大晦日

朝方から降り始めた雪が昼前にはこんなに積もりました。

まだまだ積もりそうな感じの雪ですなぁ。

s-P1020606.jpg



s-P1020607.jpg


s-P1020608.jpg



今年は、梨の開花期(4月13日?)に雪が降り受粉が上手くできなかったため梨農家の方は

大変苦労された一年でした。

さて来年はどんな年になるのでしょうか?


旧暦で占ってみましょう

今年の桃の節句は4月16日、春の訪れが遅い年でしたが

来年(2011年)の桃の節句は4月5日でございます。

来年は春の訪れが早く桃の花の満開日は4月5日(京都が基準)との予言でございます。


まぁ、桃の満開はどうであれ穏やかな一年でありますように・・・


スポンサーサイト
[ 2010/12/31 12:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

熱帯果樹

11月の初旬に屋内に取り込んだミラクルフルーツ、ライチ、ホワイトサポテ君

週末から寒くなるとの予報なので状態をチェック。

屋内に取り込んでからの水やりは奥さんに任せっきりなので久々の対面です。

冷蔵庫の上のVIP席に鎮座するのは、ミラクルフルーツ君。

昨年と比較して、成長は僅かですが葉の枚数が増えたかな。


s-P1020605.jpg



この春、マナオさんから頂いたホワイトサポテ君はグングン大きくなりました。


s-P1020597.jpg



げっ 気がつけば花が咲いてる

これがホワイトサポテの花ですかぁ・・・



s-P1020599.jpg



そしてこの秋頂いたライチ君も葉がつやつやで元気にしています。


s-P1020603.jpg


問題は、これからの季節。

隙間風が吹く我が家で冬を越せれるのか・・・





[ 2010/12/21 21:27 ] その他果樹 | TB(0) | CM(16)

三平山その3

雪の三平山へ行って来ました。


この三平山、自宅から登山口まで1時間、そして山頂までの往復は1時間30分程度であり

気軽に山頂からの景色が満喫できお気に入りのコースです、これで三度目か


とは、言っても もう12月、登山口の気温は5度、寒がりな女王様と18号君はフル装備です


s-P1020564.jpg

山頂の景色は真っ白!

でも雲じゃありませんよ、粉雪がすぐそこまで押し寄せてきてるんです

s-P1020571.jpg


s-P1020572.jpg

歩いてる時は暑いくらいなのですが、山頂はさすがに冬

早々に登頂写真を撮り下山です。

登頂写真を撮り終わり、

女王  「なんで、アラブの女王なのよ名前を変えて!」

仙人  「どんな名前を希望なのよ?」

女王  「天空の乙姫がいいわ

仙人  「はぁ?ちょっと図々しくないか



s-P1020575.jpg


積雪はわずかなのですが枯れ草の上に降り積もった雪は滑りやすく

「こんなのは山とは言わない!丘だ 」と言ってた18号君も下り坂は慎重です

山登りの基本を知らず体力も無く装備も持たない私達ですから そろそろ終わりの季節です。

春まで冬眠します。


[ 2010/12/13 18:04 ] 7thサミット | TB(0) | CM(6)

花御所柿比較

先日頂いた花御所柿を食べ比べてみました。


s-P1020547.jpg
  

右側の包装された柿が花御所柿の本場で栽培されたお嬢様。

左側の柿は、近所のお婆さん宅の庭先で育った野生児君。


s-P1020548.jpg


サイズはさすがにプロが栽培されたお嬢様のほうが僅かに有利です。

どちらも同程度に熟していますが、さて食味はどうなんでしょう?


s-P1020550.jpg


う~ん
何度食べ比べても、私には食味の違いがわからない


糖度は、お嬢様が19度  野生児君が18.2度でした。

誤差のうちですよね。

プロ農家の栽培された果物は、大きさ、色艶、食味等、全て完璧で素人栽培の果物と

比較しますと技術の差は歴然なのですが、今回はドローですね


しかしドローとは・・・ちょっと意外でした。





[ 2010/12/07 23:13 ] その他果樹 | TB(0) | CM(4)

17才

昨日、枯れてしまった桜桃(香夏錦)を伐採しました。

享年17才若すぎる

数年前から葉が小さくなり変化には気づいていたのですが原因がわかりませんでした。

この春は葉の展葉も遅く小さな葉だったのですが、夏頃から枯れはじめました。

この品種(香夏錦)は暖地でも作りやすい品種で、毎年20キロ以上の果実が

収穫できたのですが・・・残念です。


s-P1020537.jpg



s-P1020538.jpg


17年前、なんの知識も無く160本の桜桃を植えつけたのですが、管理が悪く

春先に気づいた時には数十本の苗木が野ネズミに根を食べられ傾いていました。

その数十本の苗木の中から一番状態の悪い(根がほとんど無い)苗を持ち帰り

自宅の裏の畑に植え付けたのがこの香夏錦君です。

毎日のように眺めてましたから、この香夏錦君には沢山のことを教えて頂いたのですが

こんなに若くして亡くなるとは・・・残念です。



でも・・・気分一新!

