スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

糖度計

私が使ってる糖度計はふる~いタイプのATAGO手持屈折計です。

もう20年くらい前に購入したのですが現在もこの糖度計に頼ってます。

測定可能なBrixは0~32% それ以上は測定不可能です。



s-P1040919.jpg





朝夕の気温が低くなりましたから、イチジクもそろそろシーズンオフかな・・と

思いつつ少し収穫してみました。


Florentine Doree ロードス シュガー Alma LSU Ever 等々



Florentine 29度

Doree 20度

ロードス 22度でした

いつのもようにカットした写真をアップしようと思っていたのですが

写し忘れてました 最近こんなボンミスが多くなり やっぱり年頃なんだなぁ~

とつくづく思います





こちらは残りの3品種


s-P1040916.jpg



左から シュガー 、Alma 、LSU Everbearing です。


シュガー 24度

Alma 26度

そしてイチジクおじさんお勧めの LSU Everbearing は・・・

なんとスケールオーバー、フルスケールの32%を越えてしまい読めないんです


我が家の場合ですがポット栽培と路地栽培では総じてポット栽培のほうが糖度が

高くなります。

路地栽培でこれだけ糖度が上がったのはこの品種が始めてですね。

理由はやっぱり目が閉じているので完熟状態になるまで待てるってことでしょうかね。


激甘でお菓子のようですがロードスやレディーシリーズとは違い

白肉系イチジク独特の風味は残っていました。


白肉系の風味があり、豊産で、糖度高く、目が閉じている、欠点は果実が

小さい(大きくてもピンポン玉サイズ)でしょうか。


スケールオーバーを祝し、この LSU Everbearing を3本のみ(ケチ)プレゼント

いたしますのでご希望の方はお知らせ下さい。

先着3名のみとします。


ただ・・・発送は落葉後になりますので まだ穴は掘らないで下さい。





プレゼント企画締め切りました




スポンサーサイト
[ 2012/09/29 21:51 ] イチジク | TB(0) | CM(28)

底面給水

以前記事にしました 雨とい式底面給水、前回9月初旬の台風で

欠点が見つかりました。


s-P1040077.jpg






苗が小さい時は問題無いのですが枝が伸び葉が大きくなると

雨といの延長方向から吹く風で簡単に倒れてしまうんです

さらに前回のような台風(風速10m程度)では、雨といの直角方向から吹く風で

雨とい自体が倒れてしまいます





そこで今回は改良?バージョンを試作しました。

コンパネ式底面給水システムです



s-P1040913.jpg


90センチ×180センチのサイズで ポットトレイを入れたポットを約40鉢同時に

給水可能です


s-P1040912.jpg


90×180センチのコンパネの周囲に高さ10cmのコンパネをビス留めしコーキング剤で

周囲を水留めしただけの簡単な作りです。

雨とい式の場合は1本で20鉢の水遣りが可能でしたが、今回は一度に40鉢の

管理が可能です。

さらに鉢のサイズを選ばず10号鉢の水管理することも可能かな?と思っています。


でも・・・・

いつも試作後に欠点に気付くのですが・・・重量が重すぎる

そして、耐久性 防腐塗料を塗ろうとは思っているのですが所詮材質が木ですから

何年使用可能なのか疑問です。



そこでコンパネ式底面給水システムVer2

底面のコンパネを使用せずビニールハウス用の廃材ビニールを底面に敷いたバージョンです。



s-P1040909.jpg


この方式でしたら簡単で安価なのですが、どうも水溜りが気になる。

そこで現在検討中なのが底面のコンパネの代わりにストローボード?って言うのかな?

プラスチックで出来た板を使用しようかな?と思っています。




先日の台風以降、簡単で安価な底面給水法は無いかと探しているのですが

良い方法と材料が見つかりません


ようは、スーパーに葡萄が1パック単位で販売されてるじゃないですか。

あの透明なフルーツパックの厚手でBIGサイズ(90×180cm)が

あればいいんですよ。


誰か製造販売をお願いします。





[ 2012/09/27 18:30 ] イチジクのポット栽培 | TB(0) | CM(22)

