なんだ、これ

近所のJAに植えられてたサボテンのような葉から この夏イッキに伸びだし8m

竜舌蘭という植物だそうです。

s-P1010832.jpg


s-P1010831.jpg

しかし、イッキにこれだけ伸びるエネルギーを何処に蓄えてるんだろう・・・

育ててみたくなりましたが、説明書きを見てあきらめました


s-P1010829.jpg

私の寿命が足りないわ



スポンサーサイト
[ 2010/07/30 00:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

暑すぎるので

さっき、思いついた

昔、子供達の頭を刈っていたバリカンで散髪をしよう

自分の頭を自分で刈るのは難易度が高いのですが・・・まぁ3面鏡を見ながらやれば大丈夫でしょ

シュワルツネッガー風に短くと思い刈り始めたのですが・・・

仕上がりはどう見ても、裸の大将風

う~ん 剪定より難しいわ


教訓! 三面鏡を見ながらのカットは手をどっちに動かせばいいのかわからなくなり難しい。


たのみこむ

パソコン画像をみながら希望の髪型にチェック。
バリカンと掃除機内臓ヘルメットのUSB端子を接続しOKをクリック!
こんなバリコンが欲しい。


[ 2010/07/27 22:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

三徳山

7thサミットin中国山脈

今日は、手始めに標高900mの三徳山に登りました。

メンバーは私を含め3名のみ

石段を登りつめると

s-P1010812.jpg

また石段

s-P1010813.jpg



三徳山三仏寺(みとくさんさんぶつじ)は天台宗の仏教寺院であり山号を三徳山といいます。

開山は慶雲3年(706年)に役行者(えんのぎょうじゃ)が修験道の行場として開いたとされ

その奥の院が国宝に指定されている投入堂です。

切り立った絶壁の窪みに建てられた投入堂(なげいれどう)は世界遺産に登録中であり

謎の多い建物です。


s-P1010828.jpg


樹齢は何年だっけ?
この時点で、もう息切れがし確認する余裕なし


登山届けを出し出発です。

s-P1010814.jpg

s-P1010817.jpg


木の根をつかんでよじ登った道です。

雨降りだったら滑って危険な山道ですね。

落ちたらきっと怪我をしますわ

木の根をつかみ岩をよじ登ると投入堂までの山道に3つのお堂があるんです。

たしか、これが文殊堂。
岩場の上に建つお堂で周り4方が板張りローカになっているのですが、このローカ僅かに前方向に
傾いています。ローカから落ちたらあの世行きでございます

s-P1010819.jpg


このローカに座り、風に吹かれながらの おにぎりタイム




s-P1010818.jpg



さらに登ると、これがたしか観音堂

s-P1010820.jpg


一見、平凡なお堂に見えますが・・・

断崖絶壁の洞窟の中に建てられています


s-P1010822_20100725212956.jpg




そしてその先が国宝 投入堂です。


s-P1010826.jpg

断崖絶壁に投げ込まれたように建つため、投入堂と言われているそうです。

周りは断崖絶壁で足場を作れるような場所は無く、現在でもその建築法は謎だそうです


さて、次なる山はどこにしようか・・・

Tシャツにスニーカーを履き、バッグにはおにぎり2個とペットボトルのみ。

こんな軽装で登れる山はそんなに多くない


[ 2010/07/25 22:18 ] 7thサミット | TB(0) | CM(2)

飛来者

また今年もカミキリ虫の季節がやってきました。

今年は、サンガットを一部の枝に塗りましたが とても全部の枝に塗るのは無理

カミキリ虫君の上に小さな飛来者が・・・

昨年までは、たまに見かける程度で無視してたのですが、今年は大量にやってきました

畑全体では数百匹じゃないな・・・数千単位かな・・・


s-P1010806.jpg


この小さな飛来者

枝に一列に並びじっとして動かないし葉を食べるようにも見えないし・・・

が・・夕方何をしてるんだろうと観察してると、どうも口を枝にくっつけてる???

