雨上がり

暖かな陽気が続き、今日は久々の雨降り。

プラムも元気に新芽を伸ばしてきました。

これは貴陽の接木苗ですが、順調に育っています。


s-P1040252.jpg


2月初旬に10号ポットに植え付けたプラム(太陽)も順調に新芽を伸ばしています。


s-P1040247.jpg


同時期に購入し35日間 裸苗のままビニール袋で保存していたサンプルーンは?

微妙な状態です

3月25日に植え付けましたから植え付けてまだ2週間あまり、まだ可能性はあります。


s-P1040243.jpg



ナイロン袋に無造作に包まれた物体は


s-P1040255.jpg


 先日、接木と挿し木を同時に行ったプラムです。

ちょっと過保護ですが、ペットボトルを被せ、さらにナイロン袋で保湿しました。


s-P1040253.jpg



微妙・・・というか

この先、気温の上昇と共に水分の吸い上げが蒸散に追いつかないでしょうから・・きっと枯れるでしょう


s-P1040254.jpg



スポンサーサイト
[ 2012/04/11 17:35 ] すもも | TB(0) | CM(13)

No title

スモモやプルーンと今まで登場の少なかった果樹種が仲間入りになりそうですね。
接ぎ木挿しはチャレンジングですが楽しみですね。
[ 2012/04/11 20:54 ] [ 編集 ]

No title

スモモの挿し穂は一見問題無さそうに見えます。
違いはカルスの進行ですね。
私もついこの前挿したスモモの葉を半分切り落としました。
カルスの形成までは蒸散は抑えたいですね。
[ 2012/04/11 21:01 ] [ 編集 ]

こんばんは

しお様

接木、失敗は承知の上ですが試してみたくなるんですよ。
展葉する前に発根させる方法があれば上手くいくんでしょうかね。
[ 2012/04/11 21:36 ] [ 編集 ]

こんばんは

日本一の果実様

なるほど、水の吸い上げをより蒸散を抑えるって方法ですね。
私も展葉の様子を見ながら葉を切り落としてみようかな。
[ 2012/04/11 21:40 ] [ 編集 ]

展葉する前に発根させる方法

実は、私もそれを狙って、挿し木の加温育苗器をこの冬に自作しました。
これは工夫も何も、挿し木床の下から加温して土中の温度を20℃にして、挿し木上部は部屋の常温にさらしておくという単純な発想です。
いただいた穂木もそれに挿しました。
今のところ順調に育ってはいるようですが、はたして発根しているかどうか?
いま見た感じだけでは、温室で普通に管理した挿し木苗とほとんど差は無かったです。
加温育苗器、あまり画期的なものではないようです(-_-)
いずれまた写真で報告します。
[ 2012/04/11 22:14 ] [ 編集 ]

Re: 展葉する前に発根させる方法

村長様

おおっ!
そうでしたか、加温育苗器は接ぎ挿しの試験でしたか。
外気温と土中温度と湿度、このへんの組み合わせでしょうね。
加温器、面白そうですよ、また結果をアップしてくださいな。
そうそう、高価なヒーターを使用されなくても100W電球で代用できませんか?
[ 2012/04/11 23:11 ] [ 編集 ]

No title

例の裸苗、芽が少し緑色になってきているように見えますね。
この後どうなるのか楽しみですね(^^)
[ 2012/04/12 07:13 ] [ 編集 ]

こんにちは

りょっつぁん

そう、少し緑っぽくなってきたでしょ。
枝は生きてるかも・・・あとは根の部分が生きてたら
きっと展葉するかも。
もう少しで結果がでると思います。
[ 2012/04/12 17:52 ] [ 編集 ]

加温育苗器について

仙人さま

>高価なヒーターを使用されなくても100W電球で代用
>できませんか?

代用は何だっていいと思いますよ。
目盛つきのサーモスタットと組み合わせれば、管理は楽です。

でも、イチジクの挿し木は無加温ハウスか部屋の中で十分に思いました^_^;
結果は本日UPしましたのでご覧ください。
[ 2012/04/12 22:17 ] [ 編集 ]

Re: 加温育苗器について

村長様

拝見しました。
以前の画像で接ぎ木テープでまかれた穂木があるように見えたのですが
接木と挿し木を同時にされたんじゃ無かったんですか?
接ぎ挿しには加温器の効果ありと思ったのですが。
[ 2012/04/12 22:50 ] [ 編集 ]

接ぎ木の魅力

仙人さま、こんばんは。

私は今冬から接ぎ木に取り組みました。
イチジク挿し木するとき、バイオチェリーの接ぎ挿しをしました。
なんとなく芽が出ているので期待はしています。
最近の様子見ていると、かなり期待できそうにも思っています。

土中を加温する試みがうまくいったかどうか?
検証するには様々な比較条件の挿し木をしておくべきでしたし、
余分に挿して、ときどきぬいて見ることもするべきでした。

来年は、もう少し研究らしいものをやってみるつもりです。

接ぎ木がうまくできるようになると、ハイブッシュ系ブルーベリーは
全てホームベル台に出来て、栽培が楽になるし、持ち品種の維持も、
楽になります。イチジクもネコブ恐くなくなるかもしれないし、他にも
いろいろ栽培がずっと楽にできるようになってきそうです。
[ 2012/04/13 19:57 ] [ 編集 ]

Re: 接ぎ木の魅力

村長様

やっぱり接ぎ挿しに挑戦されたんですね。
地温と湿度と外気温、この辺が微妙なんだと想像してます。
何かの本で読んだのですが葡萄の接ぎ挿しの地温は30度だったような?
違ってるかも知れませんので、いつか師匠にたずねてみます。
[ 2012/04/13 22:34 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/04/14 09:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sennin2008.blog61.fc2.com/tb.php/649-96397ed9