スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

黄玉とイチゴ


2010年4月に植えつけた黄玉(キダマ)にやっと果実が着きました。

植えつけて4年で5粒の着果です




s-P1020059_201405272232193da.jpg


近所のホームセンターで購入した苗ですから、品種が怪しいかな・・・と思っていましたが

熟す時期が月山錦より早いようですから月山錦じゃないのは確かですね。

梅雨前に収穫でき、サイズは2L程度、さて美味しい品種なんだろうか?





昨年の秋に購入した白いイチゴは

放任栽培のため、春先には瀕死の重体。

育てるのが面倒になったので娘にプレゼントしました


s-P1020989.jpg






気がつけば!

いつの間にか、元気になり果実が着いてました。


s-P1020990.jpg




s-P1020988.jpg





スポンサーサイト
[ 2014/05/27 22:41 ] さくらんぼ | TB(0) | CM(16)

袋掛け

梨用のワンタッチ袋を掛けています。

といっても、梨じゃなく桜桃に

ここは20世紀梨の産地ですから、梨の袋掛けは子供の頃からやってました。(たしか保育園児の頃)

でも、さくらんぼは梨と違いジクが長く柔らかいため掛けるのが大変、

風が吹くと果実が揺れて思うように袋の中に入らないんです。

今日、やっと4000枚掛け終わりました。

残り2000枚、なんとか雨が降り出すまでに掛け終わればいいのですが。




s-P1020986_201405182249307f9.jpg




今日、近所の友達がこの姿を見て・・・・

「信じられん、バカ」と言ってました。

(何を言ってるんだ!俺の勝手だろっ)って感じかな。


ビニールハウスがあればこんな苦労はしなくていいのですが

でも袋を掛けることによるメリットもあるのです。

農薬散布を減らすことができる。

雨による裂果を防ぎ、また果実にスリキズが付かない。

小鳥による被害が無い。カラスには食べられますが、袋を破るのに時間を

要するため、一度に食べる数が少ない。

一度に食べる量は30粒程度で、一日数回やってきます





今年は黄色いさくらんぼ 月山錦も豊作


s-P1020975.jpg


葉っぱばっかり・・・これで豊作かって?

私にとってはこれで豊作なんですよ






[ 2014/05/18 23:08 ] さくらんぼ | TB(0) | CM(14)

井戸掘り 砂丘地編その6

井戸を掘り始めて1ヶ月

果たして、水がでるのでしょうか?

一昨年掘った井戸はカナケ水でしたが今回はどうでしょうか?

ポンプを接続し試運転です。




s-P1020978_201405162129126c1.jpg


うっ

水量は充分なんだけどオレンジ色の水です。

5分程度運転すると・・・・






s-P1020981_2014051621310334a.jpg



透明な水が出てきました。

一昨年、自宅近くの粘土質の土地に掘った時は、何日もポンプを運転し

やっと綺麗な水が出たのですが、今回はあっと言う間に綺麗な水がでました。

微細なステンの網を巻きつけ差し込んだだけの井戸ですから、ある程度砂も

吸い上げるんだろうな・・・?と思っていましたが 全く砂はあがってこない。

水量も充分です。





s-P1020980_20140516214014824.jpg



エンジンポンプの回転を上げるとイッキに水が濁りますが これは何日か運転すれば

納まると思われます。



さて、水質はどうでしょう?



s-P1020982.jpg


左側が水道水、右側が井戸水

微妙に井戸水のほうが黄色っぽく見えるのですが、やっぱりカナケ水でしょうか・・・





s-P1020983_2014051621505881d.jpg


お茶の葉を入れてみます

そしてかき混ぜると・・・




s-P1020984.jpg



今回はカナケ反応なし 

水が黄色いのは、きっと粘土層を突き抜けてしまったからだと想像してます。



今回の砂丘地井戸掘りは意外と苦戦し、井戸掘り名人にすがり付いてしまいましたが

理屈が分かれば粘土質の井戸掘りより簡単なのかも知れません。

すくなくとも泥だらけにはなりませんしね。






[ 2014/05/16 22:17 ] 井戸掘り | TB(0) | CM(6)