新しい苗木を植えつけました

迷った末に選んだ品種は平凡ですが「紅秀峰」です。

この品種、収穫期が梅雨期と重なるし、酸味が少ないのが問題なのですが

香夏錦同様、暖地でも収穫できる品種です。

接ぎ木したのは大木になると困るので青葉台です。

本格的に収穫できるようになるまで7年程度かな






[ 2010/12/06 22:06 ] さくらんぼ | TB(0) | CM(6)

2010年糖度ランキング

思い起こせば、今年はイチジクの収穫時期に山遊びばかりしていましたから

真面目に糖度を計ってません

今年は、それぞれの品種の収穫適期に糖度を計れませんでしたから

あまり参考にはなりませんが、まぁそんなにシビアにならなくてもいいじゃないの。

ってことで、2010年糖度ランキングです。


9位 ドーフィン 17度   毎年下位ですが、この品種は糖度では負けますが大きさではトップクラスです。


8位 ラッタルラ 20度今年は不本意な数値になりましたが滑らかな肉質の豊産種です。

8位 アーチペル 20度これも低くなってしまいましたが滑らかな肉質です。

8位 サルタン  20度昨年はたしか25度程度でしたから不本意でしょうね。

7位 ホワイトマルセイユ  22度果実が小さいのが欠点ですが、美味しい品種です。

6位 ドウロウ  22.5度果実は大きいものはドーフィンサイズにもなりますが特徴の無いイチジクですね。

5位 ロードス 23度早採りでしたからもう少し高くなると思いますが、この程度で収穫すると酸味が残り食べやすいですね。

5位 ブリジャソッドグリース  23度これも早採りですが、この品種はどこで収穫しても美味しいと思います。

5位 サンミシェル  23度酸味少なくツブツブ系のイチジクですね。

4位 レディーグレイ 24度果皮が堅い状態、完熟前に収穫してみました。

4位 レディーホワイト 24度これも完熟前の収穫でグレイと同じ数値になってしまいましたが、果肉の滑らかさでは勝ります。
3位 カリフォルニアブラック 25度予想外の品種がランクインしました。

2位 Abicou(アビク) 26度これもちょっと予想外でしたが完熟果の数値です。



そして2010年の第一位は

1位 ミステリーナイン 27度超予想外な結果になってしまいました 

この品種は、品種を特定してくださいと頂いたイチジクであり品種名は不明です。

10号ポットで無理やり着果させましたが熟した果実は3粒、1粒目は私が、2粒目は18号君が

そして3粒目は奥さんが試食しました。

じつは、18号君と奥さん、この果実を食べた瞬間に同じ言葉を発したんです


「なにっ!これっ!」なんですよ


でも・・・小さなポットで栽培したため、果実は20~30gと小さく本来のスペックではないと思います。

同一品種でも果実が小さいと甘くなる!なんかそんな気がしますので来年は他の品種と同一条件(同じ畑)で

育ててみようと思っています。


これはあくまで糖度ランキングであり美味しさランキングではありませんので・・あしからず

美味しさランキングは難しいですよ。

奥さんはバナーネだと言い、娘はロードスが好みであり、いつも畑に収穫に来られる

お兄さんとお姉さんは、ドーフィンとポルトゲスが美味しいと言われます

そして私の好みはブリジャソッドグリース

    


[ 2010/12/05 11:08 ] イチジク | TB(0) | CM(18)

小春日和

昨日の嵐から一転。

今日は穏やかな小春日和です。

こんな日は八朔が似合う

色付き始めた八朔です。


s-P1020536.jpg



s-P1020535.jpg


今年の八朔は春に剪定をしなかったからでしょうか、それとも春先の気温の影響でしょうか

着果数が少なそうです。



[ 2010/12/04 17:36 ] その他果樹 | TB(0) | CM(6)

花御所柿

鳥取県東部 因幡地方の一部で200年以上前から栽培されている珍しい柿です。

糖度が高い柿のようで近年はブランド化され各地に出荷されていますが、

きっと以前は、限られた地域で庭先果樹として栽培されていた柿だったと想像します。

因幡地方に実家のある、近所のお婆さんから毎年この季節になるとこの花御所柿を

いただきます。

なんでも、実家の庭には花御所柿の大木が2本、子供の頃から植わってるそうです。

ところが・・・今年は春先の気候が不安定だったためか?ほとんど収穫できなかったそうです。

そうか・・・今年は食べられないのか・・・ と思っていましたが・・・

頂きました!花御所柿 

でも、1果づつ包装されて・・・これって市販品じゃぁ?・・・

お婆さんの話では、実家の柿が不作だったため、近所の直売所で購入し送って下さったそうです。

いいんかなぁ、私が頂いても・・・と思いつつ・・・頂いてしまいました



s-P1020533.jpg


しかし、こんな感じで1果づつ包装されていると高級感が漂いますなぁ



と、こんな話を隣町のお婆さんに話したら・・・

お婆さん 「我が家の庭にも花御所柿は昔から植わってるわいな!」

仙人   「えぇっ?それって本物?」

お婆さん 「家を建て替える時、この柿の木だけは切り倒さず残しなさい。とお爺さんが言ったから」
      「食べてみるかい?」

仙人   「頂きます


そんなわけで少々強引でしたが、またまた花御所ゲット!


s-P1020534.jpg


花御所の本場の生産農家さんが作った柿と地元の庭先果樹との比較が楽しみです。









[ 2010/12/02 18:16 ] その他果樹 | TB(0) | CM(6)