早く食べてみたい品種

昨年は早生日本種、桝井ドーフィン、ブリジャソッドグリース、パスティリエ、ブルンスウィック
ポルトゲス、ロードスを試食しました。
そして感想は、子供の頃に食べた果肉が琥珀色をしたイチジクのほうが美味しかった絵文字名を入力してください
もちろん私は素人ですから栽培方法に問題もあったのでしょうが、「品種に勝る技術なし」
ともいいますよね汗汗

そこで、世界にはどんな美味しい品種があるのか少し調べてみました。
と申しましても、私は英語もフランス語もドイツ語も全くチンプンカンプンですので
あくまで雰囲気で調べてみました汗汗

日本に導入されているイチジクの品種は約60品種エエェッ!?!?

イチジクは紀元前から栽培されている古~い果物ですから国や地域により名前が違い
例えばブルンスウィックにはマグノリアとかキャッスルケネディーという別名があるそうです。
そんなわけで私には世界にどれだけの品種があるのかわかりませんが まぁ・・・500品種以上は
あると想像します。

その中の一部から独断と偏見を持って25品種を選び出してみたのですが
ほとんど聞いたこともない品種ばっかりでロードスもカロンもバナーネもサルタンも
見当たらないんですうーん

でも・・・・汗汗
25品種の中に Neveralla と Peter'sHoney を見つけました。
Neverallaはアーチペルの別名、Peter'sHoneyはラッタルラの別名だと思います。



そんなわけでアーチペルは私が期待する品種のひとつなんですが今年もまだ果実が付いてな~い えぇ

CA370195アーチペル


スポンサーサイト
[ 2008/06/14 23:58 ] イチジク | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sennin2008.blog61.fc2.com/tb.php/62-2c19f331