井戸掘り 砂丘地編その5

今日は友達と2人で朝からサヤ管の中にVP50の配管パイプを挿入し、

その後サヤ管の引き抜き作業です。


軽トラック2台に、脚立、エンジンポンプ、足場板、サンクションホース、配管パイプ

配管部材、チェーンブロック、農薬散布用に使用する500リットルタンク2個等々、

井戸掘り道具一式を持ち出かけました





井戸掘り名人はサヤ管にこの金具を付けて、チェーンブロックで引き抜け。

と言ってますたが、サヤ管にはVU管を使用していますから、塩ビの厚さは3mm

きっと破断するでしょう




s-P1020969_20140511213756742.jpg




悩んだ末に・・・・ひらめきました




7m埋め込んだサヤ管の周囲に高圧の水を吹き付ける。

砂は、サヤ管の周囲を伝い地下へと落ち込む。

何故なら、地下には20日間かけて500リットルの砂を排出した隙間があるはず

試しに水を吹き付けると・・・




s-P1020966.jpg


簡単に深さ3.5mの空洞ができました。


7mのサヤ管にかかる砂の抵抗が3.5mになったんだから なんとか引き抜けるでしょ。



給水用の50mm管を挿入します。




s-P1020970.jpg



上手く入りました。

足場板を置いたのは・・・

サヤ管周囲に開けた20cm程度の穴が、少しづつ水に侵食され崩れ、直径40cmにもなってしまったんです。

この穴に落ちたら這い上がれません

作業中も少しづつ穴が広がってます




ここからが今日のメイン、チェーンブロックを使いサヤ管を引き抜く作業ですが・・・

写真がありませぬ・・・・写すゆとりが無かったんですよ



s-P1020971_201405112209384df.jpg



少しづつ引き抜きながら切断していきました。





s-P1020972.jpg



悪戦苦闘の3時間、50mm管だけを残し上手くサヤ管を引き抜くことがでしました。



吸い上げた500リットルの砂で穴を埋め戻し何とか作業終了





s-P1020973.jpg



結局、井戸の深さは6.2m、地下水は現在3.1mで安定していますから

これで汲み上げられると思うのですが・・・・

今日は疲れたので、エンジンポンプを取りつけての試運転はまだ後日にします。





[ 2014/05/12 00:37 ] 井戸掘り | TB(0) | CM(6)

井戸掘り 砂丘地編その4

井戸掘りを始めて もう20日。

オレンジ色の水が出るので、もう少し掘り進み現在6m50cm

75mmのサヤ管を使い、その中に20mmのVP管6mを挿入し水圧により

サヤ管最下部の砂をかき混ぜる。

そしてサヤ管にもう1本、25mm 5mのサンクションホースを挿入し、かき混ぜられた

砂混じりの水をエンジンポンプで吸い上げる作戦です。

約500リットルの砂を吸い上げました。




s-P1020963.jpg




一昨年、自宅近くの粘土質の土地に掘った時は、200リットル程度の砂を排出したら

サヤ管、最下部に空洞が出来たのですが、今回は砂をいくら吸い上げても 空洞が出来ない



スプリンクラーの水を止めると、地下6.5mまで埋まってるサヤ管の最下部より

砂がサヤ管の中を上がってきてフタをしてしまうんです。

何度繰り返しても同じ!

地上部より5.5m程度まで砂が上がってきますから、サヤ管の中に約1mの砂が詰まる




そして先日、井戸掘り名人のところへ教えを乞いにでかけました。

名人は本業では無いのですが、井戸掘り歴数十年、数百本の井戸を掘ったそうです。



仙人  こんな方法で砂丘地に井戸を掘っているのですが、砂が詰まってしまいます。


名人  その方法では掘れない! サヤ管の中にステンレスの網を巻いた50mmのパイプを挿入し

    そのあとにサヤ管を引き抜くんだよ。


仙人  サヤ管を引き抜く? そりゃ無理ですよ。

    75mmの塩ビパイプは5箇所継ぎ手が入ってますから その継ぎ手が

    ひっかかって抜けないですよ


名人  私は、鉄のサヤ管を使用するけど、塩ビじゃぁ割れてしまうかもな。

    割れてもいいから引き抜くか、鉄管を使いもう一度掘りなおすか・・・

    どちらかだな。



仙人  もう一度・・・ (腕が痛くてもう掘れないわ)

    じゃぁ、何とかして引き抜きますから、50mmの管を作っていただけませんか?