イチジクも終盤

今日は畑に野菜オジサンがやってきた。

二人でビオレッタを食べながら直売所の話を聞きました。

直売所ではそろそろイチジクも終盤のようで売れ残りが出始めたそうです。

味覚の秋に突入しましたから旬の果物達に負けてしまいますか・・・





s-P1040885.jpg


収穫してみました。

左から時計方向に Bellone ビオレッタ レディーグレイ ScharAmber GuilbeauFrench です。


Bellone 23.5度

ビオレッタ 16度

レディーグレイ 24度

シャーアンバー 26.5度

ギルボーフレンチ 21度


belloneは未熟のようにみえましたが糖度はのってますね。


ビオレッタはどうなんでしょ、今回は糖度が低いですが畑で試食したビオレッタは甘かった


レディーグレイ この5品種の中では 明らかに食味が違い非常に濃厚な味ですね。

きっと酸味があるからでしょう。


シャーアンバーはレディーグレイと違い甘いんだけどスッキリとした甘さ

この5品種の中では一番美味しく食べやすい品種ですね。



ギルボーフレンチはビオレッタに似た食味で滑らかな肉質、豊産でシャーアンバーと

同様に目が閉じています。

 






s-P1040894.jpg



これは、ポット栽培の Flanders 果皮も果肉もバナーネによく似ていますが

舌触りも食味もFlandersのほうが優れていると思います。(もちろん私の意見)

糖度は22度でした。








    
[ 2012/09/26 21:51 ] イチジク | TB(0) | CM(6)

今年のLSU

昨年は沢山着果したLSU Everbearingですが、今年の着果は僅か。

といいますのも昨年カミキリが主幹に侵入したためバッサリと

主幹を切断してしまったのです。

今年は主幹の周囲より沢山の枝がブッシュ状に伸びたのですが

さすがに着果が悪い。



今日 畑に出かけたら熟していたので1個収穫してみました。

まだ首が垂れてませんでしたから完熟一歩手前ですが、鳥が狙っているような

気がして(被害妄想気味)


昨年の糖度ランキングの覇者LSU Everのお相手として収穫したのは

一昨年の糖度ランキング覇者ミステリーナインです。





s-P1040848.jpg


LSU Ever 26度

ミステリーナイン 24度 でした。

連日の晴天続きなので もう少し甘くなってると思いましたが

もう1日待てばよかったかな。







そして、久々のポルトゲス

この品種は美味しい品種なんですが知名度は高くないですよねぇ。



s-P1040865.jpg


右がポルトゲス、左はビオレッタ

糖度はポルトゲスが21度  ビオレッタは20度でした。

この品種は蓬莱柿より甘く、肉質は滑らか、でも食べると蓬莱柿を思い出す食味。

う~ん、ちょっと違うかなぁ・・・







番外編ですが

今年は、公平にチェックするためポット栽培のイチジクは収穫していないのですが

もったいないので収穫してみました


左がScharAmber 右がGulbeauFrench です。

10号ポットに植えつけているのですが、どうしても果実が小さくなってしまいます。

でも糖度は路地栽培より高くなりますね。(あくまで私の場合)


s-P1040852.jpg



両品種とも完熟でシャーアンバーは31.5度  激甘ですが赤肉種の激甘とは

違う美味しさを内臓しています。

ギルボーフレンチは何故か20度 路地栽培より低くなってしまいました。

腐ってるのか・・・?ちょっと危険を感じましたので試食はしませんでした




[ 2012/09/22 23:56 ] イチジク | TB(0) | CM(10)

GRAFTING TOOL

Plummaniaさんと しおさん お二人が購入されたGrafting toolが欲しくなり

香港のDXdealextremeという通販会社に注文にたのが3月の下旬

DXdealextreme


待つこと2か月

何の連絡もないのでメールを書くと、「キャンセルされますか?待ちますか?」

勿論、待ちます。


それからさらに2か月

長いメールが届きました  翻訳ソフトで翻訳すると・・

「事業を10倍に拡大したため社員を増やしたのですが、思うように働いてくれない

よって、貴方に発送することが出来なくなりました」



おいおいおい!

料金はとっくにクレジットカードで引き落とされてるんだぞ


尖閣諸島で遊んでるから仕事ができないんだろ!




