扇ノ山(おおぎのせん)

7thサミット、第2弾、今回は鳥取県と兵庫県の県境の山、標高1300mの

扇ノ山に出かけました。

前回の三徳山でも老体にはキツイのに今回はさらに標高が400mアップしますから

老体にも優しい登山道を選びました。

扇の山山頂への登山道はたしか3つ。

なだらかな尾根つたいに歩くコース「河合谷登山口」を選びました。

このコースは山頂までの距離3.2キロ、標高差240mでブナ林の中を歩くお散歩コース

だそうです


水とふれあい広場の駐車場に車を止め11時30分に出発です。

s-P1010899.jpg



歩くこと数十メートルで登山口の案内板が

案内板を眺めていると、オジサンが「このコースは初心者コースだよ~」と言いながら
山の中へ消えていきました。


s-P1010898.jpg


でも・・・いきなり、こんな感じ

こんなのを初心者コースと言うんかい と思いつつ登り始めましたが・・・すぐに平坦な山道に


s-P1010897.jpg


案内板には熊の爪跡か


s-P1010876.jpg


道は平坦なブナ林に変わり木陰の中を通り抜けるそよ風が心地よい 
標高1300mということは・・・気温は下界より9度低いはず。

s-P1010890.jpg


道は狭い山道から広い山道へと変わります。

ブナ林から降り注ぐ光 


s-P1010892.jpg



途中、大きな穴のあいた杉の巨木に出会いました。

巨木を眺める、アラブの女王と18号君

s-P1010894.jpg


そしてやっと、13時 山頂の非難小屋に到着。


s-P1010885.jpg



非難小屋でおにぎり&コーヒータイムにしようと思っていましたが先客が沢山居られましたので

展望場所に移動し、おにぎり&コーヒータイムとしました。



展望場所の景色です。

遠くに鳥取市街と日本海が見えます。



s-P1010881.jpg


空は青く、頭上を通り過ぎる雲は低く・・・

仙人界の景色と同じです




スポンサーサイト
[ 2010/08/30 22:52 ] 7thサミット | TB(0) | CM(6)

ラッタルラとアーチペル

どちらも白肉系の品種です。

s-P1010863.jpg


ラッタルラ  果重45g、糖度19度でした。

種が大きくツブツブ感がありそうに見えますが、滑らかな肉質です。


s-P1010900.jpg


こちらは、アーチペル 果重60g、糖度は20度でした。

非常に滑らかな肉質で美味しい品種なのですが、今年はまだ思ったような糖度になりませぬ

このアーチペル、魅力的な品種なのですが、欠点は変形果が多いことでしょうか。


[ 2010/08/29 23:00 ] イチジク | TB(0) | CM(11)

品種の特定

どんな果物でも品種を特定するのは難しいと思いますが、果実の色、形、食味、大きさ等が

ある程度の判断材料になるように思います。

例えば桜桃でしたら、果実の形、大きさ、糖度、果皮色、果肉色、種、果肉の硬さ、熟期、

他にも、病気への耐性、花粉の有無、裂果度合い、開花時期、収穫時期、葉の形、葉の色などなど。

しかも同一条件下で育てて特定しなきゃなりませんからねぇ



「このビオレッタ(イチジク)は本物?」とのメールをいただきましたが・・・

イチジクの場合はやはり果実の果皮色と果肉の色、果実の形と首の長さなどで

ある程度断定できるのではと思います。

もちろん、あわせて葉の形も判断材料として有効だと思います。

ちなみに、これが我が家のビオレッタの葉です。


s-P1010870.jpg



s-P1010872.jpg

2枚の写真、どちらもビオレッタなのですが、微妙に形が違いますよね。

1本の枝でもこんな感じで部位により葉の形が違いますから、葉だけで断定するのは

危険ですけどね。


参考までにカドタの写真もアップしましょ。


CA370285_20100828190246.jpg


ひだぱんちさま、果実が熟した時の果皮色が前回と同じように緑色ならビオレッタじゃ無いと
断定してもよいと思います。
ビオレッタの果皮色は褐色です。




[ 2010/08/28 19:08 ] イチジク | TB(0) | CM(6)

毛虫発生

毛虫が柿の木に発生しているのは知っていたのですが

柿はそんなに食べないし・・・まぁいいか、と思い放置していました。

あれから10日程度たっただろうか。

昨日、ポット栽培の桜桃を見たら葉を食べ始めてる。

そうか、柿の葉を食べつくし、次は桜桃を食べるんだな!

