泣いて馬謖(ばしょく)を斬る

諸葛孔明が、信頼する有能な部下の馬謖(ばしょく)が命令を違えて

大敗した時、私情を交えず軍法どうり馬謖を斬った。

全体の秩序を守って規範を示すため たとえ愛する部下でも

おきてに背けば厳しく処罰すること。



今日は午後から少し さくらんぼの幼果を間引きました。

この作業をすると いつも思い出す諺です汗汗



P1000094.jpg
スポンサーサイト
[ 2009/05/02 21:33 ] ことわざ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sennin2008.blog61.fc2.com/tb.php/243-791dc0a3