そんなわけでしたが 気を取り直し今度はアメリカのアマゾンへ発注しました。

中国製品ボイコットの意を込めて 今回はイタリア製のグラフティングツールです




もう英語は懲り懲りなので、今回は日本語サイトでの購入にしました。



JOYBAYというアマゾンとイーベイの

商品を購入代行してくれるサイトです。



待つこと10日程度


届きました


sP1040832.jpg


カットの形は3種類選べるようです。



sP1040834.jpg


もう使いたくてウズウズ、春まで待てない・・・

そこでコルト台で試し切りをしてみました。


枝の太さは 4ミリ、6ミリ、9ミリです。



sP1040835.jpg




9ミリをアップしますと・・・ちょっと切り口が粗いですねぇ


sP1040839.jpg



sP1040840.jpg



ナイフのような綺麗な切り口ではありませんが、来年の春は楽しめそうです。


[ 2012/09/19 18:17 ] 接木 | TB(0) | CM(18)

台風

台風の影響で真夜中より風は強くなり1日中吹き荒れました。

おかげでポットはあちこちで倒れ大変でした



ビオレッタとダルマティーを収穫しました。

この2品種美味しい品種なのですが

どちらも目が開いているため私のような放任栽培では虫が侵入してしまいます。

よって今回は1日程度早めに収穫してみました。


ビオレッタ
sP1040811.jpg



ダルマティー
sP1040812.jpg





sP1040815.jpg



左からビオレッタ、ブリジャソッドグリース、ダルマティーです


糖度は

ビオレッタ 17度

ブリジャソッド 20度

ダルマティー 17度


果肉を見る限り熟してるように見えるのですが ちょっと低めですね




昨年頂いたカドタが熟しました。


カドタの葉を見て思うことは、カドタってシュガーにそっくり!

そしてFlorentine という品種にもそっくり!

でもクビの長さがカドタとFlorentineでは違うな!



断面を比較してみました。

でも シュガーの果実が転がってどこかにいってしまいました。


よって今回はカドタとFlorentine を比較してみます。



sP1040817.jpg



左側がカドタ、右側がFlorentineです。

微妙に果肉の色が違いますがどちらも小さなイチジクです。


糖度は、カドタ、22度

Florentine 25度 でした。

どちらも白肉系で非常に滑らかな肉質でとろけるような感じのイチジクですね。

カドタが女性に人気なのが何となく分かるような気がしました。


Florentine は収穫時が乾燥していれば他に勝るものはない美味しい品種だそうです。



やっぱり小さなイチジクって美味しいですね。

ミステリーナインやセレストが濃厚なねっとりタイプだとすれば、カドタやFlorentine は

濃厚なサラットタイプでしょうかね。

表現が悪いか・・・




 
[ 2012/09/17 18:37 ] イチジク | TB(0) | CM(8)

ミステリーナイン

ミステリーナインとは私が勝手に付けた品種不明のイチジクです。

数年前、「このイチジクの品種名を特定して下さい」と2本の苗木を頂きました。

何でも昭和40年代に取引先のお菓子屋さんから栽培を依頼され植え付けたそうです。

夏果はドーフィン以上の大きさで、秋果はバナーネ程度で推定糖度25度だそうです。



カリフォルニアブラックやカロンによく似ているのですが、熟期は遅く首が短く

カロンより豊産なイチジクです。



s-P1040777.jpg



今日、畑に出かけるとミステリーナインが沢山落果してる

きっと鳥の仕業でしょう。


まだ、ちょっと未熟でしたが糖度ランキング1位に輝いたことのある品種ですから

それなりに甘いだろうと1個収穫してみますた。



早すぎました

糖度は16度でした。




s-P1040784.jpg




左からミステリーナイン、カリフォルニアブラック、ギルボーフレンチ、ビオレッタです。


カリフォルニアブラックが21度

ギルボーフレンチも21度

ビオレッタが18度


総じて糖度が低いようです、因みに写真には載っていませんがカロンが21度でした。


糖度はいずれも20度前後ですが、白肉系のギルボーフレンチとビオレッタには

独特の風味があり私はやっぱり白肉系のイチジクが好みですね。



改めて、ミステリーナインを収穫してみます。




翌日収穫しましたら23度でした。



[ 2012/09/15 17:30 ] イチジク | TB(0) | CM(6)

若桃

先日、桃のことばかり考えている桃仙人から珍しいものを頂きました。

摘果した桃の甘露煮です。




s-P1040774.jpg





桃仙人  摘果した桃がもったいないので来年は自分も作ろうと思ってる。

     美味しいから食べてみろよ。


グリーンが鮮やかで まさに若桃って感じです。



s-P1040775.jpg






お味は?

砂糖で煮込んであるんだから甘いんだけど・・・

桃の香りは全く無く、食感を楽しむだけの食べ物ですね。

話題性はあるんだろうけどヒット商品にはならないと思います。

これなら奈良漬けにしたほうが美味しいんじゃないか?


