スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グラスジェムコーン収穫

トウモロコシは過去に栽培成功例なしの野菜なのですが、なんとか今年は

収穫できました

5本の苗を植えつけたのですが


1本目の苗

s-P1030066.jpg


うっ なんとか数粒付着してます。




2本目の苗

s-P1030071.jpg

想像してたより なんかパステル調ですが雰囲気はグラスジェム





3本目の苗

s-P1030078.jpg



おおっ!
グラスジェムの色ですね。



4本目の苗は虫に食べられ枯れました。

5本目の苗

s-P1030080.jpg


白っぽいグラスジェムですか・・・

しかし不思議ですねぇ。

1本の苗から出来るコーンは、ほぼ似通った色になりますから

植えつける種の色により実の色が決まるってことなんでしょうか?

5本目の苗は白っぽい種を植えた・・・?

じゃぁ、3本目の苗の種は何色だったのか?


もし、赤一色のコーンを作ろうと思えば、赤い種を撒き、交配を繰り返せば

いいのでしょうか?

何代程度繰り返せば固定するのでしょうか?

皆さんのお知恵を拝借したい気分です。



果樹と違い、植えつけて数ヶ月で結果が出ますから 野菜も面白いですねぇ。





スポンサーサイト
[ 2014/08/26 23:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

雨 雨 雨

今年の夏は異常でしょうか、各地で雨による災害が続出しています。

当地も連日の雨模様で農作物に被害が出てるようです。

イチジクは・・・

雨による裂果で・・・ 畑はコガネムシとハチが割れたイチジクに群がりパラダイス状態です。

そんな中でも、目が閉じて雨に強い品種があります。



s-P1030058.jpg


左がセレスト

右がO'Rourke


セレスト

閉じた目をもち非常に甘く耐寒性のある小さなイチジクです。

以前、地中海に浮かぶマルタ島出身の方から聞いたのですが

マルタ島ではイチジクと言えばセレスト(別名マルタ)、それ以外の品種は

見かけたことが無い。と言われてました。

日本でいうドーフィンみたいなもんですね。



O'Rourke

この品種はLSUよりリリースされたセレストのハイブリッド品種です。

確か、セレスト×Capri fig

CHAMPAGNE(シャンパン)と同じ掛け合わせですが、シャンパンのようなサラッと系ではなく

セレストに似たネットリ系で閉じた目を持ち甘い品種です。










[ 2014/08/24 11:27 ] イチジク | TB(0) | CM(12)

フランスの妖精 ミラベル 2014

昨年は1粒しか食味が出来ず悲しい思いを引きずったミラベル

今年は受粉を怠ったせいなのか着果は4粒

7月23日より8月2日までの間、1粒づつ収穫し収穫適期を探ってみました。

1粒目、アタゴの屈折糖度計で計れない

数日の間隔をあけ2粒目3粒目と計ったのですが計れないんです。

25年程度使用していますから、ついに壊れたか

そして先日、最後の4粒目をバイオチェリーと比較してみました。

ミラベルの直径は32mm程度、バイオチェリーは35mm程度でしょうか。

糖度計で計ると、バイオチェリーは19.5度、そしてミラベルはやっぱり計れない・・・

私の糖度計は32度まで計れるのですが  スケールオーバーってことですか・・・





右がバイオチェリー、左がミラベル

s-P1030038_20140804221257501.jpg




s-P1030040.jpg



しかしこのミラベル、確かに甘くて適度な酸味があり非常に爽やかな食味なのですが

30度を越える糖度とは・・・・納得できない



そこでミラベル友の会メンバーに無理なお願いをし、完熟果と完熟前の2粒を

戴いてきました。




s-P1030041.jpg



s-P1030043.jpg


完熟果はやっぱりスケールオーバー、未熟果は硬くてまるで梅を食べてるような食感で

僅かに苦味もあり酸っぱい、 でも糖度は18度もありました




う~ん、やっぱり完熟果は32度を越えるんですか・・・

でもイチジクの30度のように甘くは無いんだけど・・・・



ミラベルを試食し、何故かマンゴスチンを思い出しました。

そう、あの果物の女王です。

マンゴスチンも糖度が高く適度な酸味があり爽やかな食味の果物。

来年はマンゴスチンとの食比べをしてみようか・・・?

ミラベルに、もう少し酸味がありジューシーだったら「果物の女王」の座を狙えたかも

いやっ!

「果物の女王の孫」程度は狙えたかも





[ 2014/08/04 22:54 ] ミラベル | TB(0) | CM(18)

究極のドラゴン

ブルースリーではありません(あしからず)

以前より奥飛騨で温泉熱を利用しドラゴンフルーツを栽培されてる「FRUSIC」さんの

ブログを密かに拝見していました。

ドラゴンの魅力は夜に咲く妖艶なる花、一度見てみたい。

でも冬場の管理が上手くいくだろうか・・・

限界温度は8度なんて聞いてますから 普通の管理じゃ無理だよなぁ・・・なんて思ってました。



先日のこと

watarunさんより、ドラゴンフルーツを育てられませんか?とのメールが

ブードゥーチャイルドという品種で果実は小さいのですが非常に甘く、究極のドラゴンだそうです。




s-P1030033.jpg


戴いてしまいました

限界温度8度をどうやってクリアーするか・・・・

悩ましい楽しみが またひとつ増えました。


watarunさん ありがとうございました。





[ 2014/08/03 22:49 ] その他果樹 | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。