スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ワープ

今回は2つの台風が日本列島に接近中です。

なんか前回とコースが似てるけど、被害が無いことを祈りましょう


むかし、中学生の頃でしょうか・・・

気象に興味があり、通販で天気図用紙を購入し短波ラジオの気象通報を

聞いては天気図を作ってたことがありました。


「石垣島 南南西の風 風力3 晴れ 1012mb 気温25度」

てな感じのラジオ放送です。

この自分で作った天気図用紙と夕方の天気予報を比較するんですよ。


異様な趣味だって、

そうです当時も今も趣味は異様です


そんなわけで、子供の頃から天気予報は毎日欠かさず見てたのですが

いつ頃だったか・・・

日本列島に2つの台風が接近した時のこと、ひとつの台風がワープし

もうひとつの台風と合体したんですよ。

台風とはワープするものなのか・・・と驚いたことがありました。




ワープといえば

これも中学生の頃ですが、何かの本に「ナメクジはワープする」と書いてあったんですよ。

ナメクジは川を渡れない、ではどうやって川を渡り生息範囲を広げるのか?


草の先端まで登り、向こう岸の草にワープすると書いてあったんです。

先端まで上り詰めたナメクジは対岸の草に向けて糸のようなものを出す。

するとナメクジの姿が少しづつ薄くなり対岸の草には 少しづつナメクジの姿が

現れてくるそうです。


ホッ本当かいな・・・


中学からの帰り道

何度も実験をしました。

ナメクジを枝を使って草の先端まで追い詰めるんです。

先端まで到達したナメクジはどうするか? 

体のくねらせて方向転換をしようとするんですよ。

そこで方向転換させないように枝を使い軌道修正をさせるのですが

ナメクジはノロマですから非常に時間を要する実験でした。


結果はどうなったか??






時間の無駄でした






スポンサーサイト
[ 2013/10/23 21:27 ] 昔話 | TB(0) | CM(28)

こんばんは、その台風かどうか記憶は曖昧ですが・・・

合体した台風って、その後分離して新たに小さな台風ができませんでしたっけ?
こどもの頃、自分の住んでいる地域の近くで、急に台風ができて驚いたのをなんとなく覚えています。

台風でまた、被害がでなければ良いのですが。
[ 2013/10/23 21:47 ] [ 編集 ]

宿題

理科の宿題でラジオを聴きながら天気図を書いた思い出があります。
今度の台風、大きな被害がないといいですね。
[ 2013/10/23 23:50 ] [ 編集 ]

台風合体

仙人さま
趣味が同じですね。ミリバールと呼ばれていたころが懐かしいです。
台風の合体ですが,2年前にもありましたよ。ニュースでは,「吸収されました。」
と表現していたと思います。
[ 2013/10/24 08:47 ] [ 編集 ]

ワープはしませんが

ナメクジのワープ・・・ですか。そりゃ~、宇宙戦艦ヤマトの観すぎでしょう!!

でも、洋蘭をやっていた時代の経験ですが、
ナメクジは、温室の天井から、吊るしている鉢に、雹や霰の様に、降ってきます。
あと、無精増殖もしますが、有精増殖もするので、
糸でぶら下がりながら、ヤってたりもしてました。

現在の日本の主流は、1970年台に帰化した、ヨーロッパ原産のチャコウラ・ナメクジですが、
本家のヨーロッパでは、もっと巨大なアフリカ産のナメクジが進出している由です。
数年前に、イギリスから、宿根草を輸入したら、
梱包資材の「山苔」にナメクジの卵が付いていて、検疫で送り返され、受け取れ無かったという
苦い経験があります。今年も、もうすぐ、届くのですが、無事に届いてくれよ~!!

天気図。はるみ楓さんと同じく、小学校時代に、理科の授業で、
ラジオ放送を聞いての天気図描き!っていうテーマの回が、2~3回、ありました。
その時、妙に、上手な子が居ました。きっと、仙人様の様な子だったのでしょう。
[ 2013/10/24 10:56 ] [ 編集 ]

ナメクジ....

