諺その9

地元出身の前参議院議員が「田村耕太郎の政財界ぶっちゃけグローバル・トーク 」の中で

こんなことを書いてます。



日本有数のイチゴ生産者、ストロベリーフィールズの遠藤社長と会食した。「田村さん、農業って特殊な産業に思われているかもしれないけど、単に製造業なんだよ。農業の大敵はなんだと思う。農業の敵はエネルギーなんだよ」と切り出された。

農業は大量の重油や電力を消費する製造業なのだ。今の資源価格の上昇はかなり日本の農業者を苦しめている。「また、これから電気代が挙がっていったら致命的だよ」という。

日本の競争力ある農業者の間では「これだけ人件費とエネルギーコスト高い所で勝負すべきか?」との思いが芽生えているという。遠藤社長は「当たり前だよね。だってわれわれは製造業なんだから。トヨタやソニーがやっていることをわれわれもやるのは当然だよ」と語る。

円高の今こそ海外へ日本の農業者が世界へ出るべきだと思う。日本の農業者の技術力は高いし、生産ノウハウは貴重だ。これが海外の土地代と人件費と気候とスケールで活用できたら怖いものなしだと思う。遠藤社長はすでに中国で生産基盤を整えており、アメリカやアジアも生産拠点として想定されている。


<面倒なので中略>


日本は農水省が日本の農業を弱くしている。農水省の予算として補助金獲得をするためには、農家を弱いままにしておく農業政策が必要。イギリスでは10年以上前に農水省は経産省の下に統合された。農商工連携とか6次産業化とか、農水と経産の縄張り争いはどうでもいいから、経営的農業を進めるべきだ。

世界で最も企業的な農業をやっているのがオランダ。彼らはあらゆる先端技術を導入し、予見可能で持続可能な農業のみをやる。オランダの農業者は作物ができ過ぎた年は農業をやめる。儲からないからだ。そしてその代りに世界中に出かけていき、農業コンサルタントとして食べていく。また、オランダの農家はオランダの土地と農業施設と技術をセットにして海外の投資家に売っている。そして、そのお金でロシアに乗り込み、ロシアで効率的農業を普及させ儲けている。オランダは農業で世界を制し始めている。

こオランダよりもっと優れた農業技術を持つ日本。まだ円が相対的に高い今こそ世界に出ていき、メイド・バイ・ジャパンで勝負してほしい。そして強くなって日本に帰ってきて日本の農業を変えて欲しい。




先生!

一部の成功事例のみで農業を語らないで欲しい!

たしかにアメリカのような規模で農業経営を行えばスケールメルットはあるでしょ。

でも日本産の品質はほとんどの農産物で維持できませんぞ。

さくらんぼを木をゆすって収穫しますか?

コスト競争で大豆は遺伝子組み換え大豆を作るんですか?

その土地に適しさらに日本人好みの品種を探し出すのにどの程度の時間と資金が必要か?



老子56章

知者不言 言者不知

知る者は言わず 言う者は知らず



ちょっと書きすぎた、暗殺されるかも




スポンサーサイト
[ 2012/03/30 23:50 ] ことわざ | TB(0) | CM(6)

春がきた

日中の気温16度、春らしい陽気で桜の蕾も膨らんできました。

でも、私は風邪で真冬の寒さ




5年前に植えつけた染井吉野です
s-P1040207.jpg






さくらんぼの高砂ももうすぐ開花しそう

s-P1040210.jpg




そして一足先に開花したのはキンキマメザクラ?です。(だと思う)

この桜は、10年ほど前、山に自生してたものを持ち帰ったんです。

一般的な桜と違い花は小さく、花の数も少なく地味ですが私のお気に入りです。



s-P1040209.jpg
[ 2012/03/29 22:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

