スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャムおじさん

今年の八朔は果実が小さく 何故か収穫直前にバタバタと落果する。

近所のお婆さんにたずねたら お婆さん宅の八朔も今年は落果してるそうだ。

「夏場に生理落果しなかったから今頃になって落果するんじゃないの?

夏場の天候が影響してるかも・・・?」なんて言ってました。



我が家の婆さんも、今年の八朔はダメだ!と言い、収穫さえしない。

勿体無いので、先日私が収穫しました。


ジャムおじさんの登場ですよ



小さな八朔4個です


s-P1050430.jpg


皮は苦味を取るため あらかじめ湯通ししました。(昨年のジャムは苦かった)

780グラムの果実に300gの砂糖を加え煮詰めました。



s-P1050432.jpg


できあがりました



s-P1050434.jpg


色は綺麗なんだけど、やっぱりちょっと苦い 何でだろ・・・




スポンサーサイト
[ 2013/01/27 18:28 ] ジャムおじさん | TB(0) | CM(24)

おいしそう

苦味も美味しさのうちでしょう。少しほろ苦いマーマレードが好きです。とてもきれいな色をしていますね。瓶もかわいらしくて、すてきです。
[ 2013/01/27 19:51 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/01/27 19:57 ] [ 編集 ]

Re: おいしそう

はるみ楓様

苦味も美味しさのうち・・・
たしかに、大人の味のジャムってことにしますか。
なにか忘れてしまったと思ってましたがペクチンのことを
忘れてました。
どうしたら美味しく出来上がるか、またトライしますよ。
[ 2013/01/27 21:55 ] [ 編集 ]

八朔ジャム作り、難しいですね。

果樹がたくさん取れると加工を考えねばなりませんよね。
八朔のようにクセのある果樹は難しいのかな?
それとも八朔ジャムってあんまり店頭で見たことないし、もともとジャムに向かないものなんでしょうかね?
[ 2013/01/27 23:03 ] [ 編集 ]

No title

何となく味が分かります。
皮を湯通しされていると言うことで研究されてますね。
八朔ですと皮は入れてもこの1/10程度にしないと苦みが勝るかもしれません。
[ 2013/01/28 05:15 ] [ 編集 ]

No title

とあるジャムおばさんの話では一晩水につけた後
その水を全部捨ててお湯に入れて沸騰させてから10分ほど煮こぼすを3回繰り返すそうです。

先日ジャバラでマーマレードを作ったのですが
普段より多めの砂糖を入れたにもかかわらず
すごい酸っぱさで誰も手を出しません(T_T)
おかげで1人で食べてます。
[ 2013/01/28 07:11 ] [ 編集 ]

尾張の方でもジャム作りが・・

ほろ苦さも柑橘系のマーマレードならではの味覚ですね。
尾張のジャム作り名人も大量に仕込んでいました。
果樹栽培家さんには意外と料理好きが多いんですかね。(^_^)
[ 2013/01/28 08:08 ] [ 編集 ]

Re: 八朔ジャム作り、難しいですね。

村長様

ジャムに向かないんでしょうかねぇ。
でも苦味があって大人のジャムかも知れませんよ。

[ 2013/01/28 18:33 ] [ 編集 ]

こんばんは

日本一の果実様

皮をそんなに減らすのですか。
今回作ったジャムはほんの僅かですから また試行錯誤で作ってみますよ。

[ 2013/01/28 18:35 ] [ 編集 ]

こんばんは

りょっつぁん

一晩水には漬けてませんが、沸騰は3回繰り返したんですよ。
そうか、誰も食べないジャムを作るのも独り占めできて
悪くないですね。
[ 2013/01/28 18:41 ] [ 編集 ]

Re: 尾張の方でもジャム作りが・・

しお様

>果樹栽培家さんには意外と料理好きが多いんですかね

と言いますか やっぱり自分の栽培した果物は生食以外の方法でも
食べてみたくなるのんですよ。
私の場合は消して料理好きではありません。
[ 2013/01/28 18:44 ] [ 編集 ]

No title

こちらの記事で苦みが・・、と書かれていたので、ちゃっかり記事リンクさせていただきました。
昨年末、イチジク農家さんが、イチジクの加温栽培をしているハウスのビニールを張り替えるから、全部残りをもいだのよ、もしコンポートとかに使えるものは使ってみて~、って、木になっていたものを未熟果を全部私にくれました。
一度煮ただけで、指で押せば潰れる程度までは熟している未熟果は、甘露煮にしても苦くありませんでした。もの凄く美味しいコンポートができました。
が、押しても潰れないくらいのものは、3回にこぼしても、苦みが取れないまま。しかもほろ苦いとかのレベルじゃなくて、許容範囲を超えておりました。(^ ^;)

こちらの果実の場合は、寒波と未熟の度合いの方からくる苦みの様な気がしますが、来年は完熟期の寒さ対策と雨避けと、春~初夏にかけての2度の施肥の2週間前の石灰投入で、苦みなしはっさく・・、なんて駄目ですかねぇ・・。
仙人さんは大人の味がお好きな様なので、苦みは平気みたいですね♪
[ 2013/01/29 02:57 ] [ 編集 ]

こんばんは

リベイル様

色々と勉強されてますねぇ。
イチジクの未熟果はコンポートにしても苦いんですか、知りませんでした。
詳しく書きませんでしたが、八朔の皮の苦味が取れないんですよ。
果肉は普通に酸っぱいだけでしたから。
[ 2013/01/29 18:18 ] [ 編集 ]