こんな感じで毛虫が次々ポットを登りはじめました。


s-CA3F0007.jpg


仏の顔もここまで!


と思い、いつも使用するスミチオンを散布したのですが・・・ 死なない

こんなとき、以前ならDDVPという劇物を使用してたのですが、

この農薬、即効性で非常に強力なのですが、散布後、頭痛はするし手の皮が剥がれるしで

私には相性の悪い農薬でした。(現在は販売されていないそうです)



JAに出かけ、「DDVPクラスで毛虫に効果のある農薬を下さい」とお願いすると

「ディプテレックス乳剤が毛虫に効果あります」とすすめられました。

劇物農薬ですが、臭いは農薬らしくないし、サラサラとした赤い液体で

水に1000倍で混ぜるとほとんど無色透明で・・・・これで効果あるんかいなと思いつつ散布。



いやぁ~効果ありますね、ポロポロと毛虫が落ちてきました。

頭痛はしないし、農薬も進化してるみたいですね。





[ 2010/08/26 19:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

秋果が熟し始めました

最初に熟したのは今年もBecane(ベカーヌ)という品種です。

この品種、果実は小さくあまり甘くもないのですが、非常に豊産な品種です。

そしてホワイトマルセイユ。

果実はベカーヌにそっくりですが、ベカーヌのほうが少し首が長いようですね。

食味はホワイトマルセイユの勝ち!!

現在の糖度は22度と少し控えめですが、滑らかな肉質です。


写真、右がベカーヌ、左がホワイトマルセイユです。


s-P1010858.jpg



s-P1010859.jpg



バナーネもそろそろ収穫時期です。

現在の糖度は19度

豊産で果実も大きく自家栽培には向いているのでしょうが果皮が柔らかく

商用栽培には向かない品種でしょうね。

s-P1010857.jpg


[ 2010/08/26 00:28 ] イチジク | TB(0) | CM(18)

熊除け鈴

昨年、近所の山に散歩に出かけたら、登山者の皆さんは全員トレッキングシューズを

履きリュックを背負い見るからに登山者って感じ。

そして全員が腰に鈴を付けている。

私 「その鈴は何ですか?」

登山者 「熊除けの鈴だよ」

私 「熊は鈴の音を嫌うんですか?」

登山者 「鈴の音を嫌うんじゃなく、人間がいることを知らせるためだよ。
     突然人間に出くわすと熊は驚いて向かってくるから・・・」

私 「なるほど・・・」


でもなぁ・・・

熊に出くわす確率なんて宝くじに当たる確率より低いんじゃないのかぁ




じつは今週末、山に登る計画をたてているのですが・・・熊が出没する山だそうです。

でもたとえ熊に遭遇したとしても手負いの熊じゃないかぎり人間を襲うことなんて

ありえないって!

山里に住む人達は熊除け鈴なんて付けていないでしょ!

そんな鈴を付けて歩いたら、私は熊が怖いんです、と言って歩いてるようなもんじゃない!

と一緒に行く友達に話たのですが・・・



一週間くらい前だろうか・・・
私達が登ろうとしてる山の近くでお爺さんが熊に襲われ亡くなられたそうだ
なんでもイノシシのワナに足を挟まれた手負いの熊だそうです
  


うっ  

熊除け鈴 購入しました。

3個も・・・



s-P1010854.jpg
[ 2010/08/23 23:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

岐阜の方への連絡事項です

先日、拍手コメントを頂きました岐阜県の方へご連絡いたします。

どの写真なのかわかりませんが写真はご自由にお使い下さい。

また他の写真が必要でしたら この記事の最下部 comment を

クリックいただき「管理者だけにメッセージを送る」にチェックをいれ

メールアドレスを教えて下さいな。





[ 2010/08/23 11:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

残暑厳しく

畑に出かけると暑いのでしばらくご無沙汰してましたが

小鳥だろうか・・・? 熟し始めたイチジクを今年は早々に食べ始めてる。

バナーネとホワイトマルセイユに大きな穴があいてました。

昨年までは緑色のイチジクは食べなかったのに・・・どうも味を覚えてしまったようです


そして・・あれっ

雑草の中に・・・スイカの苗か???

