スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

落葉

10号ポットで栽培中の高砂も落葉し寂しい季節となりました涙

桜桃は暖かい地方で地植え栽培しますと枝ばかり伸びてしまい花は咲くけど

果実が付かない状態が続き、栽培が難しいなんて言われてますが、ポット栽培なら簡単!

この高砂はポットに植え付け2年目だと思いますが樹高が2mになり、これ以上

伸ばすと手が届かなくなるため毎年剪定をし高さを制限しようと思っています。


s-P1010159.jpg


1本棒状にしたのは早期に収穫するためと、横に枝を伸ばすとスペース的に邪魔になるから。

開花後、側枝候補の枝が5センチ程度伸びたら、葉を5~6枚残し先端を爪で摘み落とします。

この摘み落としを枝の伸びが止まる夏頃まで繰り返しますと、主幹に直接花芽が付きます。


s-P1010160.jpg


この花束状短果枝の1個の花芽の中から5~7個程度の花が咲きますから

こんな感じの花芽が出来ますと翌年には収穫が可能となります。

でも、春先 次々と伸びてくる枝候補の葉を摘み取る作業は面倒で・・・

たまに30センチも枝が伸びてしまってから シマッタ と思うこともあります。

そんなときは伸びた枝の付け根の葉6枚を残し それ以降の枝は切り落とします。

するとこんな感じで切り落とした枝の基部に花芽が付くんです。

でもこの作業は5月末までかなぁ・・・

切り落とす時期が遅いと花芽は付かないと思います。


s-P1010161.jpg


高砂は、佐藤錦、紅秀峰と比較しますと種が大きく糖度は15前後と低いため

不人気ですが、糖度を20度程度まで上げることが出来れば 酸味とのバランスが絶妙になり

佐藤錦、紅秀峰を凌ぐ食味となります。本当ですよ!

是非、お試しあれうしし

ちなみに、果実は冷やし過ぎず13度前後で食べるのがベスト!!

高砂、収穫時期の5月下旬頃、夜明け前の気温が13度前後!!

そう、早起きをして食べるんです汗汗

高砂が最高の食味なんて書いても誰も信じてくれないかなぁ・・・困
スポンサーサイト
[ 2009/12/08 23:12 ] さくらんぼのポット栽培 | TB(0) | CM(6)

楽しみですね

楽しんでいますね。
高砂は見切りを付けてしまった品種です。
高砂が糖度20行けばすごいです。
(高砂で糖度15自体すごいと思います。)
果樹全般に言えますが、危機感を持たせるのが実を一早く成らせる
ポイントだと思います。
仙人さんはこの手できましたか。
ポットも面白そうですね。
自分も始めてみようかなあ~。って。
春が待ち遠しい。でもまだ冬が始まったばかりなのに。
剪定もしていません。
[ 2009/12/09 19:52 ] [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは、日本一の果実さま

そうですよね、危機感を待たせる。
下手くそ!
このままじゃぁ殺されてしまう、早く果実を付けて
子孫を残さなきゃ・・・って思ってくれるよう栽培すれば
いいんですよね。
たまに、枯らせてしまうこともありますが・・・e-351
[ 2009/12/09 22:33 ] [ 編集 ]

No title

さくらんぼ栽培指南書だわ。
短果枝は、こうして出来るのですね。

スモモも芽摘みしとけば良かったのに、また放置しちゃったから、トンでもなく枝がボウボウで花芽があるかどうか?
今更根回ししてポット栽培という訳にもいきませんし。
[ 2009/12/09 23:03 ] [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは、ひだぱんちさま

この1本棒状のメリットはスペースをとらないこと
そして収穫までの時間を短縮できることですね。
せっかちなB型向きですよ。
違ったかなe-351

[ 2009/12/09 23:46 ] [ 編集 ]

No title

ご無沙汰です。

なるほど!
これなら主幹系の倍以上のスペースが確保できますね。
参考にさせて頂きます。
[ 2009/12/11 09:45 ] [ 編集 ]

おひさしぶりです

アケビガキさま

そうなんです。
収穫量より沢山の品種を食べたい人向きですね。
もう少し詳しく書いてみます。
[ 2009/12/11 21:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sennin2008.blog61.fc2.com/tb.php/364-541ad969






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。