糖度≒葉の面積÷(果実の数×果重) だとしたら汗汗

葉の大きい品種からさらに一番大きそうな葉を選んでみました。

右上からbellone、その下がカロン、そしてネグロラルゴ

左上もbellone、その下がドーフィン、そしてバナーネ です。




s-P1000449.jpg


スポンサーサイト
[ 2009/09/03 21:15 ] イチジク | TB(0) | CM(2)

No title

うーん 仙人説の方程式には”そうかなあ”と思ってしまいます。
いずれ数値解析して学会発表をお願いしますよ
[ 2009/09/04 07:34 ] [ 編集 ]

こんばんは

やっぱり怪しい方程式ですねv-8
例えば桃、早生品種は糖度が低く果実も小さい。
晩生品種は糖度高く果実も大きい品種が多いとおもいませんe-3
桃に限らず他の果物でも総じて晩生品種のほうが甘いと思いませんか?
光合成の恩恵を受ける時間が長いからだと想像しますが・・・
イチジクの解析お願いします。
[ 2009/09/04 21:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sennin2008.blog61.fc2.com/tb.php/312-94a60639