反抗期

先日、ブロ友さんの反抗期のブログを読み 自分自身の反抗期を思い出しました。


自分のことは書けませんが 思い出したことが・・・



2年くらい前の話

近所に前科13犯(25年くらい前に13犯でしたからもしかして増えてるかも)

のおじいさんが住んでいるのですが、所要でおじいさん宅へ行った時の話。


部屋にあがると上座の壁にもたれ掛かり昼間から酒を飲んでました。

そして子分が一人身の回りの世話をしてました。

加齢と病気で痩せてしまい若かりし頃の迫力は無いのですが

老人になっても不良の匂いを漂わせてました。


親分  久しぶりだなぁ~、まぁ1杯飲めよ

私  いえいえ、まだ仕事がありますから

親分  昔、オマエのお父さんと一緒に入ってたことがあったよなぁ

私  その節は色々お世話になりました。


子分  あっ 父上は親分と一緒に入ってられたんですか?


私  はい、出たり入ったりで足掛け8年くらい入ってました。



(胡坐をかいて座ってた子分が突然 正座し)

子分  8年も入ってられたんですか~

私  ・・・・・  あ~ぁ、一緒に入ってたのは刑務所じゃなく病院ですよ

子分  ぁ・・病院でしたか・・・



可笑しくて可笑しくて吹き出しそうになりました



スポンサーサイト
[ 2013/01/08 00:04 ] 昔話 | TB(0) | CM(12)

No title

それは笑えますね。 コントみたい。
その方面の知り合いはいないのですが、浮かんだイメージは、侠客のような・・・ 鬼龍院花子の生涯の世界が頭に浮かびます。
私も思い出しました。
25年くらい前に、大親分が乗っている車列の先頭車と正面衝突してしまい、三下にはスゴまれましたが大親分と幹部(若頭?)には普通に対してもらった思い出が・・・
[ 2013/01/08 01:04 ] [ 編集 ]

おっと

おもしろいじゃないですか^^
ふつう、病院に入っているって言わないですよ。
入っているといえば・・・お風呂かな^^
[ 2013/01/08 12:19 ] [ 編集 ]

初笑い?

あはは、楽しい記事をありがとうございます。
私もてっきりそちらの方かと思って身を乗り出して記事を拝見してしまいましたよ。(爆)
子分さんが、事実を知ってズッコけた姿が思い浮かびました。
義母宅のご近所さんも元・・だそうですが、いつも義母がお世話になっていますし、義母もお世話していますよ。義理と人情は凄いです!
[ 2013/01/08 17:46 ] [ 編集 ]

こんばんは

olishiba様

車列の先頭車と正面衝突されたんですかe-351
若かりし頃でしょうから きっと焦ったんじゃ・・?
意外と親分のほうが普通のオジサンに見えますよね。
[ 2013/01/08 21:47 ] [ 編集 ]

Re: おっと

わたなべ様

風呂に一緒に入った仲ですか・・・そりゃ変ですよ。

後日近所の方から聞いたのですが、子分は酔うと相手かまわず
包丁で切り付けるそうです。
酔っ払ってなくてよかったな、と言われましたe-351
[ 2013/01/08 21:58 ] [ 編集 ]

Re: 初笑い?

Reveille様

リベイルさんの記事で思い出してしまったんですよ。
じつはこの親分、父が病院で体調を崩した時、「苦しんでいるから病院に来いよ」と
わざわざ私に電話で知らせてくれたんですよ。
13犯でも優しいんですよ。

[ 2013/01/08 22:07 ] [ 編集 ]

No title

実家が自由業だったせいでサラリーマンの子とは遊べず、子供の頃は土建屋とテキヤ(農耕系の◯ヤ=神社の縁日を取り仕切るのが本業)の子が遊び友達でした(因みに高校の同級生である家人の実家も洋品店です)。要は、理不尽であっても、上司の判断には従う~っていう宮仕えに拒絶反応が出る。子供は正直ですから、「家のカルチャーが違いすぎる!」と、直感的にダメでしたね。商店街は隣の小学校の校区だったので、土建屋とテキヤしか自営業者が居らず、なぜか、テキヤが多かった~。当時の遊び友達は、中卒/高校中退後は家業を修行し、やがては社長。