(ナメクジのテレポーテーション)
たしか小学生のころ見たテレビアニメ(鉄腕アトム?)のなかでナメクジに山盛りの塩をかけるとナメクジは溶けて消えたように見えるが実は別の場所にそっくりそのままの形になって現れるなんて場面を見たことが記憶に残っています。
 さっそく翌日庭のナメクジに大量の塩をかけたら ただブクブクと泡立ってきて気持ち悪くなって瞬間移動の方はどうでもよくなってしまったなんて ことを思い出しました。宇宙戦艦ヤマトまではワープという言葉を知らなかったので、当時はテレポーテーション(?)だったかな...。
[ 2013/10/24 18:09 ] [ 編集 ]

天気図

>石垣島 南南西の風 風力3 晴れ 1012mb 気温25度
懐かしい響きですね。昭和40年代前半ですが、小生は水産高校で
無線通信科の教員をしながら実習船の通信士もしていました。
今の様に通信機器が発達をしていなくて、仙人の如き天気図を書いて
いたんですよ。ただ、南太平洋から帰港近く(1週間位)なると短波
放送の天気図を頼りにしていたのです。
FAXが未発達で、無線で送られてくる信号を金具の針が印字紙に塗られた
薬品を焼く様にして天気図(真っ黒くなって見にくい・モノカラー)が
かろうじて判明?程度の時代。薬品の焦げる匂いと煙で無線通信室には
居られず、外からポールドという窓で確認、息を止めて目に涙を浮かべ
ながら通信室に入り、受信信号が弱くなると真っ黒くなってしまう為に
チュウナーを合わせながら強い信号を捉えるという原始時代の様な
懐かしい思い出があります。
[ 2013/10/24 21:36 ] [ 編集 ]

こんばんは

MU-様

合体した台風が小さな台風に分離したのですか・・・v-12
じつは記憶が曖昧で詳しく覚えてないのです。
でも不思議ですよね~
[ 2013/10/24 23:41 ] [ 編集 ]

Re: 宿題

はるみ楓様

へぇ~そんな宿題があったのですか。
あれっ?もしかして私も理科の宿題で天気図を描いたので
興味を持ったのかも知れません。 
記憶が曖昧な年頃になってしまいましたわ。
[ 2013/10/24 23:45 ] [ 編集 ]

Re: 台風合体

わたなべ様

趣味が同じなんですか・・・私から言うのも変ですがそれは危険ですぞ。
2年前にもあったとは知りませんでした。
吸収と表現するのも知りませんでしたが、やっぱりワープでしょ。
[ 2013/10/24 23:48 ] [ 編集 ]

Re: ワープはしませんが

ocelot様

もっと巨大なナメクジをいるんですかv-12
アフリカは未知の生物の宝庫ですからね。

洋蘭を輸入されてるんですか、検疫ってどこまでやっているんでしょうね。
全ての荷物を検査するとは思えないのですが。
私は腐ったイチジクの苗が届いたことがありました。
よく検疫を通過したもんだ!と驚きましたよ。
[ 2013/10/24 23:58 ] [ 編集 ]

Re: ナメクジ....

越後のポン様

おぉ~v-364
そうです、テレポテーションでした。
数十年ぶりに聞く言葉ですよ。
宇宙戦艦ヤマトまではワープという言葉なかったんでしょうね。
[ 2013/10/25 00:27 ] [ 編集 ]

Re: 天気図

Yaizu様

コメント返信が遅くなりました。

へぇ~ 実習船で通信士されてたのですか。
Yaizuさんは何でもできるんですね。
短波放送でいまでも気象通報してるんでしょうか、石垣島 南西の風・・・・
私もこの響きを時々思い出しますよ。


[ 2013/10/25 08:48 ] [ 編集 ]

アフリカのナメクジ

>洋蘭を輸入されてるんですか
今はもう「洋蘭」ではなく、「アジサイ」と「ヘレボルス(日本語名=クリスマスローズ)」です。
前者は「樹木」、後者は「宿根草」ですので、検疫の厳しさが段違い!
もちろん、樹木のほうが厳しいです。樹木は、果樹と、ほぼ同じです。

検疫は「サンプル検査」なのでしょうかね~? それとも「全品検査」なのか、よく判りません。
検疫証明書を取らないで送れ!と依頼した植物の話が、色んなblogに載っていますが
日本の検疫証明書は無料ですが、外国では結構なお値段がしますからね~。
イギリスだと、20ポンドとか、25ポンドとか聞きます。
日本円に換算すると、それぞれ、£20=¥3,150円、£25=¥4,000円程度ですから!
某 超有名ヘレボルス店さんに至っては、£40.50=¥6,375円もチャージされました(怒)
(※なのに、ここからの荷物には、カビにまみれていました>即、クレーム!!)
何かとコワイので、毎回、検疫証明書(phytosanitary certificate)は取ってもらうように、依頼していますが。

