長靴

先日の日曜日は、久々に暖かな1日だったのでちょっと畑に出かけ残った堆肥の片付けを。

おかげで農作業用長靴は汚れてしまいました。


s-P1040084.jpg


そして今朝は積雪が30cmもあったので先日の汚れたままの長靴で仕事へ

はぁ?  

農作業用と仕事用の長靴は使い分けろって?

大丈夫ですよ、雪の中を歩けば綺麗な長靴になるんですよ


s-P1040087.jpg




5年前の話

近所の親戚のお爺さんが亡くなられ葬儀に出かけました。

そして葬儀も終わり法事の席での話


和尚さんがじっと仏壇の家紋を見つめ・・・

源氏の家紋ですねぇ・・・

この地域、日本海岸には鎌倉時代中期の元寇の襲来にそなえ武士が配備されたのですが

その末裔達が住み着いたんだと言われています。

ですからこの地域では源氏の家紋をよく見かけるんですよ。

(はぁ~、そんなもんかいな、由緒ある家柄なんだなぁ~)


なんでも、この和尚さんは若い頃から家紋の研究をされてるそうだ。





それから半年後

我が家の法事の席での話


仙人  和尚さんは家紋に詳しいと聞きましたが我が家の家紋はどっちですか(源氏or平家)


しばらくの間、じっと我が家の家紋をみつめ・・・・


和尚さん  豊臣秀吉の・・・・・

と言って黙り込んだ。

おいおい、関白系かいな 我が家の子供達も真剣な眼差しで和尚さんの次なる言葉を待っている。


和尚さん  豊臣秀吉の・・・・豊臣秀吉の時代の足軽ですな!

 


一同、大笑い、余計なこと聞くんじゃぁなかった

この時代の足軽は、平時は百姓をし戦さになると侍として戦ってたそうです。

今なら兼業農家って感じですかね


そうかぁ~、だから私は畑用の長靴(百姓)をはき平気で仕事(戦さ)に行ける性格なんですね。

と、ふと思いました。

足軽の遺伝子は500年間受け継がれているんです











スポンサーサイト
[ 2012/01/25 00:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

積もりました

今年は、年明け以降 雨ばかりで雪が降らず暖冬かな?

まさかこのまま春が来るのかな?と思っていましたが・・・・

昨夜から雪が降り始め、積もりました。



s-P1040089.jpg



水分を含んだ重い雪ですね。



s-P1040085.jpg







今回も綺麗なソフトクリームとはなりませんでした。



s-P1040088.jpg
[ 2012/01/24 17:31 ] 近所の風景 | TB(0) | CM(6)