私はスイカなんて植えてないのに・・・誰が植えたんだろう?

そうか、きっとこれも小鳥に仕業なのかも知れない。



s-CA3F0001.jpg


私の想像では

スイカを腹いっぱい食べた鳥がイチジク畑の偵察にやって来て

「なんだよ!まだ熟してないのか・・・ふんッ

と飛び去る瞬間に糞を落とした、その中にスイカの種が入ってたのかも

育ててみますか、収穫は11月か



[ 2010/08/21 22:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

愛媛まで日帰り

西日本の最高峰は愛媛県の石槌山だそうです。

愛媛からの帰り道、どれが石槌山だろう?と探したのですが、四国にそびえる山々は

どれも高くて見分けられない

でも高松道を走っていると いつも目に飛び込んでくる山が・・・

さぬき富士 と言う山だそうです。

富士山に似てるかは別として、非常に目立つ山ですね。

いつか制覇するときが来るのだろうか


s-P1010850.jpg




おまけ!

瀬戸大橋が綺麗でした


s-P1010851.jpg

[ 2010/08/16 23:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

お盆休みは

やっぱり畑へ。

畑へは、午後から出かけたのですが、今日は暑そうだったので

出かける前に体重を測りました

約3時間、込み合った枝の剪定をしたり草取りをしたり・・・

上半身は汗で・・・そしてズボンも汗・・・これが普通なのですが

今日は暑かったのでしょう、靴下まで汗で濡れてました

これはダイエット効果ありだな・・・と思い帰宅後体重計に・・

マイナス1.4キロでした

さて、畑のイチジク君たちは


s-P1010848.jpg


これは、今年期待のアンジェリックです。

まだ試食したことがありませんので、どんな食味なのか楽しみです。


一昨年植え付けたのですが今年は沢山の果実が付いていて、意外と豊産です。




s-P1010846.jpg


s-P1010847.jpg


これは、今年の春先に植えつけた レディーブラックという品種です。

正式名称は Col de dame noir 、樹勢を強く育てると全く着果しないのですが

春先の施肥を控えると、こんな感じで植え付け当年に着果してくれる豊産種です。




[ 2010/08/15 23:52 ] イチジク | TB(0) | CM(0)

猛暑でも

害虫達は元気いっぱい。

20日程度前に塗布した農薬サンガット防衛をカミキリ虫が破りはじめた


s-P1010842.jpg


炎天下、苦労して塗布したのに僅か20日程度しか効果がないとは


そこで、イチジク栽培を辞められた農家の方から10年近く前に頂いた農薬を

試してみることにしました。

賞味期限は1998年10月と記載してありましたが・・・

まぁ農薬に期限は無いでしょ


s-P1010844.jpg


[ 2010/08/08 21:44 ] イチジク | TB(0) | CM(10)

ポットのイチジク、近況

難問、シュクレベールの秋果は黄変し次々と落果中です

なんでだろ?

s-P1010839.jpg


そしてこれは、昨年の秋、品種を特定してくださいと頂いた不明品種。


「45年前、父が取引先からの以来でお菓子用のイチジクの栽培を頼まれ
植えていたのですが今は無い。でもそれと同じイチジクを親戚宅で
見つけたので品種を特定しようと沢山の品種を植え調べたのですが
同じ品種が見付かりません」
とのことです。

果実大きく、糖度25度以上にもなる黒色のイチジクだそうです。

まだ苗木は小さいのですが無理やり着果させてしまいました

s-P1010840.jpg


そしてこれは、レディーホワイト

レディーホワイトは樹勢強く地植えの場合は剪定施肥を

気をつけないと着果が悪くなってしまいますが、ポット栽培で育てますと

非常に豊産となります。

昨年は夏場の長雨で甘くなりませんでしたが、今年は一転猛暑ですから

糖度30度超え、糖度ランキング1位の座が狙えそうです。




s-P1010837.jpg




[ 2010/08/01 12:18 ] イチジクのポット栽培 | TB(0) | CM(11)