ブルンスウィック

この品種は大正の頃に日本に導入されたそうですが、誤ってホワイトゼノアと称したらしく

今でも地域によってはホワイトゼノアと呼ばれてるそうです。

写真のイチジクはイチジク勉強会のメンバーのバルタン仙人様が25リットルポットで

栽培されたブルンスです。

このブルンスウィックは近所のホームセンターで購入されたそうですが

品種名には「ホワイトゼノア」と記載されてたとのことです。

でも葉の形はゼノアとは全く違い切れ込みが深いですからブルンスウィックで

間違いないと思います。

子供の頃に食べてた品種はきっとこの品種で当時は蓬莱柿よりブルンスのほうが

美味しかった。

さてと、ライバルでもあるバルタン仙人作のブルンスウィックの糖度を計ってみましょ。


001.jpg


002.jpg


うっ・・・困
糖度24度 なんで無名のブルンスが人気のバナーネより高いんだ困
試食してみると確かに甘いし舌触りも滑らか・・まさに子供の頃に食べた味ですわうーん
なんでだろ?裏技的な肥料でも使ったんだろうか?

バルタン仙人に弟子入りすべきかうーん


スポンサーサイト
[ 2009/08/23 18:40 ] イチジク | TB(0) | CM(4)

No title

こんばんはー仙人さまー

実は我が家に今年初収穫予定のホワイトゼノアがあります

1昨年園芸店で買ったものですがそのとき一緒に購入した

ビッグフィッグなるものが正しくバナーネだったので 今願わくば

これがブルンスで有ります様にと願っております
[ 2009/08/23 19:08 ] [ 編集 ]

Re: No title

こんばんは、まあです様。

ビッグフィグなんてネーミングのイチジクがあるんですね。
名前からしていかにもバナーネっぽい。
バナーネは果実も大きく豊産タイプで簡単に栽培でき優等生タイプですから
営利栽培をするならこの品種は魅力的ですね。
でも私は劣等性にも魅力を感じる性格で・・・・困った性格なんですe-351
[ 2009/08/23 23:35 ] [ 編集 ]

No title

ブルンスは結構侮れない品種だと思いますぜ~
[ 2009/08/24 19:04 ] [ 編集 ]

こんばんは

ますぜ~様
きっと江戸っ子だな。

たしかに侮ってっましたわ。
農文協の果樹園芸大百科には、「ブルンスは生食用には不向きな品種」
なんて書いてありましたから
[ 2009/08/24 21:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sennin2008.blog61.fc2.com/tb.php/303-d2a7156d