質問にお答えします

久しぶりにブログを更新しましたら色々とご質問をいただきましたので

間違っているかもですがお答えします。

まず、長野のオッサンさんからの質問ですが、

「figue de Marseill」と「ホワイトマルセイユ」は違う品種か?



この写真がfigue de Marseillです

s-P1040890.jpg


そしてこれが ホワイトマルセイユ

s-P1030362.jpg


写真でははっきりしないかも知れませんがfigue de Marseillのほうが楕円形で熟すと水分が

多いように思います。

ホワイトマルセイユは樹勢が強く葉の周囲にギザギザがありますから葉を見て

識別できる品種ですね。






ポールさんからの質問

「どの品種が一番美味しいですか?」

これは難しい質問です。
糖度でしたら数値化できますが美味しさは人それぞれの好みがありますからねぇ・・・

それに日本では収穫時期がちょうど秋の長雨時期ですから、長雨が続く年は

美味しくないですよね。

これが同一品種か?ってくらい食味が変わってしまいます。


以前、イチジク300品種を保有するフランスの苗木屋さんに

一番甘い品種は?と質問したことがあります。

答えは

レディー3姉妹、ロンドボルドー、figue de Marseill、Sucrette の6品種でした。



LSU等のハイブリッド品種を沢山保有するルイジアナの苗木屋さんに

一番美味しい品種は?と質問したこともあります。

答えは

LSU Hollier

LSU Gold

Hunt

の3品種だそうです。




フランスにせよルイジアナにせよ収穫期の降雨が少ない地域ですから

日本国内で栽培する場合、やっぱり雨よけ施設が欲しいですよねぇ・・・



スポンサーサイト
[ 2016/02/23 23:16 ] イチジク | TB(0) | CM(12)

挿し木失敗ランキング

今年も挿し木のシーズンとなりましたので時間を作り

ボチボチと準備を始めています。

まずは栽培施設の片付けから始まります。

成長の悪かった苗木、曲がってしまった苗木、ひ弱に育った苗木を破棄する作業です。

苗木と用土を破棄しポットを水洗いし今年の植え付けに使用します。

ポットを水洗いし並べていくと・・・・ふと思いつきました。

挿し木失敗ランキングです


ご覧下さい

s-DSC_0055.jpg

これが上手に育たず破棄した苗木のポットです。

失敗した挿し木ランキング1位は

Figue De Marseill  22鉢

この品種はLSU Everに負けないくらい美味しい品種なのですが樹勢の弱い品種です。
    その性格は挿し木の時から現れ伸長30~40センチの小さな苗になってしまいます。
    全て破棄しました。

2位 Blanche D 17本

   この品種は葉にモザイクが入ります。
   最初はウィルス病を疑ったのですが先端の芽の部分を2~3年切り取りますと
   症状が出なくなりますから、芽の部分に越冬したダニの仕業だと解釈してます。
   ただ挿し木時にこの症状がでますと伸長が悪くなります。
   よって今回は2位の栄冠を。

3位 レディーホワイト  13本

    この品種は伸長の強い品種なのですが、挿し木苗には展葉にばらつきがありますから
    遅く展葉した苗は日陰になってしまいひ弱な苗に。
    栽培間隔が狭いためなのですが ひ弱な苗13本を破棄しました。

4位  Champagnee 11本

     この品種はサビ病というのでしょうか? 葉に褐色の斑点が出来 早期落葉する
     欠点があります。成木でもサビ病で早期落葉しますと美味しくありませんから
     雨が多い地域では防除が必要な品種かもしれません。
     早期落葉を防げば美味しい果実が収穫できます。
     苗木の見た目が悪いので11本破棄。

4位  Mary Lane 11本

    この品種は節間が広く、細くひ弱に育つ品種です。
    苗木時も主幹が細いですから、手を抜くと主幹が曲がってしまいます。
    見た目が悪いので破棄。

4位  サンミシェル  11本

    この品種はレディーホワイトと同様、樹勢の強い品種ですから、日陰になり
    失敗は11本。

5位  レディーブラック 8本

    これもサンミシェル、レディーホワイトと同様です。    

6位  ロードス  7本

    これも同じ理由です。

7位 LSU Ever 5本

7位 Abicou 5本

   どちらも樹勢の強い品種であり日当たりの良い場所で育てたのですが
   伸長の悪い苗が数本発生します。
   30cm程度で伸びが止まった苗を引き抜いてみますと、根が地下部全体から
   発生せず、最下部からのみの発生でした。

8位 ScharAmber 4本
 
   O'rourke

Flanders

レディーグレイ

9位 ブリジャソッド 3本

10位  BeerS Black 2本


ポットは再利用するのですが、用土は破棄処分としました。
なんと400リットル
もったいない!

  




     

 
[ 2016/02/19 23:28 ] イチジクのポット栽培 | TB(0) | CM(20)