高校のクラブ(ラグビー部)も血の気が多い連中で、他校生徒との喧嘩で警察の厄介になり、退学/停学処分を食らうOBが多かった(警察側での処分の差は、単に、顧問の能力の差!)。遥か上の先輩(無事に卒業していれば、1952年3月卒業)に大親分が居る。戦前はハイソな女学校で、生徒も先生たちも◯ヤは嫌いで、結局、在学中に起こした他校生徒との喧嘩を理由に退学に追い込まれた。なのに、何せ、金持ちだから(梅田地区を牛耳っている◯ヤでした)、記念祝典が有る際にだけ擦り寄って寄付を募る。卒業生と認めないくせに、金持ちのバァサンはズルいです!

クラブの場合は、途中で転校しても在籍すればOBなので、OB懇親会などの行事の際には普通に声を掛けていましたが、末期癌のさなかにも介助者を従えて参加してくれていました。地権関係のややこしい梅田の再開発が進んだのはその人のおかげで、「キタ」を牛耳る親分は高齢になってもド迫力! ◯ヤ映画に出る役者なんかとは「目力」が違う。狙撃防止?で従えていた子分(おそらく、次期親分)も凄かった。まるで、安岡力也の若い頃!(マフィアの子孫だったんですよねー)
一旦、そういう職業に就くと、以後はカタギの人との友人関係が築けないだろうから、数少ない接点を大事にするのでしょう。義理堅く、クラブの集まりに誘うと、可能な限り参加してくれました。
[ 2013/01/11 03:18 ] [ 編集 ]

こんばんは

ocelot様

長いコメントありがとうございます。
ocelot様も若い頃 悪さをやってたのですか。

>カタギの人との友人関係が築けないだろうから、数少ない接点を大事にするのでしょう

う~ん、確かにそんな感じなんでしょうね。
絶対友達は少ないですよ、近所の方も近寄りませんからね。

[ 2013/01/11 21:53 ] [ 編集 ]

こんばんは

ocelot様

おいおい!
そりゃ悪さの域を超えてるじゃありませんか。
外資系の金融機関って怖いですねぇ。
畑や田んぼで泥遊びしてる世界とは全くの別世界ですね。
[ 2013/01/12 22:10 ] [ 編集 ]

こんにちは

ocelot様

なるほど、経営者達の生々しい世界を潜り抜けてこられたのですね。
凡人には潜り抜けられない修羅場でしょうね。
まだ戦われてるんですか、それとものんびりですか。
[ 2013/01/13 11:16 ] [ 編集 ]

No title

世の中の専門家の仕事なんて、そんなもんですよ。
法律との戦いというか。法律の網の抜け目を探すのが仕事。
税理士だって、脱税と節税の差は、捕まるかどうかの差ですからね~!
いや。正確には、例え捕まっても、裁判で勝てば、無罪ですから。

で。こういう戦争と共に、コンサルタントの側面があるのです。
「紺猿」と身内では揶揄していましたが。
ま。紺猿なんて、全くもって、詐欺師そのもの!ですよ。
「カウンセラー」とか、「占い師」よりは、マシだと思っていましたが~。

某 TVでも有名な弁護士の先生は、そうやって、お客に代金を請求する場面「ダケ」が仕事だそうで、実際の法律仕事は全て部下の職員がやるんですねー。

当方は、既に半隠居で、のんびりとさせてもらってます。
週3回×午後だけのアルバイト仕事>某個人商店での帳簿つけ!
4時間の契約が、1時間で終わってしまうのが、困り物。
あとの3時間は忙しそうに働いているフリをして、netしてます(爆
[ 2013/01/14 05:06 ] [ 編集 ]

こんにちは

ocelot様

今は半隠居ですか。
それは良かったですね、あまりに過酷な仕事だと
精神を消耗しますからね。
週3回の4時間、私もそんな半隠居生活が送りたいですが
きっと無理でしょうね。
[ 2013/01/14 12:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sennin2008.blog61.fc2.com/tb.php/743-df1f72be