もう一度、多伎イチジク館にワープ

昨日の剪定法には不安が残りますので、今年6月初旬の

多伎イチジク館にワープいたします。

s-P1000169.jpg


これが40ℓのコンテナに植え付けられた蓬莱柿(早生日本種)です。

ご存知のように樹勢の強い品種の為、蓬莱柿のコンテナ栽培は全国でも

事例が少ないといわれています。

s-P1000167.jpg


ご覧のように褐色の枝が昨年の枝ですから、樹勢の強い蓬莱柿を

強剪定してますよね。

でも第1節から着果してますよねぇ・・・

一般的に、下位節での着果不良は強剪定または過剰施肥と言われていますが

この剪定はどう見ても強剪定ですよねぇ・・・それも蓬莱柿!

きっと秘密はこの白い袋の中でしょ困


養液ベットはパーライト主体培地で、
パーライト クン炭 ピートモス の配合比率は5対3対2だそうです。

養分の無いパーライトに毎日点滴で液肥を注入するのですが窒素成分の比率が

コントロールされています。

7月、8月、9月の収穫始めの窒素分の施肥量を100としますと4月の施肥量は15、

5月は25、6月は45 にコントロールされています。


そんなわけで、来年は発芽から葉が4~5枚伸びるまでの間は

窒素を控えてみようと思っています。

この方法で強剪定のビオレソリエスも収穫可能かも・・・・かも・・ですよ汗汗










スポンサーサイト
[ 2009/11/12 00:19 ] イチジクのポット栽培 | TB(0) | CM(8)

No title

愛知県でもありますよ。
土壌に半身萎凋病がある為にハウスでコンテナ栽培が始まりましたが上手く行っているのかな?
噂ですが生産者が試験場に教えているらしいです。
(本当かな  笑)
[ 2009/11/13 23:40 ] [ 編集 ]

こんにちは

こんな方法で栽培できれば天候に左右されず
思うような果実に仕上げることが可能なような気がしますが
コストですよねぇ・・・

生産者が試験場に教えることは多々ありますよ、詳しくは書けませんが・・・

[ 2009/11/14 09:45 ] [ 編集 ]

ブログここです。

仙人さん、こんばんは。
また寒くなってきました。
一番嫌いな季節の到来です。


楽天のブログでやっています。
たまに遊びに来てください。
http://plaza.rakuten.co.jp/cherry111

イチジクの話題もここで勝手に書いています
http://plaza.rakuten.co.jp/cherry111/diary/200910020000/
[ 2009/11/14 19:58 ] [ 編集 ]

Re: ブログここです。

こんばんは、ブログ拝見しました。
まぁなんと沢山の果物を栽培されてますなぁ・・・おどろきました


また改めて遊びに行きます。
[ 2009/11/15 00:15 ] [ 編集 ]

2010・ビオレソリエス?

仙人様へ
>そんなわけで、来年は発芽から葉が4~5枚伸びる
>までの間は窒素を控えてみようと思っています。
>この方法で強剪定のビオレソリエスも収穫可能かも
2010のビオレソリエスは如何でしたか?
重さや糖度は如何でしたか?
[ 2010/11/07 00:18 ] [ 編集 ]

Re: 2010・ビオレソリエス?

こんばんは、焼津の栂尾様
じつは、ビオレソリエス植え替え時に ネコブセンチュウに感染しているのに気付き
破棄してしまいました。
この春、頂いたビオレソリエスで再度実験中ですよ。
[ 2010/11/07 22:21 ] [ 編集 ]

No title

仙人さまへ
2009-11-29のビオレソリエスがそうだったんですね。
失礼しました。ダルマティーの苗を探しにHC等を見て
いましたら、ダルマティーの苗はありませんでしたが
ビオレソリエスの苗木が数本ありましたので、お尋ね
しました。これからも宜しくお願いします。
[ 2010/11/07 23:42 ] [ 編集 ]

こんばんは

焼津の栂尾様

そうなんです、あの写真です。
私のソリエスはまだ収穫できてませんが、以前訪ねたフルーツ仙人様の
果樹園のソリエスには、沢山の果実が着果していましたから
問題ないと思いますよ。
[ 2010/11/08 22:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sennin2008.blog61.fc2.com/tb.php/351-6adce944