雪桃が重症

この春、庭の桃の木に石灰硫黄合剤を散布しなかったため
縮葉病に感染し瀕死の重傷絵文字名を入力してください

品種名は河北雪桃といい平均果重350~400g、果頂部が突起し(桃太郎にででくるような桃)
果皮色は黄白色、果肉は乳白色で最高糖度はなんと24度、成熟期は11月中旬で貯蔵性に
優れ2月初旬まで貯蔵可能と言われています。

中国より苗木を譲り受け、山口県だけに栽培が許されている肥城桃の糖度がたしか17度。
そして食味ナンバーワンと言われている新品種白麗は、この肥城桃大久保を掛け合わせて
生まれた品種です。

糖度と栽培難易度は肥城桃より優れているのですが汗汗
この雪桃、未だ収穫できないので本物かニセモノかは不明汗汗
でもきっとニセモノ(何かの実生)の予感がします。


雪桃の起源は1948年に河北省易県で発見された偶発実生だと言われています。
長い間雪桃は重視されておらず1979年に河北省石家庄果樹研究所が調査した時には
雪桃は河北省に15株しか残っていなかったそうです。
この非常に珍しい桃が発展しなかった理由は生育期間が長く生育期間中に災害を受ける
機会が多いからだそうです。

桃の場合、収穫1ヶ月前くらいから果実の肥大が急速になり、この雪桃も
10月頃から肥大が始まるのですがなぜかその頃 我が家の桃は落下してしまうんですうーん



CA370246.jpg


スポンサーサイト
[ 2008/06/19 23:46 ] その他果樹 | TB(0) | CM(2)

No title

可愛そうに・・・親がこれじゃ、子はつらい・・・  
確かにあの味では、ニセモノの可能性がv-239
[ 2008/06/20 08:11 ] [ 編集 ]

No title

先生が島流しの刑により我が町においでになった時に
試食された雪桃は10月中旬に落下した桃だったんです。
ですからあの食味はこの品種本来の味ではありません。
[ 2008/06/20 21:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sennin2008.blog61.fc2.com/tb.php/68-2b92f7e0