名人  わかった!じゃぁこの金具をサヤ管に取りつけチェーンブロックで引き抜いてみろ

    サヤ管に50mmパイプを挿入しサヤ管を抜き取る、その時、50mmパイプが

    持ち上がらないよう気をつけるんだぞ。

 

(チェーンブロック? 持ってないんだけど







そして今日、50mm管が出来たとの連絡がありました




s-P1020967.jpg



4mのVP管の先端50cmに15ミリ程度の穴が沢山開いています。

ステンレスのネットは、網戸のネットより目が細かく、これなら砂も入らないな。




井戸掘りもそろそろ終盤、サヤ管を上手く引き抜くことが出来ればいいのですが。














[ 2014/05/10 00:15 ] 井戸掘り | TB(0) | CM(2)

摘果

昨年の春

さくらんぼが満開を過ぎた頃、近所のお爺さんがやって来た。

お爺さん 「10年近くなる佐藤錦に実が成らないので教えてくれ」

仙人   「私はド素人ですから教えられることなんかありませんよ。

      私の師匠を紹介しますから、その方に教わって下さい」

お爺さん 「その師匠から君を紹介されて来たんだよ」



はぁ~・・・・どゆこと 


(そうか、どうせ趣味の果樹栽培なんだから、趣味の果樹栽培のオマエが教えてやれ)

って意味だな・・・


そんなわけでお爺さん宅の佐藤錦を見学に。

樹勢は落ち着き沢山の花が咲いてました。


仙人 「受粉樹の品種は何ですか?」

お爺さん 「ホームセンターから購入したナポレオンだよ」




あ~ん・・・佐藤錦に見えるんだけど、お爺さんはナポレオンで間違いない!というし・・・

じゃぁ、試しに我が家のさくらんぼの花粉で交配してみて下さいな。




そして初夏

お爺さんがやって来て、

「昨年までは数粒しか成らなかったのに今年は沢山収穫できた。

 来年も花粉をいただきに行くから。」




そして先日

またお爺さんがやって来て

「今年も交配をしたら、沢山成りすぎた。今日間引きをしたので見てくれ」



仙人 「もう少し間引いたほうが良いと思いますが・・」


(お爺さん、納得がいかない表情)


お爺さん「じゃぁ君の間引きを見せてくれ」


仙人「じゃぁ、連休中に間引きますわ






そんなわけで、連休終盤はさくらんぼの間引き作業をやってました。




これが、昨日のアップした間引き前の写真

s-P1020031.jpg




そして間引き後の写真


s-P1020038.jpg




ちょっと間引き過ぎたか・・・ とは思いましたが、偉そうなことを

言ってしまったからなぁ・・・


プロ農家さんは、きっちりと摘果されますが、素人栽培は迷いが生じて・・・ダメですわ。




s-P1020040.jpg


ああ~勿体無い











[ 2014/05/05 17:37 ] さくらんぼ | TB(0) | CM(10)

薬剤散布

連休は遊びで忙しい。

昨日は、あぜ道の草刈り、そして畑に除草剤を撒きました。

そして今日は、田んぼと畑をポンコツトラクターで耕運。

夕方には、すももと桜桃に薬剤を散布しました。

私は素人ですから、農薬には詳しくありませんが、

今回は実験を兼ねて、スミチオン水和剤とZボルドーを使用しました。

そして葉に薬害が出ないようにクレフノン水和剤を加えました。


近年は農家の方もボルドー液はあまり使用しないとのことですが、

すもも黒斑病の予防にはこの時期のボルドー液散布が効果あるのでは・・・?

と思い試してみました。

でも幼果が付いた時期の散布は果実が汚れてしまいますから一般的では

ないでしょうね。




s-P1020028.jpg

バイオチェリーに散布





s-P1020029_2014050422542653f.jpg

サンプルーンにも散布





s-P1020031.jpg

桜桃(正光錦)にも散布



横浜防疫所様

お試しください、散布はこの時期です。






しかし今年の正光錦は昨年と違い、双子果が無く喜んでいたのですが

開花期の天候に恵まれたからでしょうか、着果過多ですわ。

明日から間引き作業です











[ 2014/05/04 23:02 ] すもも | TB(0) | CM(4)

雨上がり

昨年の秋に頂いたジャーマンアイリスが開花しました。

最初に咲いたのは白い花、黒っぽい花と紫っぽい花も蕾が膨らみ

開花直前です。



s-P1020018.jpg









s-P1020003.jpg




想像してたより華やかで大きな花、バックのツツジが小さく見えます。










そして先日種を撒いたグラスジェムコーンが発芽しました。

発芽率がどの程度なのか・・?

輸入された種でしょうから、あまり期待していなかったのですが、なんと発芽率100%でした。



s-P1020004.jpg







[ 2014/05/01 22:09 ] ジャーマンアイリス | TB(0) | CM(4)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。