10匹程度 枝に群がってるところを見ると、その下のイチジクの葉が

雨も降ってないのに塗れてる???

おいっ

樹液を吸ってるんかい??



s-P1010807.jpg


キンチョールを吹き付けると いっきに跳ねるように飛び去る。

一部の虫は私にぶつかるのですが硬い虫のようだ・・・

なんて虫で何をしてるんだろう・・?っと調べてみましたが

羽の模様は違うのですが「ベッコウハゴロモ」って虫に似てるような気がする。

なんでも、クズの樹液を吸う虫だそうです。

そういえば畑の隣の土手は大量のクズらしき植物で覆われてるわ

大量発生はもう飽き飽きしてるんだからな


[ 2010/07/22 22:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

夏景色

連日の雨模様がウソのような夏景色。

学生達はそろそろ夏休みだなぁ・・・

願わくば私ももう一度だけ夏休みが欲しい


s-P1010805.jpg


[ 2010/07/18 23:40 ] 近所の風景 | TB(0) | CM(8)

梅雨明け

今年の2月にイチジクの苗木をポットに植え付け水遣りをすること5ヶ月以上。

発芽しない苗木を朝夕眺めては水遣りを・・・でも、どこから見ても枯れてる

家族はそんな私の怪しい姿を見ては・・・「水がムダ!枯れてるでしょ」

それでも、芽を出せ芽を出せ!と眺め続けて5ヶ月半 

昨日、7月18日、やっと発芽を確認しました 

枝は完全に枯れているのですが・・・


s-P1010803.jpg


雑草じゃありませんよ、イチジクの葉だと思います



s-P1010804.jpg


イチジク君、発芽したらいきなりの猛暑・・・この日差しに耐えられるだろうか・・・


品種名は LSU Everbearing

ルイジアナ州立大学のエドオルーク博士が産み出したハイブリッド品種です。

果皮色は黄緑色で果肉は琥珀色、7月から秋まで収穫できる甘い四季成りイチジクだそうです。

まだまだ先ですが収穫出来ましたら食味報告いたします。




[ 2010/07/17 22:29 ] 新品種 | TB(0) | CM(14)

民主党惨敗

あまり政治には興味はありませんが、先日からテレビでは政治の話題ばかりで・・・

今回の参議院選挙惨敗は管総理の突然の消費税10%発言が影響したのだと言ってました。

一週間ほど前だろうか、プライムニュースに阪大の教授と野村総研のリチャード・クー氏が

出演してました。この阪大教授は管総理のブレーンだそうです。

私の頭脳では深く理解できてないかもですが、教授はこんな感じのことを話したと理解しました。


例えば、100万円の収入の中から10万円を消費税として徴収する。

そしてそのお金を雇用創出等に使用し失業者を減らせば、職を得た失業者の消費活動により

経済は活性化し、いずれ10万円の増税分は所得として自分の元に返ってくるので

消費税を増税しても家計の負担はゼロである。

雇用がうまれることにより消費が刺激され経済成長し税収が増え、財政は健全化される!!


う~ん 増税をすれば経済が活性化し財政赤字も解消する・・・そして家計の負担はゼロ

なんて心地よい囁きだろう・・




消費税10%による税収は20兆円程度(違ってるかも

たしかに税収分20兆円が国内で循環すればプラスマイナスゼロですよね。

でもでも、現在の製造業の拠点は中国、景気が回復し消費が増えればこの20兆円が

海外に流出しませんか?あるいは外貨預金として・・・

また、企業業績が回復した場合、その増税分の利益を企業は全て給与として国民に還元します?

増税分20兆円が国内で上手く循環すれば可能でしょうが、いつの時代でも富は片寄るものじゃ

ありませんか?

銀行の貸し渋りを知った企業は利益を内部留保として溜め込みませんか?

阪大教授の公式には何か足りないものがあるように思えるのですが・・・

例えば人間心理とか


偉そうなことを書いて何が言いたいのかって??