アフリカのは、これですよ、これ!
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-423.html
http://ameblo.jp/hideameblo/entry-10716052551.html
[ 2013/10/25 18:19 ] [ 編集 ]

Re: アフリカのナメクジ

ocelot様

こんなナメクジが果樹のまわりをウロウロしてたら食欲ダウンですわ。

アジサイとクリスマスローズを輸入されてるんですか。
検疫証明書無しで入国できるんですか。
なんか色々裏技をお持ちのようですね。
私もちょっと調べてみます。
[ 2013/10/26 12:26 ] [ 編集 ]

phytosanitary certificate

送る場合には、phytosanitary certificate は、必須ですよ。
宿根草で、小さな苗だったりするので、普通郵便で~という輩も多いのです。
クリスマスローズ関連のblog を読んでいると、よく、出て来ます。
税関で、運良く、開けられなければ・・・って、ヤツ。
良心的な業者さんは断りますが、とにかく売りたいっていう人は、ね~・・・。

アジサイの場合には、樹木だし、デカいし、そういう事はできないので、
相手国側で、日本基準の検疫体制を持っている、オランダから購入しています。
アジサイの requirement は、1年間の「継続検疫(栽培地検査)」です。
(検疫官が、どのくらいの頻度で、その農場を訪れるのかは知りません。)

逆に、日本で、アジサイについて、EU基準の「継続検疫」を満たしている生産者は、1人も居ません。
なので、最新品種のアジサイを入手したいーという、欧州圏の花友さんにも
送ってあげる事ができません。

自分が行く際に持ち込むという、空港検疫ならば、また、違うんですけどね。
クリスマスローズの場合には、絶滅の危機にも瀕していない、単なる宿根草なので
土を完全に落とし(根を洗う)、空港で検疫官に、植物名を告げて、見せるだけです。
この場合には、phytosanitary certificate は、必要ありません。

アジサイは根を洗った後で、その殆どを(ほぼ根本まで)切り落として、
「切り花」として、持ち込みます。
切り花も(殆どの植物では)、検疫で見せるだけで、通過できます。
ウイルス病や深刻な疫病を持っている果樹なんかでは、出来ないでしょうけど。
[ 2013/10/26 18:19 ] [ 編集 ]

ocelotさん、アフリカと言えばアフリカマイマイがあまりにも有名ですが、アフリカのナメクジも怖かったりするのですか?

仙人さん、天気図がお好きでしたか。
確かにYaizuさんがおっしゃる様に"石垣島 南南西の風 風力3 晴れ 1012mb 気温25度"はとても懐かしいですね。台風と言えばよく停電も付きものだったからラジオの声を聞きながら雨戸まで閉めて真っ暗な部屋にロウソクの灯りで子供心に不安な時間・・、が何となく定番だった気が・・。
今でこそ少し慣れましたが、SI単位のヘクトパスカルで言われるよりもミリバールで聞こえて来る方が気圧の高低のニュアンスでバンバン伝わって来る感じがしたのを覚えています。最初はヘクトパスカルが凄く違和感がありました~。(笑)

mbもそうですが私は未だにエア圧の単位は昔の【Kgf/cm2】じゃないと圧のイメージが湧かない人です・・(^ ^;)だから実家の母が自宅で酸素療法を始めていた頃、酸素ボンベと共に外出させる時に計器の圧の単位に戸惑いました。
[ 2013/10/26 19:34 ] [ 編集 ]

Re: phytosanitary certificate

ocelot様

こんなに詳しい方が身近に居られたとは驚きました。
ocelot様は何者なんでしょうね(笑
オランダには継続検疫(栽培地検査)をして下さる業者が居られるんですね。

裏技を伝授して下さい。
また後日メールでおたずねしたく思います。
[ 2013/10/26 22:57 ] [ 編集 ]

こんばんは

Reveille様

私は今でもミリバールと読みますし、Kgf/cm2です。
子供の頃に教わったのですから間違いございません。
中国の人口は4臆でビルマって国もありました。

[ 2013/10/26 23:00 ] [ 編集 ]