裸苗

2月の初旬、近所の花屋さんに立ち寄ると、2mもあるような元気な

プラム苗が処分価格800円で販売されていました。

衝動買いですが、太陽とサンプルーンを1本づつ購入しました。

そして太陽は当日ポットに植え付け、サンプルーンは畑の隅に借り植えしました。


このサンプルーンを2月20日に堀り上げ、根を水洗いし、硬く絞った濡れ新聞紙で

根の部分を覆いその上からビニール袋を被せ保存することにしました。

ビニール袋はあえて硬く絞らず水分が蒸発する状態とし冷暗所(倉庫の片隅)に

放置しました。




s-P1040200.jpg


こんな感じで34日経過していますが、ビニール袋の内側には水滴がついていました。



s-P1040201.jpg


袋から取り出してみますと、新聞紙は完全に乾いている部分もあれば湿った部分も

あるって感じで、苗の細根は完全に乾き、太い部分は僅かに湿り気があるって感じでした。

また、根の所々には、カビのようなものが付着していました。



枝を切ってみますと、こんな感じで緑色がみえます。


s-P1040203.jpg


みずみずしい切り口とはいえませんが、完全に枯れてるようでもありません。

晩秋に堀上られ、2月20日まで借り植えされた状態で、さらに34日間ビニール袋の

中で眠ってた苗木は無事発芽するでしょうか


s-P1040205.jpg




皆さんは問題なく成長すると思われますか? 

それとも枯れてしまうと思われますか?







[ 2012/03/25 18:36 ] すもも | TB(0) | CM(10)

タイヤ組み換え

昨年の夏、廃車のJOGを頂き時々使用していたのですが久々の乗ろうと思ったら

タイヤのバルブが劣化しパンク状態でした。

バックミラーは割れ、マフラーは凹み、プーリーか何かが磨り減っているのでしょうか

時々加速の悪いときがあるポンコツですが、あれば便利な乗り物なので修理を

することにしました。



s-P1040194.jpg


まずはマフラーを外します。


s-P1040197.jpg


そしてナットを1本外すとタイヤが外れます。


s-P1040196.jpg


ホイルからチューブレスタイヤを外し、バルブを交換するのですが力と技が必要な

作業ですので、タイヤ組み換えの達人にお任せしましょ

彼はタイヤ屋さんでアルバイトをしていましたからタイヤの組み換えは得意ジャンル

なのですが、専用工具がありませんから手間取ってました。



s-P1040195.jpg


とりあえず1時間を要しましたが後輪のバルブ交換終了。

前輪も交換すべきなのですが、素人には分解方法が解らないので保留としました。


5月になれば畑までツーリングです





[ 2012/03/24 18:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

春の彼岸

春分の日はさくらんぼの接木をする日、と勝手に決めているので

今年も1本だけ接木をしました。

じつは、畑に植えてた「おりひめの季節」が枯れてしまい、ポットに植えてる

おりひめの季節も元気がなさそう。

おりひめの季節は美味しい品種ですから、なんとか絶滅を回避しようと接いだ次第です。

でも、これは花芽だと思います



s-P1040191.jpg



そしてもう1本はプラムの接ぎ挿しです。




s-P1040190.jpg


s-P1040189.jpg


どんな果樹でも接ぎ挿しを成功させるには接木以上の条件が必要なのでしょうから

きっと失敗するでしょうが、試しに1本


[ 2012/03/22 17:14 ] 接木 | TB(0) | CM(10)

動噴デビュー

今日は朝から晴れたので、先日購入した動噴を使用し桃に

石灰硫黄合剤を散布しました。


混合ガゾリンを入れ事前にエンジンがかかる事を確認し

タンクに合剤を20リットル入れいざ畑へ!

