レーヌクロード続き

レーヌクロードはプルーンの品種名?

と尋ねられましたので ちょっと書きます。




天香園のカタログには、

「すももには、日本すももとヨーロッパすももがあり、通常すももと言えば

日本すももを指し、ヨーロッパすももはプルーンと呼ばれています」と書いてありました。


では、フランスで人気の果樹、レーヌクロードやミラベルはどちらに属するのでしょうか?

ちょっと、調べてみました。



すももには、アジア系、ユーラシア系、北アメリカ系があり


アジア系の中には、サイモンスモモニホンスモモがあるそうです。

     (日本すももとは一般的にプラムと呼ばれてるソルダム、サンタローザ、太陽等のことです)


ユーラシア系には、ドメスチカスモモインシチチアスモモミロバランスモモスピーノサスモモがあるそうです。


北アメリカ系には、アメリカナスモモチカソウスモモピーチスモモアンソニアナスモモカナダスモモ

            パシフィックスモモがあるそうです。


ドメスチカスモモは、さらに分類され、プルーングループ、 レイヌクロードグループ、 イエローエッググループ

                       インペラトリスグループ、 ロンバートグループに分類されるそうです。



インシチチアスモモも、さらに分類され、ダムソンスモモ、 ビュレーセススモモ、 ミラベルスモモ、 

                         サンジュリアンスモモに分類されるそうです。






ヨーロッパ系のドメスチカスモモの中にプルーンのグループとレーヌクロードのグループがある。

ですから、プルーンとレーヌクロードは全く違う食味なんでしょうね。

プルーンの中にもシュガーとかサンプルーンとか・・・色々な品種があるように

レーヌクロードにも色々な品種があり、今回のレーヌクロードの品種名は何だろう?

私はGreen Gageだと思うのですが どうなんでしょ。




スポンサーサイト
[ 2012/09/03 17:17 ] レーヌクロード | TB(0) | CM(8)

よく知らないけど

佐久穂の直売所では、プルーンとプラムを別のコーナーに置いてあります。昨日の午後に寄ってきたのですが、プラムは全部売り切れていてプルーンだけ少し残っていました。プルーンの方が収穫の時期が遅いのかも知れませんね。プラムは香りも違うような気がします。プラムはハート型、プルーンは楕円のものが多いような気がしますね。
[ 2012/09/03 23:55 ] [ 編集 ]

Re: よく知らないけど

はるみ楓様

へぇ~、プラムやプルーンのコーナーがあるなんて羨ましいです。
私達のところは品種を選べないですね。
昨日、焼きレーヌクロード食べてみましたが美味しいですね。

[ 2012/09/04 08:49 ] [ 編集 ]

なるほど。

スモモ、プラム、プルーンの関係がよくわかりました。
しかし、あんずっていうのは少し遠い関係なのでしょうかね?
私はあんまり違いを意識せずに買い物をしてましたよ^_^;
バイオチェリーとかもサクランボとのハイブリットだし、スモモ、桃、サクランボって遺伝子的には近いのかな?
ついでに梅なんかもそうかなあ、ってボケたこと書いていますが、以上あげた果樹は、こちらではまずうまく育たないんです。
同地域の人がこれ聞いたら、「お前が下手なだけ!」って叱られるかもしれませんけどv-16
[ 2012/09/05 18:48 ] [ 編集 ]

Re: なるほど。

村長様

杏も近親でしょ。
みんなバラ科サクラ属で染色体数も同じはずですから色々な
ハイブリッドが生まれる可能性ありでしょうね。
アメリカには桃と何を掛け合わせてのは分からないような
ハイブリッドがありますね。

何で村長地方では育たないんでしょうね?気温の関係ですか・・
[ 2012/09/05 21:15 ] [ 編集 ]

No title

レーヌクロードっていう名前だと思ってましたが
さらに品種名があるんですね。
ということは、ミラベルにも品種が存在するってことなんでしょうか?
う~ん、とっても勉強になりました(^^)


なんだかとってもムズムズしてきました(笑)
[ 2012/09/06 06:04 ] [ 編集 ]

こんにちは

りょっつぁん

そうです。

違っているかも知れませんが、昔、Green gageのことをレーヌクロードと呼んでいた。
でも次々と新しい品種が生まれてきたので、Green gageのことをオールドゲージと
呼ぶようになった。と想像してます。

ミラベルもナンシーとかメッツとかいう品種があるようですが
プラムのように品種数は多くないと思います。
品種改良の余地ありですね。
黄色だけじゃなく、赤、緑、青、白・・・夢だけは無限です。 


[ 2012/09/06 08:59 ] [ 編集 ]

仙人さん、こんばんは。
その節は貴重なミラベルの苗をいただき、ありがとうございました。m(_ _)m
ミラベルには黄色だけでなくそんなに色んな色があるのですか。
よく調べましたね。
図書館で植物図鑑を調べても、索引にすら掲載されていないこのグループをここまで徹底的に調べられるのはブログ界では仙人さんくらいかも知れません。
(^m^)
私のブロ友さんでフランスに旅行に行かれる方も朝食に出ていたので食べられたそうで、海外ではブルーベリーとかと同じでごく普通に食べられている様なのに、今まで流通していないのには、やっぱり知名度と言うか、名前が図鑑にも掲載されていないのが問題なのかも知れませんね。
海外に在住する日本人主婦の間ではこれを使ったお料理が色々ブログで掲載されていましたよ。生果としてだけでなく風味を生かしたお料理も面白そうな素材ですね。
[ 2013/05/16 06:24 ] [ 編集 ]

おはようございます

Reveille様

ミラベルは少なくとも30年以上前から国内に導入されています。
フランスでは人気の果実なのに何で日本では無名なんでしょうね・・?
日本人の味覚に合わないな?それとも日本の気候に合わないのでしょうかね?
栽培し食べてみれば答えが出るでしょう。お任せします。
[ 2013/05/16 09:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sennin2008.blog61.fc2.com/tb.php/616-b78fab2a