マイマイとナメクジ

マイマイとナメクジは、親戚ですからね。殻が有るか無いか。薬剤も同じだし。
アフリカ産のナメクジは、南欧には、早くから居たらしいですが
なかなか、アルプスが越えられずだったのが、越えたみたいですね。
イギリスやドイツにも出没しているらしいです。
耐寒性は有るのでしょう。
本当にデカくて、手~肘くらいまでの長さがある個体も居るらしいです。

豹柄模様の↓マダラコウラナメクジ(欧州産)もデカいですが(10~20cm)
マニアさんの頁:http://blog.livedoor.jp/antroom/archives/51499772.html
勢力図的には、それが、負けてるらしいですから。アフリカ君に。

>オランダには継続検疫(栽培地検査)をして下さる業者が居られるんですね。

園芸は、オランダの国家ビジネスですからね。国も、全力で、バックアップしてます。
翻って、日本でも、香川県や千葉県は、盆栽の生産地として、輸出に力を入れてはいますが
そういう、法的な整備まではイマイチで、
松やら何かの、盆栽で有名な植物には対応できても、守備範囲が狭いですね。
Webで、「盆栽輸出のベテラン!」、と宣伝していた千葉の業者に
連絡をとってみましたが、やはり、アジサイは扱っていないとの事でした。
(んな事だから、盆栽@輸出額でも、中国に負けるんだ!)

今春、鎌倉で、国際アジサイ会議というのに参加したところ
いろんな国の人(研究者さんや、栽培業者さん)から、
「アジサイの幅広い品種を、切り枝でも良いから、輸入したいのだが~」と相談されたので、
web検索して、アジサイ栽培業者や盆栽業者の何軒かに当たってみたのですが、全滅でした。
約10年前に、ベルギーの花友にXmasプレゼントで贈ろうとした時も全滅でしたが、状況は変わらず・・・。
仕方が無いので、関西圏の、超有名な plant hunter氏の会社を紹介しましたが
その後、何も言ってこないので、金銭的な条件が折合わなかったのでしょう。

欧州圏では、フランスが先進国(世界で最初にアジサイを人工交配したのはフランス人!>明治時代の話)
イギリスは、いかにも原種!って感じの、素朴な品種が好きです。
最近は、温暖なイタリアが頑張っていて、国営の研究所で、栽培業者への援助体制を敷いています。
何と!、アジサイをメリクロンで大量増殖したりもしているらしいです>切り花用。
日本では、アジサイをメリクロンなんて、誰もしないですけどね(イチジクと同様に、挿し木で十分!)
イタリアでは、1品種を、千株単位で栽培してるらしく、1つの畑が、全部、同じ品種とかいう感じ。
確かに、そういう大規模なら、チマチマと挿し木するよりも、工場でメリクロンする方が楽ですわね。

群馬の坂本園芸さんの「ミセスクミコ」がオランダのフロリアードで金賞を受賞(1992年)して以来、
アジサイはブームで、件の国際会議の際も、多数の観光客が鎌倉に詰めかけていました>アジサイ寺など。
昨今の注目株は、島根県の農業試験場が開発した「万華鏡」という名前のガクアジサイです。
パテント採っていて、島根県以外の農家には栽培を許可しないので、出廻らない商品。
八重咲きのテマリ咲き↓品種です。
http://www.pref.shimane.lg.jp/industry/norin/seisan/engei_shinkou/shin_hinsyu.html
[ 2013/10/27 06:30 ] [ 編集 ]

Re: マイマイとナメクジ

ocelot様

ナメクジを置いといて、アジサイ相当詳しいんですね。
アジサイのことは全くの無知ですが、きっと世界中で熾烈な新種開発が
行われてるんでしょうね。
万華鏡、拝見しましたが こりゃ 人気になりそうですよ。
いつか市場に出回るようになれば一度見てみたいですね。
[ 2013/10/27 22:35 ] [ 編集 ]

>きっと世界中で熾烈な新種開発が行われてるんでしょうね。

他の業者が、栽培場に盗みにやって来る・・・なんて話は、しょっちゅう聞きます。
アジサイも、ヘレボも。
某オランダの通販業者は、その熱心なお客に、植物園見学させて欲しい~との名目で
フランス・アジサイ協会のアジサイ園を訪れた際に、
裏で、せっせと、plant hunting していたのがバレて、出入り禁止処分になった由。
ま~、バイキングの末裔ですからね。盗みや略奪は、日常行為なのでしょう(爆)