管総理に言いたいのです・・

ブレーンを雇うお金があるなら、釣竿を買いなさい。

海釣りに出かけ、予言タコ パウルを釣り上げるんです

そうです、ワールドカップを8回連続的中させた予言タコですよ


いかん・・・悪乗りが過ぎたようだ・・・

官房機密費で暗殺されるかも
[ 2010/07/13 23:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

田舎の秘境

今日は、仕事で秘境へ行きました。

国道からわき道に入り車で走ること20分、すれ違う車はゼロ!

途中で出会ったのは蛇が2匹だけ。

これはきっとアカシアの木かな

s-P1010787.jpg


仕事を終え時間があったので峠の山頂まで行ってみました。

車が1台通れる狭く曲がりくねった道を走ること さらに15分

s-P1010790.jpg


道沿いには、アジサイの仲間だろうか、沢山咲いてました。

s-P1010791.jpg


これは何だろう、知らない

s-P1010792.jpg


あたりはだんだん暗くなり道はさらに狭くなり道に迷ったか?と不安になりつつ前進。


ここは、大谷峠!

看板が秘境を物語ってる


s-P1010793.jpg



山頂は一転、広々とひらけ中国山脈が連なってました。


s-P1010794.jpg


私は花には無知ですが、山頂に咲いてた花です。

これは、ツツジっぽいんだけど、地面を這って咲いてる・・・・冬場の積雪が2mにも

なるそうだから背丈が低いのか・・・?


s-P1010796.jpg


この花は何て名前なのか知らないけど沢山咲き乱れてました。

s-P1010797.jpg


s-P1010798.jpg


出会う車も人もゼロ!
少し寂しくはありますが、ストレス解消には良い景色かも・・・
[ 2010/07/09 23:05 ] 近所の風景 | TB(0) | CM(6)

コナドリア

夏果専用種のコナドリアがそろそろ収穫できそうです。

夏果専用種といえばキングが一部地域で営利栽培されていますが、

なぜコナドリアじゃなくキングなのか私には理解できません。

キングより糖度高く豊産だと思うのですが・・・

しかし夏果専用種はやっぱり剪定法で悩みますね。

昨年伸びた枝に着果しますから枝の先端部分が重くなり

果重で枝が曲がり、折れそうです

イチジクの品種改良では、コンディット博士とルイジアナ州立大学エドオルーク博士が有名ですが

コナドリアは、イチジクの品種改良の先駆者、コンディット博士が1957年に VerdoneにCaprifigを

掛け合わせ作りだしたハイブリッド第1号品種です。

収穫直前、果実が肥大を始めますと形が円形に変わるイチジクで目は硬く閉じ

雨による痛みが少ない品種のようです。


s-P1010784.jpg







[ 2010/07/08 22:29 ] イチジク | TB(0) | CM(8)

秋果色々、その2

アメリカ産品種のアーチペルも元気に育ってます。

この品種は樹勢が強い品種なのですが強く育てても沢山の果実を付ける

豊産タイプです。

果肉は黄色で糖度高く滑らかな肉質で個人的にはビオレッタより美味しいと

思うのですが、最大の欠点は変形果が多いことでしょうか。


s-P1010781.jpg


そして少し遅れ気味ですがパステリエの果実です。

この品種は樹勢が弱い品種で特徴はやっぱり毛深いことかな

葉は勿論、幼果まで毛に覆われています。


s-P1010785.jpg
[ 2010/07/07 22:35 ] イチジク | TB(0) | CM(10)

秋果色々

秋果が少しづつ大きくなってきました。

昨年は全て落果してしまったシュクレベール、今年はつやつやで元気です。

s-P1010776.jpg


そしてこれはサンミシェル(正式名称はNoire de barbentane)、昨年は全く着果しませんでしたが

今年は今のところ順調に育っています。

樹勢の強い品種でビオレソリエス同様 樹勢を強く維持すると着果しにくい品種です。


s-P1010777.jpg


そして、これは昨年の秋、強剪定をしたバナーネ。

たとえ着果の良い品種でも強剪定をすると着果が遅くなるようです。

第7節より着果が始まりましたが、まだ小さな幼果です。

この状態から収穫までは、約2ヶ月を要しますので、9月初旬の収穫となりそうです。


s-P1010779.jpg


これは、レディーホワイト。

この品種も樹勢が強く、強剪定をしますと着果が遅れてしまいます。

昨年は10月の収穫でしたが、今年は8月下旬には収穫可能だろうか?


