スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

苦節10年

「雪桃」の苗木を植えつけて10年以上、やっと収穫できました。

と、いいましても栽培に成功したのは私ではありません。

当時、一緒に雪桃の苗木を植えた相棒君です。


雪桃とはどんな桃なのか?

20年以上前の本ですが「農業および園芸」に記載されていますので ちょっと紹介します。


中国北部における桃の成熟期は大体7~8月である。たとえ晩熟品種でも成熟期はせいぜい
9月上中旬を越えない。
しかし河北省の太行山脈北部地方に成熟期が極めて晩生で、寒い冬になってから果実を
取り入れる「雪桃」という桃がある。
雪桃の果形は楕円形で果頂部が突起し、縫合線は深い。
果実の大きさは極大で平均果重300~400g、最大果重は600gに達する。
果皮の色は黄白色で、ごく少数の黄白の地に鮮紅色が入る。
皮はむきやすくない。果肉は乳白色で肉質はち密、また歯切れがよい。
果汁はやや少ないが糖度高く平均糖度18%、最高糖度24%。
河北省易県における成熟期は11月上中旬である。
果肉硬度が高いため貯蔵性と輸送性にすぐれ、産地の農家はポリ袋とあなぐらの利用により
元旦と来年の春節まで貯蔵期間を延長することができる。
品質が優れしかも冬季に出回ることができるので経済価値が非常に高く、その売値は
普通の桃の5~30倍である。

中略

長い間、雪桃は重視されておらず発展もしていなかった。
1979年に河北省石家庄果樹研究所が雪桃を調査したとき、全河北省に雪桃は
15株しか残っていなかった。
1980年に河北省政府は雪桃の導入をはかり相当の栽培面積に発展させた。
しかし、自然災害および在来の栽培技術では雪桃の発育および生物学的特性に
適応できなかったので、ここ幾年来 雪桃の発展計画はたびたび頓挫した。




その雪桃を今日いただきました。

でかい!

1果 460グラムありました



s-P1020717.jpg



本当に雪桃なのか?特性をチェックしてみましょう。


成熟期は11月上中旬   OK ピッタリです。

平均果重は300~400g    OK 460gでした。

果形は楕円形で果頂部が突起し、縫合線は深い  OKそんな感じの果形です。

果皮の色は黄白色で、ごく少数の黄白の地に鮮紅色が入る  桃の裏はこんな感じです。

鮮紅色、なんとか入ってます


s-P1020718.jpg



残るは食味ですが、さて18%以上の糖度なのか・・・

今日、食べるべきか?追熟すべきか?

迷いましたが・・・・ここはじっと我慢で追熟させます。




 
スポンサーサイト
[ 2013/11/12 17:28 ] その他果樹 | TB(0) | CM(16)

これは

毎年落果して収穫できないと、ぼやいていた、いや嘆いていた、あの河北雪桃ですか。
[ 2013/11/13 13:57 ] [ 編集 ]

Re: これは

わたなべ様

そうです、河北雪桃です、でも正式な名称は「雪桃」だと思います。
今までは200g程度に肥大した時に落果してました。
この桃も同じで、桃って収穫直前に肥大するんですね。
デカイですよ。
[ 2013/11/13 22:27 ] [ 編集 ]

素晴らしいです

学生時代に雪桃の記事を読んだことありますが、何度も日本への導入を試みたものの、京大の栽培技術でも農園で数回しか実った事がないと書いていた記憶があります。

仙人さんと幻の桃って、中国の神話みたいな組み合わせですね♪
[ 2013/11/13 23:19 ] [ 編集 ]

珍しい果物

珍しい果物、こういう話題は萌えます(笑)
素晴らしいですね
中も見ててみたいです。味、すごく楽しみですね
[ 2013/11/13 23:35 ] [ 編集 ]

この時期の桃は非常に難しいです。
以前11月収穫の桃にトライしたことがありますが結局断念しました。
気温が下がると熟しにくくなります。
糖度も乗りにくくなります。
雪桃は素晴らしい収穫ですね。
[ 2013/11/14 12:46 ] [ 編集 ]

追熟後が楽しみです

良くここまで粘りましたね。
外見はゴツゴツした感じで類似の桃はないですね。

大変珍しい桃で勉強になりました。
[ 2013/11/14 16:43 ] [ 編集 ]

