見かね

「これでも植えろよ」と1本の苗木を下さった。

手入れはしないのに いつの間にかグングン伸びて現在は3メートル。


s-P1010546.jpg


果樹以外には全く興味が無いので観察したことも無かったのですが

今日見たら なんか変な花が咲いてる


s-P1010548.jpg


葉を折ると独特の匂いがする木なのですが名前は知らない



[ 2010/04/09 22:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

台木

10年近く前、桜桃の台木にしようと植えた1本のコルトがグングン伸びて

電線に触れ危険な状態だったので、昨年の暮れに切断しました

今朝、気づいたのですが、株元から沢山の新芽が出てます。

この枝を全て伸ばし接木をしたら・・・・

何品種接げるんだろう・・・50、100品種?

私もやってみようかなぁ~ フランケン接ぎ


s-P1010545.jpg

[ 2010/04/08 23:55 ] さくらんぼ | TB(0) | CM(10)

開花一番は幸福錦

今年の桜桃の開花一番は僅かな差で幸福錦でした。

2番手は高砂ですが、他の品種はまだ冬眠中のよううです

早く目覚めてくれなきゃ受粉できませんぞ!


s-P1010541.jpg

 幸福錦、強く剪定した部分は開花が早いようです。





s-P1010543.jpg

高砂はもう葉が広がっています


やっぱり手抜き栽培じゃぁダメだな・・・


以前、現代農業に桜桃栽培を実践されてる香川県農業普及所の方が書かれてました。

暖地での桜桃栽培は数多くの先人が挑戦してきました。
私もそんな農家の皆さんを300人近く存じ上げています。
しかし死屍累々。

もちろん暖地で桜桃栽培ができないことはありません。
樹体の生育は可能です。
だからこそ、もう一年だけ、あと少し、とギャンブルにのめり込むように
はまってしまう妖しさが桜桃栽培にはあります。

なぜ、暖地では栽培が困難か・・・
気温が高いので様々な障害や病害が発生しやすい。
葉焼けや幹の高温障害、25度以上の高温は光合成量の低下を招き樹勢を低下させる。
開花期の高温は胚珠の成熟を阻害し結実を低下させる。
また花粉発芽率の低下させる。
果実生育期間中の高温は着色不良、花芽分化期の高温は双子果の多発し、しかも
寒冷地と異なる病害の連続・・とだめだめずくしです。


そして締めくくりは・・・
桜桃は植えつけて6~7年は結実しません。
この期間の辛抱が必要です。
一度管理を怠けると、すぐに枯れ始めます。
年数がたっても結実しないこともしばしば。
こんなときは勇気を持って栽培をやめる強さが必要かもしれません。


だって・・・

勇気を持って止める・・・そんなこと、わかってるわ

鈴なりの黄色いさくらんぼを見たら撤退しますから もう暫くお待ち下さい


[ 2010/04/06 23:55 ] さくらんぼ | TB(0) | CM(11)

傾いた桃の木

6年くらい前、娘が植えた種から発芽した実生の桃が開花しました。

きっと白桃の種だと思うのですが・・・

一昨年は小さな果実を2つ付けました。

今年は真面目に袋を掛けどんな果実が出来るのか収穫しようと

思っています

もしかして、新品種が生まれたりして・・・

品種名はもう考えてるんです・・・

仙桃


ぽいかなぁ・・・



s-P1010532.jpg

[ 2010/04/04 22:23 ] その他果樹 | TB(0) | CM(10)

桜開花

土手の桜並木も開花が始まりました。


s-P1010528.jpg



どこにピントがあっているのかわからない写真ですが
5分咲きを表現しようと思ったら、こんな写真になってしまいました



ポットの高砂は開花直前です。



s-P1010535.jpg



そして夕紅錦も花が見えてきましたから、なんとか高砂と受粉できそうです。


s-P1010533.jpg



[ 2010/04/02 22:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。