ちょっと厳しい評価になってしまいましたが、もう一工夫欲しいですね。

摘果桃の次なる新作に期待します。








[ 2012/09/13 21:24 ] その他果樹 | TB(0) | CM(6)

直売所品種

私の畑の隣りでは、オジサンが野菜を栽培し直売所で販売されてます。

ジャガイモ、サツマイモ、レタス、ニンニク等々 1年中 色々な野菜を生産されてます。

昨年のこと


野菜おじさん   何で、果実を販売せず通行人や鳥の餌にしてるんだ?


仙人    管理が悪いから販売できるような果実は無いですよ

       それに誰でも直売所で販売できるってワケでもないでしょ?

野菜おじさん   JAの組合員なら誰でも販売できる、農薬の使用量等を提出すれば
 
         いいんだよ。今度資料を持ってきてやるわ。

仙人     いやいや収穫したりパック詰めをする時間がありませんよ。

野菜おじさん  早起きをしてやってみろ







先日、直売所に行く機会があり店内を見回していますと、葡萄は色々な品種が

販売されてて華やか。

でも、イチジクはドーフィンだけでした


ふ~ん・・・そんなもんかいな、蓬莱柿さえ販売されてないんか・・・





そんなわけで、老後の小遣い稼ぎをちょっと意識し 今年はイチジクを少し早採り 完熟前の

収穫を試しています。


自家消費なら完熟で収穫すれば一番美味しいのですが、直売所への出荷となりますと

完熟前じゃなきゃ商品になりませんからね。



s-P1040773.jpg


早採りでも、ドーフィンのあの圧倒的な存在感に負けないような美味しい品種。


まっ!早起きは苦手ですから直売所で販売することは無いと思いますが・・・


左からヌアールドカロン、カリフォルニアブラック、アーチペルです。

どの品種も早採りしてみました。


ヌアールドカロン 14度

カリフォルニアブラック 15度

アーチペル 16.5度



ありゃ~ ちょっと早すぎなのか? これじゃぁ どれもドーフィンの存在感に勝てない。








 
[ 2012/09/12 21:36 ] イチジク | TB(0) | CM(8)

初秋のジャムおじさん

先日お譲り頂いた レーヌクロードでジャムを作りました。

じつは、コンポートにすべきかジャムにすべきか迷ったのですが

失敗を恐れ調理経験のあるジャムにしました


調理中の画像を見ますと美味しくなくなりますので お見せできませんが

種を取り出し量りましたらジャスト1キロg、どの程度の砂糖を入れるべきか

迷いました。

とりあえず今回は200gの砂糖とします。


s-CA3F0242.jpg

よくかき混ぜて







s-CA3F0243.jpg



出来上がりました、レーヌクロードジャムです。



テイスト


なんか、ちょっと、甘すぎたかも


教訓

残暑厳しいこの時期のジャム作りはダメですね。

汗ダラダラでした。







[ 2012/09/09 17:20 ] ジャムおじさん | TB(0) | CM(11)

綺麗?

今日、奥さんが頂いてきました、着色不良の葡萄です。

クイーンニーナという最新品種で、農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所で育成され、

2009年に公表された新品種だそうです。

安芸津20号(紅瑞宝×白峰)×安芸クイーンを掛け合わせた品種で、安芸クイーンより

着色の良い品種だそうですが、さすがに今年の夏は高温で夜温の高い状態でしたから

この品種に限らず、今年は着色の悪い葡萄が目立ちまにたね。





s-P1040731_20120907225157.jpg


果重700g、30粒程度ですから果粒重は23g程度、デカイですよねぇ・・

糖度は22度と非常に甘く、皮ごと食べる品種のようですが、果皮はシャインマスカットより

硬いように思いました。

綺麗に着色すれば、シャインマスカットのライバルと成りえる品種だと思いました。



そういえば、最近 奥さんが聞いたことも無い珍しい品種を頂いてくる

のですが、私が食べてみたい葡萄は・・・やっぱり石川県より門外不出の品種

「ルビーロマン」ですかね。


なんでも、昨年の初せりの最高値が1房50万円だったそうです。

そして平均卸売り値は6000円


そんな高価な葡萄がこの世にあるんですねぇ・・・

一房購入は貧乏な私には無理!!