エンジンをスタートし背中に背負い、桃の木まで歩いていき

ホースのバルブをON

すると、いきなり、ノズルから石灰硫黄合剤が逆噴射

上半身に農薬を散布してしまいました

目が痛いので急遽自宅に帰り顔を洗い流し、合剤を抜き取り改めて動作をチェック。

あらかじめ試運転をし動作確認をすればこんな事にはならないのですが・・・


s-P1040185.jpg

ノズルの先端部分を外してみるのですが何故逆噴射するのか分からないので

スズラン型ノズルに交換しもう一度畑へ。



s-P1040188.jpg


使用して思うことは

手動式噴霧器とは全く別物、パワーがあります。

ただ、エンジンの回転にバラツキがあるからでしょうか、振動がけっこうありますね。

本体とホースをプライヤーを使い硬く締め付けたはずだったのですが

途中で取り付け部が緩み、今度は下半身が農薬で黄色に染まってしまいました


う~ん ジャジャ馬タイプの噴霧器ですね。





[ 2012/03/20 18:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

梅の花

品種名を忘れてしまいましたが 昔植えつけた小梅です。

今年の梅は開花時期が遅い!

こんなに遅い開花は初めてのような気がするのですがどうなんでしょ?


s-P1040179.jpg


気温が低いからなんでしょうか・・・今年は桜の開花もきっと遅いですね。

一昨年ポットに植えつけた桜桃「黄玉」に一部花芽ができました。

今年は1粒でも収穫したいけど・・・・


s-P1040184.jpg




[ 2012/03/17 22:53 ] その他果樹 | TB(0) | CM(12)

噴霧器

長らく使用した手動式噴霧器、除草剤散布用の噴霧器なのですが

ちょっとした殺虫剤散布にも動噴を使うには面倒なので、この噴霧器を使用してました。

しかし昨年より液漏れが酷くなり、農薬でお尻が濡れてしまうんです



s-P1040159.jpg


除草剤散布にはこの程度で問題ないのですが、農薬散布に使用するには圧力が足らず

綺麗に霧状に散布できない。


そこで色々調べてましたら、国産メーカーの手動式噴霧器と中国メーカーの動力噴霧器の

値段はほぼ同じ

いっそ、動力噴霧器を購入するか? でも信頼性は国産だしなぁ・・・

と迷った末に購入してしまいました。



s-P1040160.jpg


中国製の背負い式動力噴霧器です 

故障時に困りそうですが、まぁ何とかなるでしょ。



s-P1040161.jpg


エンジンは見慣れた草刈機用のエンジンですな。


s-P1040162.jpg


説明書らしきものは添付されてないのですが、この赤いダイヤルが圧力調整だと思います。


s-P1040164.jpg


これが圧力ホースの接続口ですが、以前使用してた手動式噴霧器とサイズが違う

まぁ、ホームセンターに変換アダプターのようなものが売ってるでしょ。




問題は重さです。

本体重量は約9キロですが、これに薬剤が25リットル入りますから満タン時の重量は

34キロになります







[ 2012/03/15 18:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(21)

今年の挿し木は

先日の日曜日にイチジクの挿し木をしました。

毎年2月の下旬から3月上旬に挿し木をするのですが、今年は雪がちらついてましたから

やっぱり例年と比較すると春の訪れが遅いのかも知れません。


例年、夏場の水遣りで苦労するので、今年は「雨とい式底面給水」を試してみます


s-P1040146.jpg



雨といの底面は12センチで5号ポットにピッタリです。

1本4mの雨といに18本のポットを並べることにしました。


s-P1040153_20120301235655.jpg


といの側面に10ミリの穴を開け、ビニールチューブにより排水をしようと思っていますが

ちょっと様子をみながら排水方法を検討しようと思います。


s-P1040139.jpg




残りのポットは例年どうりトレイで育てようと思います。


s-P1040149.jpg


夏になったら、このポットトレイの下に底面給水トレイを敷き詰め水の管理をします。

さて、どっちの方法が便利だろうか・・・?


[ 2012/03/02 00:13 ] 挿し木 | TB(0) | CM(17)

ホイットニーヒューストン

追悼の意を込めて、ボディーガードの主題歌です。







ケビンコスナーと共演の映画ボディーガードのラストシーンは教会です。

これが意外とかっこいい


お気に入りのラストシーンです
  ↓

http://www.youtube.com/watch?v=oyQdCJwJZck&feature=related




[ 2012/03/01 22:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)