ジャムソーダ

ちょっと苦味のある炭酸飲料で、キリンの泡というのがあるのですが、ご存じでしょうか。
その苦味を生かしてジャムソーダにしてみたら、美味しいかも知れないと思います。
[ 2013/01/29 19:19 ] [ 編集 ]

No title

苦かったですか?
レモンの場合ですけども、皮の苦み抜きは20倍量の水で煮こぼし2回やります。皮の切り方が厚いのでは? 私はスライサーを使います。
ペクチンは皮の端っこ部分と袋(苦み抜きします)に4倍量の水と果汁を加えて、袋がズルッとするまで煮ます、それからクッキングペーパーでろ過するのです。

苦み抜きをしたまん中部分の皮と果汁とペクチン液と砂糖・・・・プルーンとした八朔のマーマレードが出来ると思います。
[ 2013/01/29 21:35 ] [ 編集 ]

Re: ジャムソーダ

はるみ楓様

キリンの泡、知りませんでした。
炭酸飲料にジャム なんか美味しそうですから今度試してみますよ。
[ 2013/01/29 22:09 ] [ 編集 ]

こんばんは

あらまつ様

私の作り方より複雑なんですね。
ペクチン液は別に作るんですか。
皮をあまり煮詰めるとペクチンが無くなってしまうんじゃぁ・・と思ってました。
元祖ジャムおじさん!!
ひとつ教えて下さい。
果汁、と書いてありますが、袋から取り出した果肉をそのまま加熱するんじゃなく
果肉を液体にするんでしょうか?
[ 2013/01/29 22:16 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/01/30 02:07 ] [ 編集 ]

発色が綺麗

苦みがあって美味しそう、少しの苦みが良いんだけど..
苦すぎると荒行状態かな?
3ヶ月ほど経つと味がなじむかも知れないですね、
[ 2013/02/02 20:00 ] [ 編集 ]

Re: 発色が綺麗

puzzley様

なるほど、寝かせると苦味が抜けて美味しくなるかも。
でももう少ししか残ってませんから もう一度ジャム作りに
チャレンジしようと思ってます。
[ 2013/02/02 22:05 ] [ 編集 ]

簡単な苦み抜きの方法です

初めまして、クリスティーと申します。
紅茶屋をやっているのですが、近所の農家さんにビオレソリエスを植えて頂いています。
・・・が、なかなかソリエスの糖度が上がらず、色々検索していてこちらに辿り着きました。

過去記事をずっと読ませて頂いていましたが、苦み抜きはちょっとしたコツなので一度お試しください。
茹でこぼして新しい水に変えますよね、その時に茹でた皮をギューっと絞ってから新しい水に入れるんです。
茹でこぼす度にやって下さい。
私は3回位茹でこぼしますが、皮を齧ってみて全く苦みが感じられなくなるまでは繰り返した方が良いです。

あと、ペクチンは種を小さな鍋に入れてひたひたの水を足し、10分ほど煮ます。
煮汁を濾したものをママレード用の柑橘と一緒に煮れば、程良いとろみが付きますよ。

ブログをお止めになってしまったようなので、もしかしたら見て頂けないコメントかもしれませんが・・・。
過去記事、参考にさせて頂きます。
大変勉強になります、どうも有り難うございました。
[ 2013/11/05 21:08 ] [ 編集 ]

Re: 簡単な苦み抜きの方法です

はじめましてクリスティー様

数日前より八朔が少しづつ色づき始め今年もジャムを
作ろうかな・・・なんて思っていたところでした。
皮をギュッと3回絞るんですね。
その方法、今年試してみます。ありがとうございました。

ビオレソリエスの糖度があがらないんですか。
ソリエスは暖かい地方向きの品種ですから、私も地植えしていますが
意外と難しい品種ですね。
頑張って下さい。
[ 2013/11/05 22:23 ] [ 編集 ]

あらあら・・・

読んで頂けたんですね、良かった良かった。

画像を見ていて気が付いたのですが、白いワタを綺麗に取ってあるようですが勿体ないので取らなくても良いですよ。
売り物にするのなら色が綺麗に仕上がるので取ってしまっても良いのですが、量が減っちゃうし折角収穫したのに勿体ないですもんね。(それに楽ですし。笑)
ワタが付いたままでも苦味はきちんと取れますから、どうぞご心配無く。

果実は薄皮を取って3つ位にちぎり、刻んだ皮と一緒にお砂糖を入れて煮ていきます。
その際、お砂糖は3回位に分けて15分おきで入れます。
最初にドサッと入れると、びっくりして硬くなってしまう事がありますので。
私はレモンの搾り汁を少し入れて煮ますが、その方が香りが華やかになり八朔や夏ミカンの良さを引き出してくれる様です。

コメントの返信をどうも有難うございました。
急に寒くなりましたが、お体に気を付けてお過ごしくださいね。
[ 2013/11/06 11:39 ] [ 編集 ]

Re: あらあら・・・

クリスティー様

そうでしたか、白いやつは取らなくても苦くならないんですか。
砂糖は3回に分けていれるんですね、そういえば私は一度に全部入れてましたわe-351
今年はこのレシピで試してみますよ。
[ 2013/11/06 23:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sennin2008.blog61.fc2.com/tb.php/748-85928f51






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。