桃とは思えないような見た目ですね。
どんな味がするのか気になります。

イチジクだけでなく、いつかは桃を育ててみたいものです。
晩生種は甘い品種が多く魅力的なのですが、難易度が跳ね上がると聞きました。
11月に収穫する桃なんて、雲の上の存在です。
それにしても、桃栗三年と言われるところ、10年以上かかるとは…。
[ 2013/11/14 17:50 ] [ 編集 ]

Re: 素晴らしいです

はじめまして、イチジクは飲み物さま

イチジクは飲み物ですか・・・
飲むヨーグルトを思い出しましたが、もしかして美味しいかも。

へぇ~、京大って雪桃の栽培までやってるんですか。ちょっと意外でした。

仙人は仙人でも私はアンパンマンに登場するバイキン仙人でございますよ。

[ 2013/11/14 22:19 ] [ 編集 ]

Re: 珍しい果物

Laura様

確かに、私も珍しい果物を見ると食べたくなりますし
販売していない果物なら自分で作るか・・・なんて思ってしまいます。
熱帯果樹には珍しい果物が沢山あるのですが、設備費と管理が大変そうで
手が出ないですがね。
[ 2013/11/14 22:23 ] [ 編集 ]

こんばんは

日本一の果実さま

いやぁ~、桃の先輩に見られてしまいましたか。
この時期まで葉を落葉させないことが難しいですよね。
桃を作った彼はハウスじゃなく路地栽培なんです。
どうやって落葉を抑えたんでしょうね。
[ 2013/11/14 22:28 ] [ 編集 ]

Re: 追熟後が楽しみです

しお様

この時期 大山は初雪が降り、平野でもアラレが降る頃です。
桃のイメージは真夏って感じですから、ちょっと晩生すぎますよね。
当地では林檎でさえ終盤なんですよ。
[ 2013/11/14 22:35 ] [ 編集 ]

こんばんは

watarun様

栗三年桃十年ですかe-351素人ですから仕方ありませぬ。

いつかは桃、育ててください。
イチジクと違い花も綺麗ですから春と夏 2回楽しめます。
ただ、桃に限らず、桜桃や林檎や梨などのサクラ属は奥が深いですから
楽しんでるうちに あっという間に歳をとります。
[ 2013/11/14 22:47 ] [ 編集 ]

驚きサイズの桃ですね

生まれて初めて聞く名前の桃です。460グラムってピンと来なかったのですが、普通サイズの桃の1.5倍くらいなのでしょうか。私が今作っているお手玉が1個40グラムだからお手玉11.5個分の重さです・・。凄い重さですね。食味レポートを楽しみにしております。^ ^
この桃はこんなに遅く収獲できるなんて、原種に近い品種なのですか?
普通の桃よりも開花時期が遅い品種の様なイメージがありますけれど何月に花が咲くのですか?
受粉木で開花時期の合うものがあるのですか?また、自家受粉する桃なのですか?
毎年10月に落果していた果実が今年はとどまることができた勝因ってズバリ何でしょう?(*^ ^*)
もしかして一昨年くらいにばっさりと若返りの剪定されたのですか???
変な質問ばかりですみません・・。m(_ _)m
[ 2013/11/15 02:38 ] [ 編集 ]

もう一度食べたい雪桃

親木は枯れて、2代目でやっと食べれました。
柿のような食感の桃でした。
弱い木なので、予備に清水白を中間台にして3代目を育成中です。
[ 2013/11/15 05:52 ] [ 編集 ]

Re: 驚きサイズの桃ですね

Reveille様

どうなんでしょうね?原種に近いとは思っていませんが私には分からないですよ。
この品種は花粉を持っていると思います。
開花時期は普通の桃と同じですね。
どうして今年は落果せず収穫できたのは分かりませんが、幹を見た限りでは剪定じゃないと思います。


[ 2013/11/15 22:31 ] [ 編集 ]

Re: もう一度食べたい雪桃

はじめまして妙弘様

雪桃、栽培されてるんですね。そして収穫されたんですね。
凄いです。私は未だに収穫できません。

柿のような食感、じつは今日食べてみたのですが、確かに柿のように
硬い桃ですね。
しっかり噛まないと喉に詰まりそうでした。
糖度は23.8でしたが、そんなに甘く感じませんでした。
[ 2013/11/15 22:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sennin2008.blog61.fc2.com/tb.php/794-58bd9f8a






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。