s-P1010778.jpg

そしてメアリーレーン。

この品種も意外と樹勢が強く強剪定をすると着果が遅くなってしまいます。

現在、第8節に幼果が見られますから9月以降の収穫となりそうです。


s-P1010780.jpg


[ 2010/07/06 23:20 ] イチジク | TB(0) | CM(8)

ヒッチコック

今日は、ヒッチコックの映画並みの体験をしました。


じつは1週間くらい前からポットのイチジクを観察してるとくさい臭いがしてたんです。

ペレット状の有機肥料を撒いたから発酵する臭いかな?・・・と思ってました。

黒い防草シートの上にイチジクのポット10鉢、さくらんぼのポットも約10鉢並べてるんですが

イチジクの葉が茂り防草シートはもちろんポットも全体は見えない状態です。

今日、いつものようにイチジクを観察してたら、上の葉に毛虫が一匹

さっそくキンチョールでやっつけたのですが、ふとポットを覗きこむと・・・

ポットの淵沿いに大量のウジ虫が

隣に置いてるプランターを覗きこむと・・・土が見えないくらいウジ虫で真っ白になってる

プランターの中だけでも1000匹はいると思う  

防草シートの上には・・・・がぁ~~ん 真っ白じゃん


なんだ  臭いの正体が近くにいるハズだぞ・・・と思い葉っぱ越しにポットの周囲を見回すと・・

白骨が見える  大型の鳥?サギか・・?

頭の部分が見えれば断定できるのだが、ちょうどポットの陰で見えない。

骨はほんの一部が見える程度で周りはウジ虫の山

ポットを動かすにもポットの周囲はウジ虫だらけで触れない 

こりゃ・・私の得意ジャンルじゃないからお婆さんと奥さんに知らせ対処していただこう・・

と思い 話をしたのですが・・・

「男の仕事でしょ」 男も女の関係ないだろと思いつつ・・・

まずは、ウジ虫をなんとかしなきゃ、死体にたどりつけない・・と思いシートとポットに水をかけ荒い流してみることに。

しかし これが、裏目にでた

水を嫌ったウジ虫がどんどん家の壁を登り始めた。私の長靴にもどんどん登ってくる 

万能殺虫剤、キンチョールで殺すか・・・と思い噴射するのですが効果なし!

そ、そんなバカな・・・

急いで近所のホームセンターに走り昔懐かしい「ウジ虫ゼット」という薬剤を購入し

20倍に薄めて散布・・・刺激臭のするカルピスのような白い液剤なんだけど

薄め過ぎたのか利かない・・・数千匹~一万匹もいるだろうか、どんどん押し寄せてくる

そして薬剤を使いきってしまった・・・ どうしよう・・

しかし・・・少しづつ動きが鈍くなり、そして数分で動かなくなった。


やれやれ・・・

さてこれからが本番だ  正体を確認し処分しなきゃ。

ポットを動かすと・・・正体はネコでした。

表情を詳細に書くのは控えましょ。

もちろん今回は写真のアップも控えます。

ポットのイチジクは今年は食べれないか・・・今夜は寝つきが悪くなりそうだわ













 
[ 2010/07/04 19:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

連日の雨

ここ数日、雨降りが続き 緑の水田の向こうに霞む山

こんな梅雨景色も悪くはないのですが・・・

問題は薬剤防除が出来ないこと

イチジクも桜桃も桃も病害虫発生中です。


s-P1010775.jpg
[ 2010/07/03 22:57 ] 近所の風景 | TB(0) | CM(0)