水遣り

イチジクは挿し木で簡単に増殖できる果樹なのですが、畑で挿し木をしますと

ネコブセンチュウ感染のリスクがあるためポットで栽培しています。

しかしポットの場合、夏場水遣りに追われ枯らしてしまう苗もあります。

葉の面積が広いですから水分の蒸散も早いのかも知れません。


以前は水道ホースで散水していたのですが、葉が繁る夏場になると葉が邪魔になり

思うようにポットに水遣りが出来ない。

そこで最初に考えた方法がこれ


s-P1040080.jpg


スミサンスイによる散水でした。

しかしこの方法でもポット内に思うように水が届かず撤退



そして次ぎに考えたのが、マイクロスプリンクラーによる散水でした。



s-P1040081.jpg


しかし、この方法も思うようにポット内に散水できず撤退


そしてそして、一昨年からはじめたのがプールトレイによる底面給水。


s-P1040079.jpg



s-P1040078.jpg

プールトレイの隅には直径8ミリ程度の穴があり、その穴に専用キャップを被せることにより

サイフォンの原理で自動的に排水される仕組みです。



このプールトレイによる底面給水は手軽に水遣りができ、散水チューブと潅水タイマーを

組み合わせれば留守中でも自動で水遣りができ、また葉に直接水がかかりませんので

病気の軽減にもつながると思います。

今までの水遣りと違い全ポットが均等に給水しますから真夏水不足で枯らしてしまう

ことが無くなりました。



ただ、私の場合は散水チューブの取り回しが面倒なので現在は手動でプールトレイ1枚1枚に

水道ホースにより注水しています。

この場合、1枚のプールトレイには5鉢しか入りませんので一度に給水できる数は5鉢まで

自動給水を試みるか?他の方法を試みるか?迷った末に・・・・

今年は、一部この方法を試してみることにしました。




s-P1040077.jpg



工場や大型の建物で使用される大型の雨といです。

底面の幅は12cmで5号スリット鉢にピッタリ

といの深さは9センチで底面給水には十分な深さ。

といの長さは1本4mありますから一度に20鉢程度給水でき、雨といを連結すれば40本、60本と

一度に底面給水が可能かも 



名付けて、雨とい式底面給水システム


今回は実験用に10本購入しましたが、失敗すれば こんな大きな雨といなんて他に利用法が

ありませんから大損ですわ


その時は、そうめん流し用に使いますかね



[ 2012/01/17 17:16 ] イチジクのポット栽培 | TB(0) | CM(20)

苺大福

饅頭系は苦手な食べ物なのですが、姪っ子が世界で一番美味しい食べ物だと

言うので一個食べてみました。

もちろん初体験です


s-P1040069.jpg





一応、果物系ですから期待したのですが・・・・


s-P1040070.jpg


正直な話、こりゃ邪道ですな、苺に失礼です



[ 2012/01/15 22:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

もったいない精神

先日の新聞に「地球の危機を救うのは日本人の「もったいない精神」である。

なんて記事が載ってました。

地球温暖化そして食料問題、確かにもったいない精神で持続可能な循環型社会の

構築を急がなきゃなりませんな。



「もったいない」といえば 昔々中学3年の時の話


昼休憩にクラスの仲間8人と、近所のスーパーへおやつを買いに出かけたことがありました。

私は、焼きとうもろこしを、K君は直径3cmもあるアメ玉をと、それぞれが好みの

おやつを買い、ブラブラと歩きながら学校へ帰るときのこと。

ふとっ、3階の私達のクラスを見上げると、美人で秀才の間違ったことが大嫌いな

クラスメイトが私達を見て笑ってる。

なんだ

いやな予感

周りを見廻すと・・・・担任の先生が自転車で必死な形相をしてやってくる

なんだよ!ちくったのか


でもまぁ、こんなことはいつもの事であり逃げきる自信はあるのです

8人中7人が四方に飛び散ります。

そして一番足の速い残り1人は先生をひき付けるためワンテンポ遅れて逃げ出すんです。

今、考えると四方に散らばることで先生は捕まえる目標を失い、ワンテンポ遅れて逃げる

最後の一人を標的にしてしまう、でも足が速いんですよ

この方法は、巧みに計画を立てたのではなく、遊びの中で覚えた条件反射みたいなもんですね。




と、ところが 俊足№2のK君が捕まった 

そして私達8人は放課後職員室へ行くこととなりました



どうして捕まったんだよ?と問い詰めると・・・

K君 「住宅の庭に逃げ込んだら犬が放し飼いされてて追われて逃げたら先生が目の前にいた」

どうして買い食いしてたのがバレたんだよ?

K君 「だってホッペがアメ玉で膨らんでたんだもん」

はぁ~ なんで吐き出さないんだ?

K君 「だって、もったいない




もったいない精神は地球には優しいでしょうが、友達には優しくありませんでした。って話。




[ 2012/01/14 16:55 ] 昔話 | TB(0) | CM(6)

新年

おめでとうございます

今年が穏やかな1年でありますよう祈ります


2013年は穏やかな元日となりました。

子供達も帰省しましたので、妹達親子と一緒に恒例となった初詣へ出かけました。

出かけた神社は私が子供の頃からお気に入りの「名和神社」です。

1333年、隠岐の島に流されていた後醍醐天皇を救出した名和長年とその仲間42名が

祭られた別格官幣社です。

後醍醐天皇はこの年、鎌倉幕府を倒し天皇親政を復活させ、長年はこの新政権で重用された

そうです。


s-P1040059.jpg


まぁ、歴史はどうであれ なぜかこの神社は趣きがあり好きなんです。



s-P1040060.jpg





s-P1040061.jpg



帰りに皆が おみくじを引いたのですが、今年高校受験の姪っ子は大吉が出たと大喜び

していました。


私は?

おみくじなんて引きませんよ

引かなくても結果はわかってますから・・・


[ 2012/01/01 22:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(19)