1粒で販売してくれる果物屋さんはありませんかね


[ 2012/09/08 18:39 ] ぶどう | TB(0) | CM(8)

畑にカラスが群がってます

今日、畑に出かけましたらカラスが10羽程度群がってました。

狙いはイチジクのようで、たくさんの果実が落果していました。

食べないんなら落とすな!と言いたい けどカラス語がわからない。



ピンボケ写真ですが、左上から時計回りに

Schar Amber   Guilbeau French  ブルンスウィック、ビオレッタです。

s-P1040741.jpg



すべて白色系果実で

Schar Amber 25度

Guilbeau French 20度

ブルンスウィック 16度

ビオレッタ 22.5度




Schar Amber 果重は50g程度、雨上がりの収穫にしては甘いですね。

       同じく今日収穫したロードスが20度でしたから まだ高くなる可能性ありですね。



Guilbeau French この品種は40g程度で小さな品種ですが、特徴は目が閉じていること

         非常に綺麗な果肉です。


ブルンスウィック  1日、収穫が早かったのかも知れません。


ビオレッタ  完熟状態での収穫ですが、雨上がりの収穫ですから 

       まぁまぁの数値だと思います。





[ 2012/09/07 21:36 ] イチジク | TB(0) | CM(4)

白麗

5年前に植え付けた期待の品種 「白麗」

この品種は、山口県の一部の農家で栽培されている門外不出の「肥城桃」に大久保を

掛け合わせて生まれた桃です。


一昨年収穫した時は、果重150g、糖度は14.5度と期待外れの数値でガッカリ


桝井農場から購入したときのカタログには、「果重290g、糖度15度以上、

とても日持ちが良くて、くず果の小果でも味が良い。

果汁が多く長雨でも糖度が高い」と書いてあったのですが



まだ木が小さいので、今年は10果程度成らせたのですが、どうも娘と奥さんが

収穫してるようで気付けば残り2個に減ってる

まだ、果実は硬いし香りも無いのに収穫が早すぎるわ と思っていたのですが

全て食べつくされてしまう前に収穫しました。




s-P1040723.jpg




大きいほうは果重267g、糖度17.2度でした。

果肉が硬いから収穫にはまだ早いと思っていましたが、この品種は7月に頂いた「黄貴妃」と

同様で果肉は硬くても熟しているんですね。


むかし植えてた「あかつき」や「清水白桃」は果肉が柔らかくなった頃に

収穫していましたが、その頃になると虫たちも収穫に参加してきましたから

虫食いの果実ばかりで綺麗な状態の果実はほんの僅かでしたが、この「白麗」は

綺麗な状態で収穫できました。

渋みも全く感じませんでした。



桃も進化してますなぁ・・・



[ 2012/09/06 18:20 ] その他果樹 | TB(0) | CM(2)

レーヌクロード続き

レーヌクロードはプルーンの品種名?

と尋ねられましたので ちょっと書きます。




天香園のカタログには、

「すももには、日本すももとヨーロッパすももがあり、通常すももと言えば

日本すももを指し、ヨーロッパすももはプルーンと呼ばれています」と書いてありました。


では、フランスで人気の果樹、レーヌクロードやミラベルはどちらに属するのでしょうか?

ちょっと、調べてみました。



すももには、アジア系、ユーラシア系、北アメリカ系があり


アジア系の中には、サイモンスモモニホンスモモがあるそうです。

     (日本すももとは一般的にプラムと呼ばれてるソルダム、サンタローザ、太陽等のことです)


ユーラシア系には、ドメスチカスモモインシチチアスモモミロバランスモモスピーノサスモモがあるそうです。


北アメリカ系には、アメリカナスモモチカソウスモモピーチスモモアンソニアナスモモカナダスモモ

            パシフィックスモモがあるそうです。


ドメスチカスモモは、さらに分類され、プルーングループ、 レイヌクロードグループ、 イエローエッググループ

                       インペラトリスグループ、 ロンバートグループに分類されるそうです。



インシチチアスモモも、さらに分類され、ダムソンスモモ、 ビュレーセススモモ、 ミラベルスモモ、 

                         サンジュリアンスモモに分類されるそうです。






ヨーロッパ系のドメスチカスモモの中にプルーンのグループとレーヌクロードのグループがある。

ですから、プルーンとレーヌクロードは全く違う食味なんでしょうね。

プルーンの中にもシュガーとかサンプルーンとか・・・色々な品種があるように

レーヌクロードにも色々な品種があり、今回のレーヌクロードの品種名は何だろう?

私はGreen Gageだと思うのですが どうなんでしょ。




[ 2012/09/03 17:17 ] レーヌクロード | TB(0) | CM(8)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。