「アジサイ」は(一般に)挿し木増殖ですから、種苗法が改正されてからは、「種苗登録」できるようになり
随分と、品種開発者の権利が守られるようになってきました。
「薔薇」も接ぎ木増殖ですので、「種苗登録」も「商標登録」もやってきます。

でも、ヘレボは実生増殖が主体なので、同一性の担保という点で種苗登録が難しく、
そうなると、「名前」を守るしか無いのですが、殆ど、「商標登録」をしませんね~。

稔性が無い「種間交雑種」はメリクロン増殖なので、外国人は律儀に種苗登録してきます。
おそらく、するのが当然だと思っているんでしょうね。本国の慣習に従い。
日本人は、なかなか、その、登録費用を負担するという気にはならないようです。
[ 2013/10/29 04:44 ] [ 編集 ]

こんばんは

ocelot様

なるほど、バイキングの末裔だから略奪は得意なんですね(笑

種苗登録も商標登録ももっと簡素化できると思うのですが
登録方法の説明書を読んでると「面倒だから個人は登録するな」
って暗に言ってるように思えてしまいます。
A4用紙1枚の登録に説明文が100ページもあるなんて信じられませんよ。
規制改革が必要ですよ。
[ 2013/10/29 22:19 ] [ 編集 ]

弁理士を雇え!っちゅう事でしょうか?>業界保護

登録だけなら、各々、数万円で出来るハズなんですけどね~。
 種苗登録 http://www.hinsyu.maff.go.jp/info/ryoukin/ryoukin.html
 商標登録 http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/touroku/pdf/noufu_touroku/t2_2.pdf
[ 2013/10/30 16:47 ] [ 編集 ]

こんばんは

ocelot様

ちゅう事だと解釈しました。
じつは数年前商標登録を試しにやってみました。
1回目は成功、2回目は却下。

提出日、あて先、出願番号、役務の区分、住所氏名
たったこれだけの記載に なんであれだけ複雑な説明文が必要なのか
理解できませんでした。

[ 2013/10/30 17:59 ] [ 編集 ]

類似商標があると、却下されますからねー。
そゆーのを、事前に調べるってのも、(商標担当の)弁理士のお仕事です。
文字ではなく、「記号」や「絵(図)」の商標の審査は、
壁に、ずら~っと貼っていって、似てるものを、叩き落とすんだ~とか聞きました。
ま。
一瞬で見て、似てるかどうかの判断ってのは、そういう、人間の目が役立つのでしょう。
と言っても、20ン年前の、友人が弁理士になった当時の話ですから、
今はもう、コンピュータを用いて、類似性の審査をしているのかもしれません。

ちなみに、その友人は、アメリカに移住し、アメリカの弁護士資格をとり
(アメリカでは、弁護士と弁理士とは、資格的に、分かれていないのです)
バービー人形で有名な「マテル社」に勤めて、商標担当をしていました。
中国以外のアジア地区が担当で(中国は多過ぎるので、専任が居る)
もぐら叩き式に、かたっぱしから、訴えていくというお仕事です。
フランス系レバノン人のダンナがアメリカでは弁護士職が見つからず、フランスに移住しました。
[ 2013/10/31 06:04 ] [ 編集 ]

こんばんは

ocelot様

こんばんは、ocelotさんは知識のジャンルが相当広いですね。
そうなんですよ、類似で紛らわしいから却下でした。

>壁に、ずら~っと貼っていって、似てるものを、叩き落とすんだ~とか聞きました。
そこまでするとは知りませんでした。
[ 2013/10/31 18:55 ] [ 編集 ]

仙人さん、ocelotさん、おはようございます。
最近『昆虫食女子』の話題が上がっていたので記事にしようと思っていたタイミングに、仙人さんのこの記事やocelotさんのコメント内のナメクジ情報が面白かったので、記事リンクさせていただきました。(^ ^)/
[ 2013/11/01 04:02 ] [ 編集 ]

こんばんは

Reveille様

死んでも昆虫は食べない?そんなことありませんよ。
死にそうになれば食べられますよ。

この話題はブログには書かないつもりでしたが
食料の補給路を断たれた激戦地ビルマで戦われたお爺さんから以前聞いた話があります。
死んだ仲間の遺体カタツムリが食べ、そのカタツムリは自分達の
食料だったそうです。もちろん戦場ですから生食だったそうです。

[ 2013/11/02 00:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sennin2008.blog61.fc2.com/tb.php/792-6fd71002






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。