3月に試した接ぎ挿し、きっと枯れるだろうと思い過保護栽培をしました。

ペットボトルを被せ、ナイロン袋を覆って1ヶ月以上たちます。


s-P1040253.jpg

s-P1040255.jpg


一昨日、ナイロン袋を開いてみると、葉が痛んでました。

気温上昇による痛みなのか過湿による痛みなのか不明ですが早く過保護栽培を止めなきゃ

と思い、ペットボトルを外すと・・・あっという間に葉が萎びてしまいました。

そこで雨降りで湿度の高い日を待って、今日ペットボトルを外しました。



s-CA3F0186.jpg



枝を整理しなんとか生きてます



s-CA3F0187.jpg







スポンサーサイト
[ 2012/05/02 22:53 ] 接木 | TB(0) | CM(2)

No title

接ぎ挿し、成功されたようですね。
かなり手厚い保護が功を奏したのでしょうね。
一方、私めのほうは、接ぎ挿しは全滅でしたv-12

例の加温器で温度をかけたので葉の展開はすぐに始まったの
ですが、4月中旬に弱り始め、本日で全て赤くなりました。
過保護のしかたが違ったのですね。
葉っぱからの蒸散で枝が弱ったのかなあ?

居接ぎの方とイチジクの挿し木は100%でした。
接ぎ挿しの難しさと言うか、壁みたいなものを感じました。

4月上旬にはリンゴの接ぎ挿しもやってみました。
やはり葉の展開は始まっていますが、今度は葉を切るとか、
ビニール袋かぶせて保護してみます。

しかし、こういう試行錯誤って楽しいですね^_^;
やめられませんねv-255
[ 2012/05/03 21:27 ] [ 編集 ]

こんばんは

村長様

そうでしたか接ぎ挿し上手くいきませんでしたか。
残念でしたね、上手くいけばマネさせていただこうと思っていまのですが。
そう、試行錯誤が面白いんです。
毎日眺めてニヤニヤ・・・家族には怪しまれますけどね。
[ 2012/05/04 00:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sennin2008.blog61.fc2.com/tb.php/659-f3279b4d