プルーン

3年~4年前に娘の要望で庭の片隅に植えつけたプルーン。

品種名はスタンレイだった気がする。

昨年より僅かに花が開花してたのですが受粉樹も無いし放任栽培ですから

夏場に葉が無くなってしまうしで きっと果実なんて着かないだろうと

思っていましたが・・・・

今朝、奥さんが果実を1個見つけました

虫に葉を食べられたため果実を見つけることが出来たって感じかな。



s-P1030022.jpg


さて、今年初収穫となるのか?

ちなみに葉はほとんど残っていません。



犯人は、いやいや功労者は彼


s-P1030021.jpg





スポンサーサイト
[ 2011/07/15 22:25 ] すもも | TB(0) | CM(8)

No title

我が家のプルーンは、20年近くの間一度も実をつけませんでした。今は切り株になっています。プルーン、食べられるようになるといいですね。甘くて美味しいですよね~♪
[ 2011/07/15 22:47 ] [ 編集 ]

こんばんは

はるみ楓さま

20年間も我慢されましたかe-351
私は昔5年程度で切り倒してしまいました。
そんなわけで自身はありませんでしたが1個だけ成りました。
[ 2011/07/15 23:40 ] [ 編集 ]

No title

植木屋(造園業)の友人が、「今年はほんとにイラガが多い。シロヒトリやチャドクガは少ないのにぃ~」 とボヤいてました。

セミ等の、産卵~成虫まで年数のかかる昆虫では、「大発生→交尾・産卵→産卵~成虫までの年数→大発生」というスパンをとる種類が居ることが↓知られています。
http://www.itmedia.co.jp/anchordesk/articles/0707/06/news042.html
でも、イラガ、シロヒトリ、チャドクガなどは、年に数回も発生するような昆虫なのに、発生が多い年と少ない年があるのはなぜなのでしょうかね?

バッタやヤスデも大量発生する年/地域がありますよね~。我が家では東京都内ですが、ヤズデの大量発生に見舞われた事があり、連日、シャットアウトSEを撒き続けた記憶があります。ちなみに。昨夏はクチナシにオオスカシバが多く発生しましたが、今夏はまだ殆ど出ません。
[ 2011/07/16 03:58 ] [ 編集 ]

こんばんは

ocelot様

なるほだ、確かに発生の多い年と少ない年がありますよね。
私も数年前、緑色のカメムシの大軍が現れたことがあり驚いた記憶があります。
成虫が暖冬のため冬眠に成功し生き延びた数が多いから大量発生するんだと
思っていましたが そんな単純じゃなく何か深い理由があるのかも知れません。
[ 2011/07/17 00:23 ] [ 編集 ]

刺されました

昨日剪定時に刺されました。
色も葉っぱと同色ですし、しかも裏側で目立ちません。
小さくとも存在感は人一倍です。
桜桃並みに防除されましたら、来年は軽く100倍以上にはなりますね。
[ 2011/07/18 04:58 ] [ 編集 ]

Re: 刺されました

日本一の果実様

私も先日刺されましたが、この時期の剪定は覚悟が必要ですね。
桜桃並みの防除 確かにe-351
プルーンに対する愛情がまだ足りません。


[ 2011/07/18 19:08 ] [ 編集 ]

No title

はじめまして、東部のまえたといいます。
一応プロの梨屋です。
ブドウの挿し木の記事から訪問いたしております。


ご存じでしょうがイラガという虫です。さされると痛いです
[ 2011/07/18 21:37 ] [ 編集 ]

こんばんは

始めまして前田様

プロの梨農家さんですか。
梨は我が県の特産品であり奥さんの実家も栽培していましたから
難易度の高い果物だと承知しています。
ブログお恥ずかしい限りですが今後とも宜しくお願いします。
[ 2011/07/18 23:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sennin2008.blog61.fc2.com/tb.php/556-b5255843